服が少なくても同じものばかり着る

公開日: : ミニマルライフ

スヌードコーデ

短い秋の時期しか着られないものを、どうにか活用してやろう。と、毎年虎視眈々とタイミングを伺っています。

というか、お見送りになる前に、普通に着たい。

例えば、七分袖のツイードジャケット。例えば、見た目ほどには暖かなくないローゲージニットのロングストールやスヌード。

今年は暖かさの揺り戻しがあるせいか運良く抜群の頃合いに着用することができて満足しています。しかし、それらを活用するためにも、なぜか同じものばかり着ている不思議よ。

服が少なくても同じものばかり着る

今季新たに投入したのは、デニムジャケットです。

「新たに」といいつつ、古着なので厳密に言えば新しくはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

こちら存外気に入っており、狙い通りのヘビーローテーションアイテムとなりました。

さて、このデニムのインナーには何を選びましょうか?となると、Vネック。

まだ真冬の装いには早いけれど、こちとら激しい朝活女。朝6時台の寒さをしのぐにはそれなりのアウターと巻物などが必要となれば、日中は軽めになるトップスがちょうどいいよね、とVネック。

なんだかんだで、数年前に購入したVネックTシャツばかりを着ている気がするのです。

残念ながら実は首が短かかったのだと気づいてから、タートルネックを避け、襟付きシャツも手放し、その分頼りにしているVネック。

少ない服 七分袖からの脱却と、チームV加入。

誤差の範囲ではありますが、多少の首長補正が効き、なによりサイズ感がちょうどよく使いやすいので、使用頻度はぶっちぎりの第一位であります。

そもそも持っている服が少ないんだから、もう少しバランスよく着回せばいいんじゃなかろうかと、我ながら思う。

もしくは、それほど使い勝手のいいTシャツならば色違いやデザイン違いで2~3枚揃えればいろいろ捗るのではなかろうか、とも考えたり、Vばかりじゃ芸がないので、同ラインのボートネックにしてみるとかさ。

しかしこれもなかなか難しい。経験上、同製品の色違いやデザイン違いを揃えて、同じように使いまわせた記憶がないのです。同じアイテムといえど個体差があるのか、お気に入りの1枚とは微妙にサイズが異なったり、素材感が違ったり。

今時のファストファッションブランドならば、そんな心配はないのかしら?ビタッと同じものが見つかるのかしら?

とにかく頼りっぱなしの黒Tシャツ、さすがにそろそろ色が褪せてきました。多少黒が褪せてグレーがかろうと、穴が開いたり生地が薄くなったりしない限りはきっと着続けてしまう、それが物持ちよすぎ人間クオリティ。

こんな調子だから今年の冬も、あんまり服を買わないのではという予感がしています。これは、アレですかね。もうそろそろ「毎日同じ服でもいいか」という悟りの境地に近づいてきたサインですかね。

自分はそれなりにファッションに興味があって、毎日色々なタイプの服を着回すのが好きなタイプだと思ってたけども。

ミニマリストの持たない暮らし




関連記事

ミニマリストの器えらび。

By: Naoharu[/caption] 今日ふと通りかかったお店で珍しくウィンドーショッ

記事を読む

無印は買うな、の本当のところ。

By: Timothy Vollmer[/caption] 若かりし頃勤めていた会社での出来

記事を読む

携帯電話を持たない人、電話で会話したい人。

相変わらず電話が苦手なので、通話頻度は減少の一途を辿っています。 携帯電話を持たない平

記事を読む

家を持たない旅暮らし。

8月ももう後半。 そして2016年も絶賛後半戦といったところですが、今年は現時点で既に

記事を読む

持たない、買わない、小さな暮らし。いったいどれだけ貯めてるの?

By: Pictures of Money[/caption] 服は全然買わないし、毎日モサモサ

記事を読む

トランクルームに全財産預けて引越し。賢いトランクルームの活用法。

最近、街を歩いているとトランクルームやレンタル倉庫の看板を以前よりも頻繁に見かけるようになっ

記事を読む

シンプルライフの成れの果て。

普段は朝と夜の1日2食体制を基本としていますが、誰かと一緒にとか、打ち合わせを兼ねて、なんて

記事を読む

旅の準備は嫌いだけど片付けは嫌いじゃない。

台湾一周駅弁の旅、レポート途中ではありますが本体は無事帰国いたしました。 旅に出る毎に思う

記事を読む

ホーム画面の謎。

By: raneko[/caption] ずっと不思議に思っていることがあります。 そ

記事を読む

捨てられない無精者あるあると昔の依存。

昨年引っ越した後、久しぶりに収納ができたというのになかなか荷物が落ち着かずにわちゃわちゃやっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

便利に慣れきった現代人の懐かしい痛み。

あ?ああ...あ"あ"あ"ー! と、漫画のような叫び声

スパゲティグラタン
デタラメさの愛おしさ。

ほとんどが和食の献立で固定化している今日この頃ですが、寒くな

絶対に一緒に仕事をしたくないタイプ。

久々にパンチの効いた出会いがありました。 と言っても色

ねぎ入り卵焼き献立
いくつになっても失敗はする。

カメラの不調で一時中断していた晩酌記録を再開してから、早1年

→もっと見る

PAGE TOP ↑