十味敗毒湯で「美鼻」を目指す。

公開日: : 最終更新日:2022/04/24 健康と美容

週1〜2は休肝日を取りつつ、日常的に晩酌を楽しむ。そんなスタイルを長年続けています。

しかし、この4月からは飲酒習慣を大きく変更。週末の2〜3日のみ飲酒、残りは飲まないスタイルに切り替えました。

酒は好きだがたくさんは飲めない体質だし、時には気まぐれに1週間酒断ちすることもある。だからそう大量に飲んでるわけでもないので、そろそろ酒を控えなくては、という意識は希薄です。

かように飲酒に対しておおらかな私が、この度大幅な方向転換にいたった理由は「酒さ」です。

酒さの症状を改善したい

酒さ(しゅさ)とは顔にできる慢性皮膚炎で、中高年に多い症状のようです。

鼻を中心に広がる赤み、そして大量のニキビ。最近になって突然発症したわけではなく、以前から気にはなっていました。

鼻ニキビの憂鬱、赤鼻の恐怖。

今過去記事見直して気づいたけど、最初に発症したのってもう4年も前だったのか!ここ1〜2年の話だと勘違いした自分に正座での反省を命じたい。時間感覚バグりすぎ。

さてこの時は「白ワインが原因かも」とのたまい、その後赤ワインに移行しています。しかし、白かろうが赤かろうが、ワインは酒さを悪化させる酒らしい。

白ワインは肌に悪いのかもしれない。

そりゃ週に1回1杯程度とかなら問題ないのでしょうが、私みたいにがぶ飲みしちゃうのは論外でしょう。

ワイン、大好きなんですよ…。ほら、最近は手頃な価格で毎日楽しめるワインが増えたじゃないですか。夜のリラックスタイムに、素焼きナッツとチーズをお供にぐびぐびいくのがものすごく好きなんですよ。

素焼きナッツ歴8年おばさんがハマったナッツ。

止める止める詐欺を働きつつ、ずるずると欲望に身を任せた結果、出ては消え、消えては出るを繰り返す鼻ニキビ&赤鼻状態がもはや常態化。長引くマスク生活のおかげで、幸か不幸か鼻を隠せちゃうものだから、ついつい放置していたのです。

いい加減にしないと、エラいことになりますね。と一大決心して、この度の決断に至りました。

十味敗毒湯を飲み始める

十味敗毒湯

飲酒習慣の変更とともに、「十味敗毒湯」というイカつい名称の漢方を飲み始めました。

酒さはアトピー同様、原因や治療法が未だ確立されていない疾患らしいのですが、酒さ治療に漢方を処方している皮膚科が結構多いのですよ。

「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」は、蕁麻疹(じんましん)や湿疹が出た方、膿をもつような皮膚疾患ができたばかりの方などにおすすめの医薬品です。

漢方セラピー

飲酒習慣の変更と漢方投入から2週間。鼻ニキビはすっかり消え、あとは鼻の赤みを残すのみとなりました。漢方は長く飲み続けないと効果でないものだと思うので、やっぱり酒、酒なんだよなあ。しくしく。

寂しいっちゃあ寂しいが、皮膚に負担をかけてまで飲むものでもなし。しばらくはこのスタイルを継続したいと思います。

そういえば漢方に手を出すのは、初めて?かも。図らずともこれが4月の「新しいこと」となってしまいました。

我が人生における最大の楽しみである飲酒にメスを入れるとは、まさに断腸の思いであります。この大幅な生活改善により、いよいよ赤鼻と決別できるのか?乞うご期待!

大人一人暮らしのヒント




関連記事

歳をとると顔が伸びる。

顔って伸びますよね。 決して面長ではなかった私が、顔の伸びを初めて感じたのは30代半ば

記事を読む

マスクをつけない人たち。

クライアントのオフィスに出向いた朝。広いフロアを見渡して、誰もマスクを着用していないことに

記事を読む

白髪用カラートリートメントジプシー卒業、もうロングにはできない。

約5年に渡ってねちねちと書き続けてきた白髪ケア記録。今回でひとまず 「カラートリートメ

記事を読む

私の気が滅入るのは、全部あいつのせいなんだ。

元来生気満ち溢れるタイプの人間ではないのですが、そこそこ機嫌よくは暮らしています。 な

記事を読む

本気の冷え性改善記録 18日目 外側からの防寒を施す。

つま先が氷のように冷たくなってしまいなかなか寝付けないほどの末端冷え性に悩んでいた私。 今

記事を読む

汗疱来たりて、酒を断つ。

かゆい!かゆいったらありゃしない。高頻度の手洗い・消毒が原因かと睨んでいた手湿疹ですが、そ

記事を読む

毛穴を維持する生き方。

新しい鏡の前で髪をくしゃくしゃとセットしていて、後頭部に違和感、というか、異物を認める。

記事を読む

酒に強い、弱いは体質による 都道府県別酒豪型遺伝子出現率。

By: The British Library 先日SNSでこんな記事が流れてきました。

記事を読む

終わりたいのに終われない。

終わりたくない終わりたくない終わりたくない OH! WHAT A NIGHTとDr.Kは言っ

記事を読む

2週間でウエストマイナスンcm、ぶよぶよお腹のその後。

腹の肉削ぎに成功した「お腹ぶよぶよ大作戦」から、5ヶ月が経過しました。おばさんのモーニング

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑