80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

公開日: : ミニマルライフ

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっきりとした部屋で暮らしている我が両親。

今回の帰省でも元気です、元気でした。

ミニマリスト主婦の師走

いくら元気でも、2人ともすでに80代。ほんの数年前と比べても、足元はおぼつかなくなっているし、食も細くなっている。超潔癖の父をもってしても掃除がやや甘くなってきているように感じるのはおそらく、視力の低下によるものでしょう。

うんうん、80年も生きていればそんな変化もあるさ。大丈夫、どんとこい。ってな気分の娘(私)ではありますが、今回はちょっと心配な出来事があったのでした。

一人暮らしの叔母と連絡が取れない

心配の種は両親ではなく、父の妹。つまり、私の叔母にあたる人です。

親戚付き合いが恐ろしく薄い一族なもので、私なんてここ30年くらい叔母と会っていません。やや遠方で暮らしていることもあり、父もそう頻繁に会えてはいないけれど、定期的に電話で話しているようでした。

この叔母が一昨年に大きな病気をして入院。その後は一人暮らしの妹を心配しているであろう私の父を安心させるためなのか、毎月電話がかかってきていました。

しかし、その定期連絡が去年の夏を最後になくなり、こちらから電話をかけてもまったく繋がらなくなってしまったというのです。

えええ、夏から?もう暮れですけど、気になりながらそのままにしてるの?

びっくりした私は電話以外に連絡を取る方法はないのか、例えば近くに住んでいる別の親戚に当たるとか、娘(つまり、私の従姉妹)に連絡するとかすればいいのでは、と父に提案しました。が、もしも何かあったら誰かから連絡がくるだろうし、普段めったに連絡しない親戚に電話すると余計心配かけそうだし、娘の連絡先は知らないし、となんとなく煮え切らない返答。

確かに、気持ちはわからなくはない。普段から密に連絡を取り合う間柄ならともかく、それこそ親戚内に不幸があった時くらいしか連絡しない状況が続いていたら、頼るのはなんとなく気がひけるもの。

40代、親戚づきあいについて改めて考えた。

そりゃまあそうだけど、今年の心配事は今年のうちに解決して、すっきり新年を迎えようぞ。年内にもう1度連絡してみようよ。そう説得して私が叔母の携帯に連絡してみたのでした。

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

結果、電話は繋がりました。慌てて父に代わると第一声から

「なんやお前、死んだかと思たぞ!」

と、未だ病気療養中の人に対して絶対言うべきではないセリフをかましたので、ああ兄妹なんだなあと思った次第。さほど頻繁に話していなくても、こんな声かけができるくらいには近い存在なのですね。普段は聞き慣れない一人称の「俺」を父が使っていたことでもそう感じたのでした。

どうやら叔母は体調はもとより、ここ数ヶ月は精神的に参っていたらしく、父と話す元気がなかったとのこと。娘は近くで家族と暮らしているけれど、迷惑かけたくないからそう頼れないし、ひとり部屋でじっとしているとよくないことばかり考えてしまうのだ、と。

「お前があれこれ考えたところで何も変わらんのやから、考えるだけ無駄やで」

そんな身も蓋もないアドバイスをする父をみて、ああ親子だなあと思った次第。私のお気楽さは、確実に血ですな。

老後の暮らし、それのどこがそんなに不安なんですか。

電話口の叔母はたまたまタイミングがよかったのか案外多弁な様子で、もしかしたら人と話したほうが気が紛れていいのかもしれません。

なにはともあれホッと一安心したところで

「気持ちわかるわあ。よくないことが起こると、それに引っ張られるというか、どんどん不幸な自分に酔っていっちゃうようなところがあるのよ」

とつぶやいた母。自分も以前はそうだったもの、と。あら、そうなんですね。自覚あったんですね。

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

「それが今こーんなに幸せになれるなんてね!これもあんたが気楽な考え方を教えてくれたおかげよ〜」

そう言われて、あらやだ私、そんな説教クサイ話をしたかしら?と思う。というか、私だけじゃなくてあなたの旦那も見る限りは相当お気楽者ですけど。まあ両方私の親なんですけど。

とまあ、ちょっとハラハラした出来事があったものの、今年も無事に家族揃って新年を迎えられた我が家なのでした。ありがたや。

ものを持たずに身軽に生きる






関連記事

買わなきゃよかった、捨てなきゃよかった、の後悔。

By: Eliazar Parra Cardenas[/caption] このブログを書き始

記事を読む

買わない日々を経て、おっかなびっくり前進中。

By: momo[/caption] 7月は何かと物入りでした。 何事もいつまでもぐず

記事を読む

持たずに借りずに気軽に楽しむ、を試してみる。

By: Roberto Venturini[/caption] 睡眠改善の一環として、しばらく映

記事を読む

40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕事をしていて、あれ、こりゃ結構

記事を読む

最低限の化粧、旅に持っていくメイク用品。

By: francois karm[/caption] 旅の荷物を少なくするには服と化粧品類

記事を読む

モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮らしの定点観測のすすめ。

記事を読む

靴下が片方ない(怒)

By: Eden, Janine and Jim[/caption] 子供って生意気ですよね

記事を読む

持っていることを忘れていたもので助かる。

足が妙にしんどいな。珍しくそんな風に感じるここ数日。 しんどいという表現はえらく抽象的

記事を読む

冬のボーナス、自分へのご褒美。ランキングって意味あるの?

年末商戦。 この時期になるとやたらと「自分へのご褒美に」というコピーがあちこちで躍るように

記事を読む

今日捨てたもの 6/6 使い切りたいモノを招き入れる。

By: Jenny Ondioline[/caption] 最近改めて気になり始めたボロボロ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑