とうもろこしごはん、コールスロー献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

とうもろこしごはん献立

週のはじめは休肝日、ノンアルコール献立…は、もうすっかり定着しているのですが、今週に限ってはちょっと違います。

今週は、ずっとノンアルコール。つまり、休肝週でございます。

大した理由はありませんが、既に飲み予定が入っている外食日以外は酒を抜く1週間。

ごはんや麺類を中心にやり過ごします。

休肝日ごはん とうもろこしごはん、コールスロー献立

とうもろこしごはん献立

  • 小松菜と油揚げの味噌汁
  • 大根のゆかり和え
  • コールスロー
  • とうもろこしごはん

小松菜と油揚げの味噌汁

小松菜と油揚げの味噌汁

毎度おなじみゴールデンコンビ、小松菜と油揚げの味噌汁。出汁はいりこ。

大根のゆかり和え

大根のゆかり和え

薄く切って塩もみした大根にゆかりを振った即席漬け。

コールスロー

コールスロー

にんじんとキャベツは千切りにして塩もみし、ツナ、レモン汁、オリーブオイル、胡椒、大葉の千切りで和えてしんなりと馴染んだところをいただきます。

とうもろこしごはん

とうもろこしごはん

フライパンにごま油を熱し、粒をバラしたとうもろこしを炒めます。火が通ったらしょうゆをジュっとまわしかけ、胡椒を振り、炊きたてごはんに景気良く盛りつけたら完成。

ごはんと一緒に炊き込むタイプのとうもろこしごはんもいいけれど、炒めてぶっかけるだけのこれも好き。しょうゆの塩気でとうもろこしの甘さが引き立つ感じがたまりません。手間といえば、とうもろこしの粒を外す作業のみ。それ以外難しい手順は一切ないのにしみじみ旨いごはんです。

休肝日の献立

あらかじめ粒を外しておいたので、芯は用済みなのだけど、せっかくだからごはんと一緒に炊き込んでみました。ごはんに香りを移してやろうという、そら豆ごはんと同じ理由ですね。

休肝日ごはん 釜揚げえび入りそら豆ごはん、水菜の味噌汁献立。

結果、粒がない芯だけの状態でも、とうもろこしの甘い香りがふわっとただようごはんが炊き上がったのでした。芯、侮り難しであります。

とうもろこしごはん

つぶつぶコーンがたっぷり乗ったごはんは美味しくて見た目も鮮やかではあるけれど、これだけでは物足りない。野菜食いとしては、もうちょい葉野菜が食べたい。そこで登場するのが現在静かなマイブームとなっている塩もみ野菜。ツナのコクと大葉の清涼感をプラスしたコールスローはなかなかいい塩梅の副菜となりました。

こんな感じで今週は、酒から目を逸らして過ごします。1週間もあれば体も肌もいい調子に整うのではなかろうか。

不意打ち3日断食で手に入れたもの(減量以外)。




関連記事

白菜とツナの煮もの

かぶの酒粕味噌汁、白菜とツナの煮もの

この冬は、白菜を食べまくってますなあ。柚子手羽白菜、もずく納豆献立白菜が驚きのお買い得価格

記事を読む

レタスチャーハン

休肝日ごはん レタスチャーハン、ねぎのしょうゆスープ献立。

いずれも非常に家庭的な葉野菜である、レタスとキャベツ。 両方好きだけど、我が家の購入及

記事を読む

トマトと卵いため献立

トマトと卵の炒めもの、ツナと韮のサラダ。

またしばらく自炊ができない環境になります。 以前は全く自炊ができない生活なんて無理

記事を読む

にんじんの煮物献立

晩酌献立 にんじんと牛肉の塩煮、小松菜のからし和え。

台南で牛肉湯という料理を初めて食べました。 関連 台湾一周一人旅 林百貨店に国立台湾文

記事を読む

きつね丼

休肝日ごはん きつね丼、小松菜とにんじんのごま酢和え献立。

油揚げを使ったきつね丼、つい先日も登場しております。 休肝日ごはん きつね丼、たま豆腐

記事を読む

イカゲソ兄弟とおじさんと私。

ある週末の夕刻、近所の居酒屋のカウンターで飲んでいると、すぐ後ろのテーブル席にファミリーの姿

記事を読む

肉団子鍋

肉団子鍋で家飲み。

この冬の家晩酌は鍋もの率がやや低めだったような気がします。おそらく、理由はふたつ。帰省時の鍋

記事を読む

秋刀魚のしょうが煮

食べても味がしない理由。

この時期は毎年、さんまさんまと大騒ぎしています。なぜなら、さんまが好物だからです。そして、

記事を読む

手羽先のローズマリー焼き

ワンプレートに白ワイン 手羽先と野菜のローズマリー焼きで昼酒。

先日ワインを飲んだ時に、つまみを一皿に盛ればよかったな、と思ったものですから。 関連

記事を読む

鮭の粕汁、だし巻き染めおろし

鮭の粕汁、だし巻き染めおろし献立。

今夜のメインは出汁巻き。でも、心のメインは、粕汁。 汁ものをアテに酒を飲むのが好きなの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ラード使用チャーハン
背徳感が、脂の魅力。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライ

一人暮らしのしょうもない夏休み

そりゃそういう時期ですけど何も本気で毎日降らなくてもいいんじ

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑