耳読書のありがたさ、中年世代におすすめの機能。

公開日: : 最終更新日:2019/11/28 健康と美容, 読書

booksmountain

しつこいようですが本当に目が見えづらくてですね。

「らくらくホン」の衝撃。

この現状を友人に愚痴ったところ、それは老眼だけではなく疲れ目とか乾き目とかあらゆる症状が折り重なっているのではないかと指摘されました。加えて、乾いているのは何も目だけじゃないだろう全身だろうとも。

言われてみれば、そんな気もする。いずれにせよ、読書もパソコンも厳しくて困ったなあ。

耳読書のありがたさ

new-ipod

困ってばかりもいられないので、メガネ併用生活に戻すべく、近日中にメガネを慎重する予定ですが、毎日がこんな状態なもので「耳読書」のありがたさをしみじみと感じております。

耳読書。つまり、目で読むのではなく、耳で聴く読書ですね。

娯楽の読書は別として、資料として読まなければならない本は、朗読音声を聴くながら読書ができたら便利だなと常々思っており、少し前にも検討していました。

が、どうにも上手くいかず。だって、なんか恥ずかしいんだもの。

時間はあるのに、減らせない理由。

この頃スマホの自動音声読み上げ機能にも手を出してみたのですが、なんだかピンとこなかったのですよ。

しかしいよいよそうも言ってられなくなってきて、この度またもや同機能を試してみたら、案外使える。あれ?性能アップした?

妄想込みで完成する娯楽

否。かなり前から搭載されている機能なので、突然パワーアップしたわけじゃないでしょう。おそらくこの緊急事態で自動読み上げに求めるレベルが下がったと考えるのが妥当。でも、ざっと内容把握したいだけの読書なら、これで十分じゃない?

iPhoneの画面に表示された内容を音声で読み上げる方法(iPhone Mania)

図解が入ると自動でページ送りしてくれないとか、音読み訓読みが怪しくなる場面があるとか、英表記になると突如ネイティブ発音になってびっくりする、などという懸念材料も大いにあるのだけれど、目がしょぼしょぼして一向に読み進められないよりも全然マシ。照れ屋さんの私には、AIが無感情に淡々と読んでくれるのはむしろありがたい気さえしています。

ありがとうテクノロジー。

耳読書の便利さに唸りつつも、小説やエッセイの類は文字で読みたい。小説や漫画の実写化で毎度賛否両論が巻き起こるのは、それぞれが脳内で勝手に自分好みの俳優をキャスティングし、勝手に実写化しているからであり、それを可能にするのはやはり、読むという行為なのでしょう。とりあえずあらすじ掴んだらOK、じゃなく、自分の妄想込みで完成させる娯楽。

作家、本当のJ.T.リロイ 人は本質以上に「誰が言ったか」で評価する。

ともあれ、最近目が疲れちゃう、でも読まなきゃいけない資料が山積みで困っちゃう。というナイスミドル&ミディのみなさまに耳読書、お勧めします。iOSなら画面上部から2本指で下方向にスワイプするだけ、電子書籍だけじゃなく、ウェブサイトの読み上げなどにも使えます。




関連記事

手湿疹治療に、綿手袋を追加。

不本意ながら、なかなか最終回を迎えられずにいます。手湿疹の話です。「最強クラス」を1週間使

記事を読む

仕事も、人生も。「常識からはみ出す生き方」。

年末から暫く、頭の中が騒がしい気がしています。 その理由はあれこれやりたいことがあるお

記事を読む

ワンタフトブラシ

歯の治療は地獄の苦しみ。

久しぶりに受けた歯科検診がきっかけとなり、ただいま絶賛治療中です。 関連 失くしてから

記事を読む

自分の認識よりずっと少なかったという事実。

新しいスニーカーを入手して、スキップスキップらんらんらん。 買えない生活、底の抜けたス

記事を読む

ワンタフトブラシ

親知らず抜歯痕に関する悲しいお知らせ。

もう行きたくない。だからこそ行く。それが、歯科検診というものです。 関連 痛みに弱い人

記事を読む

部屋の中に、誰かいる。

By: Craig Leontowicz 本日無事ポロリが完了しました。タコを育む女。歩行時

記事を読む

副業人材でも50歳以上は採用しない理由。

副業人材に注目し、業務委託で営業職採用を検討しているという企業から聞いた話です。採用担当者

記事を読む

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

By: Vincepal[/caption] 「とにかく逃げ切り世代のやり方についていけなかった

記事を読む

東京大仏

座ったままで動かない人。

座りっぱなしはよくないので、30分に1回は立ち上がりましょう。そんなことを少し前にも書いた

記事を読む

目標達成!家飲みダイエットは確実に効く。

今朝出かける時にいつものデニムを履いていたのですが、なーんか、ユルい…。 ん?これはもしや?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑