髪型をコロコロ変えるのは気が多い証拠説。

公開日: : 最終更新日:2017/05/31 健康と美容, 生き方と考え方

madrid19

ヘアスタイルを頻繁に変える女は気が多い。なんてことを子供の頃よく周りが言っていたように記憶しています。

小学生が自分の意思でコロコロ髪型を変えることなんてそうそうできない女児たちが一体誰に対してこのようなジャッジをしていたかといえば、アイドルとかタレントなど画面の向こうの有名人。

「キョンキョンってコロコロ髪型変えるからやっぱり気が多いんだよ」

とか、子供ってアホですね。そして、アホらしくも可愛らしいですね。

髪型を変える理由はなんだ

気が多い云々は何の根拠もない話、というか、人に見られるのが仕事の人が年がら年中同じ髪型同じメイクってわけにもいかないから当然でしょうがって感じですが、確かに見る度に色や長さが変わってるコロコロ派と頑なに同じスタイルを維持する派がいるような。

はて、長さやカラーなど、ヘアスタイルを変える頻度ってどれくらいなんでしょうね。そしてそのきっかけってなんだろう。

参考 ヘアスタイルにはこだわらない人が多数派…個性よりも「清潔感」重視(プラネット)

男性では最も高かったのが「ヘアスタイルを変えたことはない」の54.0%。男性の場合、ずっと同じヘアスタイルでいる人が半数を超えていることがわかります。一方、女性では、1位「気分転換」44.7%、2位「スタイリングや手入れが楽な髪型に変えたかった」24.3%、3位「イメージチェンジ」24.2%という結果でした。

男性にヘアスタイル固定派が多いのはまあ当然の結果でしょうか。今は男性でもいろんな髪型を楽しめる時代ではありますが、普通の企業にお勤めの男性ならばロングや茶髪などの選択肢はなく髪型はある程度限られてくるもんね。

女性の場合は気分転換が圧倒的だけれど、「楽な髪型に変えたかった」はシャンプーとかスタイリングの時短目的の他、髪の状態の変化によるところも大きそう。

関連 白髪が目立たない髪型はどれ?ショート、ロング?

いくつになってもロングに耐えうるコンディションをキープするには並大抵の努力では無理ですからね。それはそれですごいことかと。

知人のヘアスタイルの変化に気付くか

tainandog6

このアンケートでは

「知人のヘアスタイルの変化に気づくか」

といった項目も設けられており、その際声をかけるか否かといった設問も。

なんとまあ細かい話、と思うけれど今のご時世このあたりはハラスメントがらみでかなり悩ましい問題なのですね。

そういや少し前、友人男性と飲んでいる時に

「crispyさん前にあった時髪の毛クルクルってパーマみたいなのしてたじゃん?気づいてたんだけど言わなかったんだよね」

と突然言われました。

関連 白髪とヘアアイロンの複雑な関係。

いや別に人が気付こうが気付くまいが私はどちらでも一向に構いませんが、彼がクルクルパーマ発言をその場で飲み込んだ理由は

「久しぶりに会った女性に『あれ、随分痩せたね?』と言ったら『太ったのよ!』とキレられて以来恐ろしくなって、それからは女性に対して髪型・メイク含む容姿に関する感想は一切述べないことにしようと決意した」

とのことでした。なんかその思いやりが泣けるじゃないか。

髪型を変える心理?失恋で髪を切る女はいない

heartcake

件の女性が本当に気を悪くしたのかそれとも冗談だったのかはわからないけれど、女性に容姿とか年齢のことを言うのは失礼だという暗黙のマナー的なものは未だに存在するらしいし、それらの話題を本気で嫌がる女性も確かにいるのでしょう。

が、全くもって気にしない、むしろ女の人ってこうだよね、とか決め打ちされるの勘弁だわという人も多いだろうなと。このアンケートにも

昔から「髪は女の命」「女性は失恋すると髪を切る」などと言われてきましたが、「失恋したから」の項目は0.3%と最低で、しかも男性も女性も同じ数値でした。今の時代、女性だからといってロングヘアとも限らず、ましてや失恋で髪を切る女性の割合は男性と変わらないというのが実情。

なる解説があるように、当たり前のように語り継がれているけれどいやいやそれ都市伝説ですから!みたいなことって多いよね。

関連 おばさんバンザイ。

性別に限らず、生まれた場所とか育った地域とか出た学校なんていう環境から受ける影響は確かに大きいけれど、もちろん100%一致するはずもなく、ましてやそこに当てはまらなければやっていけないわけでもない。

何を言っても面白くない関西人は珍しくないし、超絶オンチでリズム感皆無な黒人だって多いし、甘いものに目がない男性も、キラキラしたものが苦手な女性だっている。

それでも自らの経験から女性にこういうことを言うのは失礼だからやめておこう、などと改善を重ねるのは他者への純粋な思いやりであり、大人のコミュニケーションスキルなんだろうな。と、考えるとどうでもいいわばっかり言ってちゃ改善できないのは当然だと気が遠くなる。

関連 私だけが幸せになれ 人に好かれる努力には意味がない。

データや都市伝説をむやみに信じて他者の属性から全てを断定したくないけど、はて目の前の「この人」はどうなんだろう、と考えてから行動する努力はしたいよね。アンケート結果バリバリ引用しといて言うことでもないけれど。

ミニマリストの持たない暮らし

話は戻って、私はといえばここ数年コロコロ髪型変えまくり。サロンへ行く度に違うカットにしてもらう始末です。それはそれで楽しいんだけど、今の状態にピタッとハマるスタイルに出会えてないとも言える。さて、次はどうするかな。

 




関連記事

再検査、3ヶ月計画は企画倒れ。

8月に受けた健康診断で、まさかの3ヶ月後再検診の刑を食らいました。 関連 残念なお知ら

記事を読む

BB&CCクリーム

冬の旅に持参するスキンケアとメイク用品 ’16。

By: lina smith[/caption] 旅の荷物を少なくするべくスキンケアもシンプ

記事を読む

素焼きアーモンドを食べ比べてみた。

素焼きアーモンドなら1日20粒くらい食べてもいいということを知りました。 参考 おやつ

記事を読む

方向性の違いによる別れ、最後まで思い続ける尊さについて。

平日の昼下がり。待ち合わせた銀座のカフェに現れるなり 「安室ちゃん行ってきたー、最後に

記事を読む

自分のことがよくわかっていない人。

踊る月間、リターンズ。今月はまた踊ります。 地獄よりも、ダンスフロアへ連れてって。

記事を読む

休肝日は休胃日に。2週連続胃も休ませてみた。

By: Luci Correia[/caption] 何年かぶりに休肝日を設定しようと思いつ

記事を読む

疲れやストレスが原因で歯が痛むことはあるのか。

歯が痛い。 先週だったでしょうか、久しぶりにそんな感覚がやってきました。 歯科通

記事を読む

ただいま、を何度も作る。

By: Nattu[/caption] 年末の計画は別として、年内にも旅の予定があります。

記事を読む

むくみ解消で足は細くなる!効果を実感した4つの習慣。

By: Ashley Webb[/caption] 昨夜シャワーを浴びていて気づいたのですが、足が

記事を読む

洋服かぶり問題に関する個人的な考察。

By: Anthony Easton[/caption] 20代の頃、当時よく通っていたセレ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2022年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る行事もすっかり恒例となりました。

たらと豆腐のさっと煮
たらと豆腐のさっと煮、キムチ納豆で晩酌。

どうしようもなく魚気分だった帰り道、スーパーに駆け込みました

80代両親に関する50代の娘の悩み。

年末年始に帰省した際、所用で両親と共に家電量販店へ行きました

焼き大根
焼き大根、豚肉とほうれん草のからし和えで晩酌。

いい感じに太さのある大根がある。おまけに、時間の余裕もある。

ミニマリスト主婦の新春コーディネート。

みんなのマドンナ、ミニマリスト主婦シリーズです。ミニマリスト

→もっと見る

PAGE TOP ↑