40代、親戚づきあいについて改めて考えた。

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 生き方と考え方

blueskywithplane

少々辛気臭い記事になりますが。

先日友人と話していて気がつきました。

「私たち、会うたびこんなことばっかり話題にしてるよね」

「こんなこと」とは「70くらいになったらさ~」なんていう老後について。
もちろん、会話の全てが老後に関するものではありませんが、お互い独身で子供もいないという似た立場だからか、ついつい話題にしてしまいます。



 

40代シングルの将来設計

とはいえ、その中身は結構お気楽なもの。
彼女は立派な退職金が出ることで有名な大手企業に長年勤めており、このまま定年まで勤める覚悟があるそう。さらに、結構な田舎ではあるものの立派な実家があり、老後の住まいの心配はありません。
が、その「保険」の安心感からか、現在は貯金があまりできていないのが悩みなのだとか。

私はといえば、こんな生活なのでお金はさほどかからないし、貯めることも結構得意ではあるものの、吹けば飛ぶよなフリーランス。戻れる実家もなく、将来性や安定とは程遠い生活。

「それだけ収入があったら1,000万くらいすぐ貯まると思うけど、まあ退職金があるんだから、今からそんなに切り詰めなくてもいいんじゃない?」

「自分のことは自分でできる、が前提だけどさ、お互い健康だったら私の地元で暮らせばいいじゃん。一部屋くらい貸してあげるよ~」

なんてぼんやりした話をしています。

もちろん、仕事やその他の話もしますが、どうしても将来の話題になってしまうのはこの年代ならではといったところでしょうか。30代にとっての老後はまださほど現実味がありませんでしたが、自分の親世代の健康が危うくなってきた今、とたんにリアリティが出てきたような気がします。

 

甥っ子や姪っ子という存在

kids

この時の会話で考えさせられたのが親戚の存在です。

「将来兄弟が亡くなって私が残ったら、甥や姪の世話になることになっちゃう。そうならないようにしたいけど、もしものことを考えると今のうちにあの子たちにできることをしてあげたいの。必要なら学費とかも出してあげたいし」

甥や姪のいない私にはこの発想はありませんでしたが、確かにそうですよね。
別に「将来世話になりたいから今のうちに恩を売っておこう」というのではなく、万が一世話になるようなことがあれば申し訳ないから、できるうちにできることを、と考えるのはひとつの愛情だなあと感じました。

 

従兄弟の死で考えたこと

beach

先日、従兄弟が亡くなりました。
本人の意思で親戚はもちろん、叔父や叔母(亡くなった従兄弟の両親)にすら、病を患っていることは明かされておらず、危篤状態になってから初めて知らされたとのこと。
亡くなった従兄弟の子供たちが成人していたことが救いだ、と叔母は言っていましたが、それでもまだ50代。早すぎる死にショックを覚えました。

私の実家は親戚づきあいが殆どなく、この従兄弟とも実は幼少の頃に数回しか会ったことがありません。他の親戚も似たようなもので、どこに誰がいるのかとか連絡先やそれぞれの近況など、親は一応把握しているようですが、私はあまり知りません。
別に仲が悪いとか、揉め事があったというわけではありませんが、単にべったり付き合わない家系なのでしょう。今回の訃報も「後日談」として入ってきただけでした。

家族から又聞きの情報で、遠くない場所に住んでいるにも関わらず葬式にすら行けなかったことを考えると、さすがにここまで希薄な付き合いでいいのかと考えてしまいました。

が、そこで先日の友人の話を思い出したのです。

少々ドライすぎるにしても特に問題を抱えているわけではないので、この親戚づきあいは我が家系のスタイルとも言えます。恐らく、私の両親が亡くなった時点でこの関係はさらに薄まるでしょう。なのに、今から急に付き合いを密にしたりすれば、将来、従兄弟の子らは私に何かあった場合無視できなくなるかもしれません。

これまで私は何もしてこなかったのに、自分だけ世話になるのは正直辛い。

そう考えると、これまでのスタイルをそのまま継承していくほうがいいのではないか、と思い直しました。

まあ考えすぎと言えばそうなのですが、家族のあり方はこうでなければいけない、なんていう正解がないので、余計に難しいですね。

まだまだ先のことで、その前にやりたいことは山ほどありますが、現在の理想としては極力誰かに寄りかかることなく、そして世話にならざるを得ない場合は相当の対価をきちんと支払えるよう、自立した状態で人生を終えたいと考えています。




関連記事

140802lg

方向性の違いによる別れ、最後まで思い続ける尊さについて。

平日の昼下がり。待ち合わせた銀座のカフェに現れるなり 「安室ちゃん行ってきたー、最後に

記事を読む

By: Peter Lindberg

お花見ファッション、温度差考慮と負荷の重要性。

By: Peter Lindberg[/caption] 先日は今年初めてのお花見に。 こ

記事を読む

setagaya_38

放置するか、克服するか、それとも。

最近なぜか就職、転職に関する相談を受けることが増えました。 わたくし、その昔採用業務に

記事を読む

By: Lauren McKinnon

自由きままに生きることの不自由さ。

By: Lauren McKinnon[/caption] 自由とは、辞書によれば 「

記事を読む

moalboal-4-3

フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目の前にぬっと差し出したのは、淡

記事を読む

nakano21

胃が痛い悩みは放置する。

ここ数ヶ月、頭が痛くなるというか、胃が痛くなるというか、とにかく厄介な問題を抱えておりました

記事を読む

note

残り3/4に思いを馳せる。

お、これはちょっと面白そうだからいつか書こう。今日じゃないけど、そのうち書く。そう思いつつ関

記事を読む

moalboal_2016_34

誰だって、いつでもいちばん欲しいもの。

今回のセブ島滞在では多くのセブっ子と話す機会があったので、ネタになるかなという軽い気持ちで会

記事を読む

By: art_inthecity

平凡な毎日を楽しむことと、変えない怠慢は別のもの。

By: sushi♥ina[/caption] 他愛もない日常を暫く綴り続けていると、ふと自

記事を読む

money

おひとりさまの老後資金。自分年金作りは40代からでも遅くない?

これまで自分の中で漠然としていたマネープランについて、最近少し具体的に考えるようになりました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1905kakegawa_51
都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜

目玉焼き丼献立
休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをの

suginami_67
愚痴を聞くために呼び出される。

愚痴を聞いて下さい。 あまりにもあからさまなその要望に、

むね肉のにらだれ
むね肉のにらだれ、キャベツと卵のニョクマム和え献立。

鶏むね肉をいつものように蒸し鶏にして食べるつもりで帰宅。

1905kakegawa_29
天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・静岡県

静岡県で天竜浜名湖線に乗ってきました。 静岡といえば、昨年の

→もっと見る

PAGE TOP ↑