大田黒公園で少し遅めの紅葉狩り。東京散歩・杉並区

公開日: : 最終更新日:2016/12/18 東京散歩

suginami_43

杉並散歩の続きです。

関連 西荻窪から住宅街を抜け荻窪へ。東京散歩・杉並区

せっかく未踏の地である西荻窪に足を踏み入れたというのにいそいそと荻窪方面へ移動したのは夕暮れが迫っていたから。

ただ街をぶらぶら歩くだけの予定で出かけた杉並区散歩ではありましたが、ひとつだけ目的らしい目的がありました。




大田黒公園の銀杏並木と紅葉

suginami_27

向かったのは荻窪駅から徒歩10分ほどの位置にある大田黒公園。

参考 施設概要(杉並区立大田黒公園)

大田黒公園は、音楽評論家の大田黒元雄氏の屋敷跡地に、杉並区が日本庭園を整備して、昭和56年10月1日に開園しました。

suginami_28

門をくぐると突然広がる立派な銀杏並木にぽかんと口が開く。

suginami_29

と言ってもすでに葉は落ちているので銀杏並木のセレナーデとはいきませんでしたが、これはかなりのど迫力。紅葉が見られるかもねくらいの軽い気持ちで来たのだけれど、この銀杏並木は見る価値あるなあ。私と同じタイミングで入園したご夫婦が

「来年はもう少し早い時期に来よう!」

と興奮気味に話しておられ、心の中で私もこっそり頷きました。まったくおっしゃる通りです。

suginami_30

いやあ、晴れた日に金と青のコントラストを見てみたい。

suginami_31

しばらく進むと黄金の絨毯に紅葉の赤が混じり始めました。

suginami_50

suginami_40

公園としてはさほど広い敷地ではないものの、茶室や休憩所などが配されていて水辺には鴨の姿も。現在は公園として整備されているので当時どのような姿だったのかは分かりかねますが、この敷地が個人の邸宅だったことに変わりなし。うわあ。

【大田黒元雄】
元雄は、父重五郎の築き上げた裕福な環境で生涯を過ごし、黎明期の写真史に『写真芸術』同人として、福原有信や福原路草、石田喜一郎らと自由で重要な活動を遺し、また生涯にわたって自由な立場から音楽のみならず様々なジャンルで執筆を続けた。(wikipedia

お父上は東芝の前身である芝浦製作所(現東芝)の専務を務めた後、全国で水力電気会社を設立した実業家であったと。なるほど。

suginami_33

紅葉時期には毎年夜間ライトアップが行われているとのことで、今年は11月25日(金)~12月4日(日)が対象期間だった模様。やっぱりちょっと遅かったか。

suginami_48

suginami_38

最近は公園で見かけた植物とか動物についてその場でサクッと調べられちゃうんだよね。昔は調べたくても調べ方がわからず諦める、みたいなことが多かったことを考えるとこの進化は今更ながらなんだか怖い。植物じゃないけどShazamとかもう神だもの。鼻歌で曲名を質問するヤツ結構好きだったけど、ああいうのももう必要ないってことだよねえ、いやはや。

suginami_42

suginami_34

夕日に赤がよく映える。

久しぶりに紅葉を愛でていたらうっかり天ぷらを思い出してしまいました。あれ?もみじの天ぷらって全国区?もみじあるところに天ぷらあり、なんだっけ?とふと気になって調べてみたら。

参考 伝統銘菓「もみじの天ぷら」が海外で話題に “日本人は理解し難いものを食べる…”(NewsPhere)

1300年程前に箕面山に入った修行者が滝に映えたもみじの美しさに感銘を受け、その天ぷらを作り修験道場を訪れる旅人に提供していたことに端を発し、今では地元の伝統銘菓として人気のお土産になっている。

全くもって局地的文化でした。そりゃそうか。

suginami_46

寂しげながらもいい眺め。夕刻に来たのは返って正解だったかもしれません。

suginami_52

suginami_53

惜しむらくは銀杏並木か、と帰り道でまた思う。

関連 いちょう並木のセレナーデ。 東京散歩・文京区

お近くの方は是非秋口に。

suginami_54

さて、大田黒公園で紅葉狩りを満喫した後は荻窪駅方面をパトロールしましょうか。

もう少しだけ続きます






関連記事

setagaya_34

いらか道を砧公園、世田谷美術館へ。 東京散歩・世田谷区

ご無沙汰しております、東京散歩です。 旅に出れば滞在中にできる限りいろんな場所へ出向き

記事を読む

shinjuku9

新大久保駅から皆中稲荷神社、大久保通り。東京散歩 新宿区。

近くの旅でも旅は旅。 ということで東京都内を改めて練り歩いています。 関連 東京

記事を読む

nerima22

石神井公園 照姫にスワンボートとラクウショウ 東京散歩・練馬区

近くの旅でも旅は旅。 ということで、改めて東京都内を歩いてみるというお遊びを実施しています

記事を読む

monnaka12

早朝の門前仲町を歩く。東京散歩・江東区

近場の旅でも旅は旅。 気軽に出かけられる近場にでも旅の楽しみはあるのでは、とふと思い立

記事を読む

shibamata1508_11

生まれも育ちも葛飾柴又。東京散歩・葛飾区

近場であっても旅は旅。 ということで改めて東京を巡ることを思いつき。 参考 東京

記事を読む

aomonoyokocho4

青物横丁 丸富で鰻串を楽しむ。

先日の品川散歩の続きです。 駅前を横切る通りの名はご覧の通り妙にハイカラ。青物横丁になぜ突

記事を読む

akabane23

赤羽一番街を無作為に歩く 東京散歩・北区

近くの旅でも旅は旅。 ということで、ということで東京都内各所を改めて歩いてみるというお遊び

記事を読む

monnaka31

門前仲町・晴弘で昼酒1時間1本勝負 東京散歩・江東区

門前仲町散歩の続きです。 参考 早朝の門前仲町を歩く。東京散歩・江東区 久しぶり

記事を読む

sugamo1_22

巣鴨地蔵通り商店街から庚申塚へ。東京散歩・豊島区

近くの旅でも旅は旅。 ということで突如近場散歩に目覚めたこの夏。 参考 東京散歩

記事を読む

minatoku16

東京タワーから新橋、鹽竈神社 東京散歩・港区

港区散歩の続きです。 関連 浜松町駅から東京タワーを歩く。東京散歩・港区 絶好の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

suginami_56
薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その

卵とわかめのスープ ぬか漬け 小松菜のおひたし 焼き油揚げの酢醤油かけ
焼き油揚げの酢醤油かけ、小松菜のおひたし献立。

すご過ぎないものの力とは。 たまにものすごくおいしいもの

book_1807
積ん読と併読と私。

本1冊を最初から最後まで一気に読み切ることは、ほぼなくなりまし

新玉ねぎ卵炒め献立
新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。 蒸し鶏の香

→もっと見る

PAGE TOP ↑