話し方教室に行きたい。

公開日: : 最終更新日:2019/02/28 やりたいことほしいもの

oyakoryugaku5

話し方教室。

その名称はなぜだか慣れ親しんだもののように思えるのだけれど、自ら門戸を叩いたこともなければ、叩いた人の話を聞いたこともない。

なぜかしら。「話し下手」というコンプレックスから脱却すべく、誰にも言わずこっそり通うものだからなのかしら。実はみんな結構行ってるのかしら。

話し方教室に、行ってみたいと思いました。

話し方教室に行きたい

東京タワーノッポン

話し方教室という字面になぜ既視感があるのかと考えてみれば、それは雑誌でした。

雑誌の裏表紙、いわゆる表4に、フラワーアレンジメントとかボールペン字とか、あらゆる講座をずらりと並べたカルチャースクール?通信講座?の広告がよく載っていて、その中に話し方教室も必ずあったのですよ。

しかし私が広告で見たのは、もうウン十年も昔の話。2010年代も終わりに近づいた今、果たして話し方教室なるものはまだ存在しているのだろうかと気になり調べてみれば、ある。全然あるんですね、話し方教室。

内容はあがり症の克服やスピーチレッスン、ビジネス向けコミュニケーションなどバラエティ豊か。それだけ話すことに苦手意識を持っている人は多いのでしょうね。そしてわざわざ検索して調べてしまう私ももちろん、苦手意識を持っております。

街で偶然知人をみかけても99%声をかけない。

話す、聞く、書く、読む。国語力やコミュニケーション力に必要なこれらのスキル。書けるし話せる、そして読解力に優れおまけに聞き上手と、全てがバランスよく配合されているケースはかなり稀な気がするけれど、そういう人が俗に言う「優秀な人」なのでしょう。私の周りにも、いなくはない。

そういや読書家で話し上手、話中の語彙も素晴らしく多いのに、全く文章が書けない元同僚がいたっけ。彼の場合は文章を書く機会が極端に少ないゆえに書けないだけであり、慣れればおそらく人並み以上に書けるのだろうなと感じていました。そう感じさせるだけの会話力があった。

ということは「話す」もトレーニングを積めば改善する技術なのかしら。話し方教室ってつまりはそういうことなのかしら。

いや、違う。私が欲している「話す力」とは、話し方教室で教えてくれるらしいあがり症の克服やスピーチレッスン、ビジネス向けコミュニケーションよりかなり手前にある「質問力」なんだってば。

では、その質問力なるものを上げるには?と考えると、結局はインプットに辿り着く…って、年始に高らかに宣言しておいて、この2ヶ月進歩なしとはこれいかに。

積み重ね、積み減らす。2019年やることリスト。

こうして憧れの話し方教室への道は、また遠のくのであった。

 




関連記事

MacBook Air M2

MacBook Air M2を購入、7年ぶりのPC新調。

日々の仕事で酷使しまくるラップトップを新調しました。金額的にも、重量的にも、これが2022

記事を読む

活用していなかったものを使う時がきた、か。

By: Charleston's TheDigitel[/caption] そんな簡単に超過

記事を読む

2年ぶりの「やりたいことリスト」’22。

毎年、新年の抱負として「やりたいことリスト」をしたためています。やりたいことをリスト化して

記事を読む

数字が示す真実と、理解しない適当さ。

体感としてなんとなく予想はついていても、実際の数値を示されると俄然現実味が帯びてくる。

記事を読む

激しい朝活、AM6:00が限界説。

いきなりやってきた酷暑に体内時計が反乱を起こしたのかなんなのか、起床時間がどんどん前のめりに

記事を読む

やりたいことリスト’23「存分に味わう」

もう3月も半ばに入ろうかという今の時期にやることでもありませんが、毎年恒例のリスト作成を実

記事を読む

エアコンが辛い、使いたくない。

By: Erin O'Connor[/caption] そういえば、この冬はまだ手袋を使って

記事を読む

サングラス

大人のサングラス事情 この夏の装いを考える。

東京に突然夏が来たので、うれしいやら戸惑うやら。 週間天気予報をチェックしてみると、明

記事を読む

乗り換え使い捨てが当然の切なさと束縛される恐ろしさ。

By: Steve Snodgrass[/caption] 契約更新時期がやってまいりました

記事を読む

持たない暮らし。それでもこの秋欲しいもの。

By: Klearchos Kapoutsis[/caption] モノを持たない生活をしている

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

正月早々、老親におねだりをする50娘。

伝家の宝刀、寝正月をキメています。暮れに帰省して、簡単に近況

→もっと見る

PAGE TOP ↑