地獄よりも、ダンスフロアへ連れてって。

公開日: : 最終更新日:2018/05/27 健康と美容

groovy vol.4

なかなか予定通りに進まないものですね。

せっかく曜日を考慮して選んだというのに、今月は結局2回しか踊れませんでした。

美への執着、失くしたくないもの。

最終回はかろうじて滑り込めてよかったですが、毎週決まった時間に決まった場所へ出向くのは難しいなと改めて実感しました。



地獄よりも、ダンスフロアへ連れてって

141106lg

ここのところたまに足にダルさを感じることがあり、着圧ソックス履いたり、マッサージしたり、壁に足を立てかけて寝たりしておりました。もちろん毎晩の入浴も欠かさずに。

風呂は絶対後悔しない、裏切らない。

踊り子効果か、血の巡りか、レッスン後の足元はスッキリ爽快。しっかり汗もかいて、気分もこれまた爽快でありました。マッサージもいいけども、やっぱり体を動かすってのはなかなかいいもんですね。普段動かな過ぎるから余計にね。

マッサージといえばその昔、仕事中に耐え難い足の疲れが襲ってきてもうどうにもならず、通りすがりの足底マッサージ店に駆け込んだことがありました。

そこは小さな棒状の器具を使ってツボをゴリゴリする施術スタイルで、もちろんそういうものだと知っていたし、覚悟もしていたけれど、大声で叫びだしたいほどに痛かった。痛すぎた。

多分これは大の大人が痛いと絶叫しても差し支えないレベルだろう。でも、こういうところで痛いとか言っちゃうのはちょっとどうなのかしらとか余計なことを考えて必死に堪え、30分だかそこらの時間、ひたすら黙って激痛に耐え続けたのでした。もちろん、涙すら流さずに。

40過ぎた大の大人が歯科で泣く。

わざわざ金払ってこんな痛い目見るなんて、ここは地獄か、そして私は変態か。

絶望と激痛の中、自分の選択に酷く後悔したものの、店を出た瞬間さっきまで辛かったダルさはキレイさっぱり消え去っておりました。当然、直後に向かった長時間に渡る立ち仕事も軽やかにクリア。

マッサージやエステに行っても横たわった瞬間爆睡してしまって、何が気持ちいいんだか悪いんだかさっぱりわからないという豚に真珠系人間なので、さほど効果を感じたことがなかった私。マッサージなんてものは所詮気持ちの問題ではなかろうか、なんて思ってたけど、いやはや、ゴットハンドってのはいるんだなあとこの時ばかりは感心したものです。

でも、その店にはそれ以降二度と行かなかった。どれだけ効果があったとしても、スッキリできるとわかっていても、あんな痛い思いをするのはゴメンだと、私の本能が叫んでいた。今もまだあの店あるのかな。あっても、もちろん行かないけど。

幸い、今はあの時ほどの辛い痛みではありませんが、このスッキリ感を得られるのならば私、ずっと踊っていたいわ。しかし来月の予約を入れそびれてしまったので、6月は踊れないのであった。

どうしたものか。クラブとか行けばいいのか。いや、それじゃあ酒飲むから効果なしか。今だって踊り疲れたディスコ、じゃなくて、スタジオの帰りにビールを飲むのが楽しみで通っている節はあるけれども、とにかく。マシンエクササイズやランニングは苦手だけれど、多少キツかろうが幾分の踊り要素を含む運動であれば、嬉々として取り組めるのだと判明したことは大きな収穫です。

ちなみに気になっていた血圧は正常値、体重は2キロ増加にてフィニッシュしました。あれ、なんで増えてんだろう。

 




関連記事

By: chrisada

履かない靴は、売る?処分? それでもまだ持ち続けている。

By: J. Triepke[/caption] 日が長くなったな、と気づく今日この頃。

記事を読む

sudio__

自分のことがよくわかっていない人。

踊る月間、リターンズ。今月はまた踊ります。 地獄よりも、ダンスフロアへ連れてって。

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

指先がパックリ割れる季節になりました。

乾燥! いやー、こうもいきなり寒くなるとかないませんな。乾いた女には厳しい季節がヒタヒ

記事を読む

2yutanpo2

湯たんぽの季節、寒がり&冷え性が5年愛用する湯たんぽ。

湯たんぽの季節になりました。 現在使用している湯たんぽを導入したのは、2014年の冬の

記事を読む

babyfoot

今からでも変われる!本気で体をケアしよう。

先日書いた2つの記事に関する後日談です。 >>参考 足を組む癖をなお

記事を読む

alicia-apartelle-cebu_9

布団の酷使とピンチの劣化。

シーズン毎に取り替えられることもなく、1年中酷使されている我が布団。 1枚でオールシー

記事を読む

thaitemple

ファスティング(家断食)の記録 その8 ~断食で得たものとその効果~

連続でお伝えしてきた自宅でのファスティング記録。 参考 ファスティング(家断食)の全記

記事を読む

By: Andrey

腰痛緩和、ぎっくり腰予防 簡単ストレッチを日課に。

By: Andrey[/caption] 週明けから辛気臭い話題で失礼します。 つい先

記事を読む

160411lg

「らくらくホン」の衝撃。

普段の生活はコンタクトで。手元の作業や読書など、細かい字を見るシーンではリーディンググラスを

記事を読む

By: hans van den berg

壊してさらば、眉デザインのゆくえ。

何かを捨てる、手放す時のパターンにはいくつかあって。 これはもう役目を終えたな、などと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ny_dt_39
なければないで済んだのに、手放せなくなるものがある。

師走に入り初の平日、6時外出。 これは、いよいよか。開幕

きのこと白菜の味噌汁 ぬか漬け 白菜サラダ さんま梅煮
さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたま

ny_dt_44
人生100年時代、会社を辞めたおじさんおばさんはどこにいるのか。

奥さん、師走です。 今月で2019年も終了なんですってね

白菜とツナのうま煮
白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。

マリベルNY
うっとうしい割れ方の原因は。

長年携えた癖や、その日限りの寝癖ならばわかるが、後天的かつ突発

→もっと見る

PAGE TOP ↑