ヤムウンセン、トマトとひき肉のオムレツでタイ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

ヤムウンセン献立

先日バンコクの思い出と再会したからでしょうか。

関連 あまりにもマイペースな人。

なぜだか無性にタイ料理が食べたくなり、ヤムウンセン。

昨年の夏に作った時のレシピでビールをグイッといきました。




ヤムウンセン、トマトとひき肉入りオムレツ献立

ヤムウンセン、トマトとひき肉入りオムレツ献立。

  • トマトとひき肉入りオムレツ
  • ヤムウンセン

トマトとひき肉のオムレツ

トマトとひき肉のオムレツ

割りほぐした卵に豚ひき肉、みじん切りのにんにく、ねぎ、角切りのトマトを加え、ナンプラーと胡椒で味付けします。多めの油を引いたフライパンで中までしっかり火を通す…つもりだったのですが、具が多すぎて無残にも崩壊。お見苦しくてすみません。

ヤムウンセン

ヤムウンセン

ナンプラーとレモン汁、小口切りの唐辛子を混ぜ合わせてタレを作っておきます。鍋に湯を沸かし、豚ひき肉、背わたをとった海老、戻したきくらげ、千切りにんじんを順番に茹でて引き上げ、生で加えるセロリ、セロリ葉、ねぎと一緒にボウルに入れます。最後に戻しておいた春雨を茹で、少々の茹で汁と共に具材と合わせ、タレで和えたら完成。

茹でて和えるだけ、なので工程自体は簡単なのだけど、具材を全部揃えてからひとつひとつ茹でていくというプロセスが手間といえば手間。でも、茹で上がりの時間はそれぞれ違うから、やっぱり一つづつ茹でては上げる、がベストだと思うのです。

オムレツが崩れてしまったけれど、久しぶりのタイつまみでビール。辛い、酸っぱい、旨い。

おつまみレシピブログ

ヤムウンセンはあくまでもサラダの位置付けなのでしょうが、好物なので毎度皿に山盛り作ってメインとして食べています。春雨少なめで具沢山、さらには冷えたものでなく、作ってすぐ、まだ熱いところを急いで食べるのが好きだなあ。

試行錯誤を繰り返した結果、タレには甘みを加えない方式を採用していますが、ガツンと甘みをきかせるのが本来のやり方でしょう。そういう意味ではなんちゃってヤムウンセンなのだけど、ナンプラーの香りとレモンの酸味に唐辛子の辛味、そしてセロリの風味があれば私は満足です。

今日は海老にしたけれど、イカでもいいし、もちろんたっぷりのパクチーなんぞを乗せてもいい、のではないでしょうかね。そのあたりの事情はあたしゃよくわかりませんけどもね。

 






関連記事

サバ缶と新玉ねぎのサラダ

鯖と新玉ねぎのサラダ、鶏出汁トマト春雨スープで晩酌。

新玉ねぎがあまりにも旨くて連打。 と言っても最初に購入したものを毎日少しづつ食べている

記事を読む

塩もみ茄子の炒め物

塩もみ茄子の炒め物、ニラのスープ。

ちょっと遅れて金曜日の家飲みメニュー。 週末に出かけることやおすそ分けをいただいた関係

記事を読む

魚の献立

晩酌献立 9/23 鰤カマとキャベツの酒蒸し、塩昆布のポテトサラダ。

毎日の晩酌を記録し続けているわけですが、作ったら早く食べたいので写真撮影はさっさと済ませてし

記事を読む

蒸し鶏のニラトマト和え

蒸し鶏のニラトマト和え、たたきレンコンのスープ献立

まだまだ思い通りに進められない夕食作り。 台所というものはいくら広くて機能的で使い勝手

記事を読む

moonlight

家飲み献立 9/8 花に嵐のたとえもあるぞ、中秋の名月に。

すっかり秋を感じる1日でした。 今日は中秋の名月でしたか。 そうと知っていれば日

記事を読む

141024d2

家飲み献立 10/24 鶏と白菜のミルク煮込みで赤ワイン。

TGIF! 今夜は絶対に温かいスープと赤ワインだ!と朝から心に誓って過ごした1日でした。もちろ

記事を読む

armond

おやつに素焼きアーモンド。

すみません、嘘つきました。 正しくは「おつまみに素焼きアーモンド」です。 随分前

記事を読む

141125d2

家飲み献立 11/25 春菊とベーコンのスープ、焼き厚揚げなど。

さ、寒い…。 冬ですか?もう本格的な冬に突入したのでしょうか。 11月の時点で寒

記事を読む

141015d4

家飲み献立 10/15 塩手羽大根と日本酒。

いやー、困った。これは困ったことになりましたよ。 現在の住まいは天井が高く窓も大きいので、

記事を読む

塩豚のトマト煮 献立

塩豚のトマト煮、蕪の葉としらすの炒めもの。

やってしまいました。 サラダにしようと思っていたトマト、うっかり凍らせてしまいました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

cebu-diary-06-2
今見えている現実は真実ではない。

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように

→もっと見る

PAGE TOP ↑