春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手出しできる状態で並んでいますね。うれしい。

キャベツはいつだって近しい関係にあるのだから、贔屓なんてしないよ。そう思っているけれど、やっぱり春キャベツの旨さは格別だなあ。なんでこんなに柔らかくて甘いのかなあ。新物に弱いなあ。

さて春キャベツ。何と合わせてやろうかと思案した結果、本日は彩りもよい鮭を選択しました。

炒め、とは名乗っていますが、蒸し、に近いかな。



春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムルで晩酌

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

  • 豆苗と卵のスープ
  • 大根の梅おかか和え
  • 小松菜のナムル
  • 春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め

豆苗と卵のスープ

豆苗と卵のスープ

鶏がらスープに豆苗を入れさっと煮て、水溶き片栗粉でとろみをつけます。溶き卵を流し入れ、ふんわりと固めたら完成。

大根の梅おかか和え

大根の梅おかか和え

薄切りにした大根を叩いた梅肉と鰹節で和えて漬もの代わりに。

小松菜のナムル

小松菜のナムル

茹でた小松菜を塩、胡椒、ごま油、すりごまで和えます。

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め

鮭はそぎ切りにして塩、酒で下味をつけ、薄く片栗粉をまぶしておきます。フライパンに油を引きしょうがの千切りを炒め、香りが立ったら鮭を入れ、返しながら表面をさっと焼きます。ざく切りにした春キャベツを鮭の上にのせ、酒としょうゆで伸ばした味噌をところどころ乗せて蓋をして蒸し焼きに。最後にざっと混ぜ合わせてうつわに盛ります。

くったり煮た甘いキャベツもいいけれど、春キャベツに限ってはさっと火を通す程度の浅い感じが好み。短時間でささっと作れて、日本酒によく合ういいつまみです。いやいや、キャベツは偉大ですな。

春キャベツを使ったおつまみ

キャベツといえば揚げものや肉料理に添えられる千切りキャベツは定番中の定番ですが、そういやウチではあまり登場しません。理由は単純、私が千切りを好まないから。千切りキャベツ、食べるのは好きだけど、切るのはイヤ、というか苦手。そうやって避けているからいつまでたっても上手くならないという悪循環が続いております。

千切りとかみじん切りは切るの自体が手間、ってのもあるけど、こう、散らばるのが苦手というか、細かくなった破片をキレイにかき集めたりするのがイヤなんですよ。無精者ですみません。

それ専用のまな板なんてのもあるようだけれど、そういう便利グッズを使うのもなんとなくイヤ、で現在に至る。ああ永遠に続くイヤイヤ期。

それでも特に不自由を感じないのは家で揚げものを殆どしないからでありましょう。とんかつとか食べるならやっぱり細くてふわっふわの千切りキャベツが欲しいよねえ。

 




関連記事

肉団子鍋

一人鍋で家飲み オレンジ白菜と鶏団子鍋。

今夜は鍋。絶対に鍋。 朝っぱらから固く鍋を決意していたので、問題はさて何鍋にするか?と

記事を読む

谷川岳

一人晩酌のあり方を考える。

食い意地が張っているばかりでなく、どうしようもない酒飲みです。 関連 食べること、飲

記事を読む

焼き蕪の柚子胡椒和え

一人家飲みつまみ 蒸し鶏のねぎソース、焼き蕪柚子胡椒和えで晩酌。

先週は肉抜きウィークだったので、休肝日明けは肉です。 肉、といっても鶏むね肉ですが。

記事を読む

hongkong-foods-34

西營盤のバーと夜食と坂道と 香港一人旅で食べたもの その2

香港一人旅の食記録、第二弾です。 関連 海老ワンタン麺の食べ比べ、香港一人旅で食べたも

記事を読む

ささみの葱塩ダレ

ささみの葱塩ダレ、キャベツの卵焼き献立。

ささみってアスリートの食材って感じしますよね。 しませんか。 高たんぱく低脂肪で

記事を読む

spainfood26

バルに気軽なパエリアランチ バルセロナで食べたもの。

スペインの旅記録です。 関連 バルセロナ・マドリードの旅2015 今回はバルセロ

記事を読む

塩豚じゃが

家飲みメニュー 塩豚じゃが、小松菜と卵の炒めもの。

先日焼いた豚肉の残りに塩をまぶして保存していました。 塩豚と野菜を合わせるパターンの時

記事を読む

菊水純米吟醸ひやおろし

新潟の酒 菊水 純米吟醸ひやおろしで晩酌 茄子の辛味噌炒め、温奴。

最近ではスーパーでもいろんな日本酒が買えるようになっているけれど、やっぱり酒屋のほうがいろい

記事を読む

180223_ienomi_5

じゃがいもと白ネギのアンチョビグラタンで白ワイン。

焼酎をあんまり飲まなくなったので、ここのところの晩酌はほとんどが日本酒。たまにワイン、夏にな

記事を読む

141203d4

家飲み献立 12/3 鶏肩肉のくわ焼き、ピーマンとツナの炒め物他全5品。

うう、寒い。 真冬っていってもたいした寒さじゃないね、なんて余裕をかましていましたが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

chiangmai16
友達はみんなお金持ちだから、何もよろこんでくれない。

わかりやすい酒瓶を担いで友人の誕生日を祝いに行く。 「わ

煎り焼き豆腐献立
煎り焼き豆腐、春菊の酒粕味噌汁献立。

魚類つまみの登場頻度が落ちている気がする今日この頃。 最

NY_upsndmid_16
ハラハラする質問力。

酒を飲みながら、スーパースターの引退会見を眺める深夜。結構長い

カリッとした毎日。白湯。
足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒が

里芋のねぎ油炒め
里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさ

→もっと見る

PAGE TOP ↑