モロッコバブーシュの臭い取り、対策。

公開日: : 最終更新日:2016/09/07 ファッション

babushe

先日、ようやくルームシューズを購入しました。※写真はイメージです。

今までどうしてたかって?
来客用スリッパを借りていました…長々とすみません…。

以前も使っていたのと似たバブーシュが欲しくてずっと探していたのですが、なかなかいいものが見つからず購入がノビノビになっていたというのがささやかな言い訳。

「とりあえず100均のスリッパ買っとくか~」的な買い物は今後一切しない、と決めているもので。すみません…。

モロッコバブーシュとは?

By: saotin

今回私が購入したこの「モロッコバブーシュ」とは何ぞや??

バブーシュ(Babouche)はモロッコの伝統的な履物。ヤギ・ヒツジ・ウシ・ラクダの革や布を素材に用いて手作業で成型・縫合したもの。バブーシュの名は“ペルシャ語の「足を覆うもの」”[1]を由来とし、形状は靴に似るが踵部を踏んで履く履物である。屋外・室内で使用する。男性用・女性用があり、鮮かな染色や刺繍・装飾が施されたものもある。(wikipedia)

到着してさっそく開封、久しぶりのふかふか感触に癒される~、もつかの間…

臭い。ものすごーく、臭い。うへぇ。

前はACTUSで購入したのですが、こんなに臭かった記憶がありません。
今回はモロッコ雑貨の店から通販で買ったので、ACTUSのはもしかしたらモロッコ製じゃなかったのかな?なんてあれこれネットで調べてみたらACTUSで買った人もやっぱり臭い、と言ってました。
多分、前回買ったのが昔のこと過ぎて臭かった頃の記憶が薄れていたのでしょう。

モロッコバブーシュは物凄く獣臭い

う~ん…部屋に置いておけない、という程ではないのですが、臭い。獣の臭いがする。

手っ取り早いのはファブリーズなどの消臭剤を使うことなのでしょうが、消臭剤の類は現在一切使っていません。

参考 気になる部屋の匂いを消す方法。

よってとりあえず屋上で天日干ししてみました。うまくいけばすぐ臭いは取れるようなのですが…どうでしょう。ボロボロになるまで履き倒して処分した先代バブーシュが臭かった記憶が全くないので、いずれにしても時間がたてばマシになるのは確実なのでですが。

モノを増やさない私の数少ない買い物。
久しぶりにお気に入りアイテムが加わって嬉しいです。くさいけど。

※ バブーシュの臭いについて追記しました。
参考 バブーシュ購入1週間後
参考 バブーシュ購入1ヵ月後

※ 臭くないバブーシュを購入しました。
参考 できれば捨てずに暮らしたい、臭わないバブーシュ。

 




関連記事

酷く暑い夏、何を着る?

さほど汗をかかない体質。だったのは、もう遠い昔のことのようです。 近頃は自宅から駅ま

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

記事を読む

似合う色と好きな色、橙色のカーディガン、赤パンツ。

寒いじゃないか。 ということで、もちろん長袖。ちょい厚手のグレーのTシャツにワイドデニ

記事を読む

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活が再びやってまいりました。

記事を読む

おしゃれコンプレックスの正体。

By: ParisSharing[/caption] 自分のファッションセンスがずっとコンプ

記事を読む

股下80cm以上の人を探しています。

By: Nick Page[/caption] 先日某コーヒーショップで打ち合わせを終えて

記事を読む

40代のメガネは、中途半端でちょうどいい。

100年ぶりにメガネを新調しました。 遠距離中距離近距離。何を取るかで判断が変わって

記事を読む

気になる部屋の匂いを消す方法。

By: Diego Torres Silvestre[/caption] 今の季節は在宅時に

記事を読む

重視すべきは大きさよりも重さ。

長い間温存していた旅行用鞄、ようやく日の目を見る機会がやってまいりました。 関連 軽く

記事を読む

おしゃれに興味がなくなってきた疑惑。

相変わらずあんまり服を買わない生活が続いております。 関連 持たない日々を後悔する春本

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑