春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手出しできる状態で並んでいますね。うれしい。

キャベツはいつだって近しい関係にあるのだから、贔屓なんてしないよ。そう思っているけれど、やっぱり春キャベツの旨さは格別だなあ。なんでこんなに柔らかくて甘いのかなあ。新物に弱いなあ。

さて春キャベツ。何と合わせてやろうかと思案した結果、本日は彩りもよい鮭を選択しました。

炒め、とは名乗っていますが、蒸し、に近いかな。

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムルで晩酌

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

  • 豆苗と卵のスープ
  • 大根の梅おかか和え
  • 小松菜のナムル
  • 春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め

豆苗と卵のスープ

豆苗と卵のスープ

鶏がらスープに豆苗を入れさっと煮て、水溶き片栗粉でとろみをつけます。溶き卵を流し入れ、ふんわりと固めたら完成。

大根の梅おかか和え

大根の梅おかか和え

薄切りにした大根を叩いた梅肉と鰹節で和えて漬もの代わりに。

小松菜のナムル

小松菜のナムル

茹でた小松菜を塩、胡椒、ごま油、すりごまで和えます。

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め

鮭はそぎ切りにして塩、酒で下味をつけ、薄く片栗粉をまぶしておきます。フライパンに油を引きしょうがの千切りを炒め、香りが立ったら鮭を入れ、返しながら表面をさっと焼きます。ざく切りにした春キャベツを鮭の上にのせ、酒としょうゆで伸ばした味噌をところどころ乗せて蓋をして蒸し焼きに。最後にざっと混ぜ合わせてうつわに盛ります。

くったり煮た甘いキャベツもいいけれど、春キャベツに限ってはさっと火を通す程度の浅い感じが好み。短時間でささっと作れて、日本酒によく合ういいつまみです。いやいや、キャベツは偉大ですな。

春キャベツを使ったおつまみ

キャベツといえば揚げものや肉料理に添えられる千切りキャベツは定番中の定番ですが、そういやウチではあまり登場しません。理由は単純、私が千切りを好まないから。千切りキャベツ、食べるのは好きだけど、切るのはイヤ、というか苦手。そうやって避けているからいつまでたっても上手くならないという悪循環が続いております。

千切りとかみじん切りは切るの自体が手間、ってのもあるけど、こう、散らばるのが苦手というか、細かくなった破片をキレイにかき集めたりするのがイヤなんですよ。無精者ですみません。

それ専用のまな板なんてのもあるようだけれど、そういう便利グッズを使うのもなんとなくイヤ、で現在に至る。ああ永遠に続くイヤイヤ期。

それでも特に不自由を感じないのは家で揚げものを殆どしないからでありましょう。とんかつとか食べるならやっぱり細くてふわっふわの千切りキャベツが欲しいよねえ。

 




関連記事

一人暮らしの家飲みメニュー 週末はワインで。

毎週毎週土曜日になったら同じ画像ばっかり載せやがって! 見飽きたわ! と言われそ

記事を読む

せとかと甘平を食べ比べてみた。

By: skyseeker[/caption] 毎日の晩酌日記と共に記録していた今月の「お遊び」

記事を読む

おろし梅納豆そうめん

休肝日ごはん おろし梅納豆そうめん。

週の初めは休肝日。「飲酒は週5」を、細々と守り続けています。 さて、先日は妙なそうめん

記事を読む

もやし蒸ししゃぶ、ニラの海苔和えで家飲み。

冷蔵庫に鎮座する余り食材を思い浮かべながら、あれをこうしてこっちがこうで、と、脳内にて副菜を

記事を読む

家飲み献立 9/11 ビールにカイチアオ・ムーサップ。

ロールイカにセロリ、玉ねぎ、春雨、レモン…。 むやみに食材を増やさずに今あるものを活かして

記事を読む

トマトと卵の炒めもの

トマトと卵の炒めもの、人参と豚肉の生姜ポン酢和えで家飲み。

超特大サイズトマトの迫力に降参しまんまと手に取る。 でかい。そして赤い。 1日目

記事を読む

にらの落とし焼き、きのこのおろし和え献立。

少々残っているにらをどう食べるかと考えていて、ふと思い出しました。以前持ち寄り家飲み会的な

記事を読む

家飲み献立 11/23 ベーコンと白菜のスープ。

今夜は少し遅くなってしまったので昨日に引き続き軽めのディナーです。 軽め、といっても酒は呑

記事を読む

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要になる節約料理にはてんで疎いので

記事を読む

けんちん汁 白菜漬け キャベツ入り卵焼き えのきおろし 豚肉と白菜の酒粕煮

豚と白菜の酒粕煮、けんちん汁献立。

白菜と豚肉。 鍋に重ねて敷き詰めて、軽く塩と酒を振って火にかけるだけでいい酒のつまみに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ラード使用チャーハン
背徳感が、脂の魅力。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライ

一人暮らしのしょうもない夏休み

そりゃそういう時期ですけど何も本気で毎日降らなくてもいいんじ

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑