つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムル献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め献立

辛味の効いた青菜炒めって、南国の味だよなあ。

暑い国のレストランで出てくる青菜炒めには空芯菜が使われていることが多いでしょうか。

野菜不足を解消したくて、サイドメニューに見かけたらついつい注文してしまうのだけれど、シャキッと感が無くなっていたり、しょうゆ味で煮込まれたかのような濃い味で提供されたりなどという失敗も少なくない青菜炒め。ああ、どうかささっとシャキッと炒めておくれ、と毎度祈ったものです。

自分で作るとなればその辺りの塩梅が自分次第なのでいいですね。今日は空芯菜じゃなくて、つるむらさきで作ります。

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムルで晩酌

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムル

  • キャベツとベーコンのスープ
  • ぬか漬け
  • 紫大根のナムル
  • つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め

キャベツとベーコンのスープ

キャベツとベーコンのスープ

細かく刻んだベーコンとキャベツをオリーブオイルを引いた鍋で炒めて水を注ぎ、荒く潰した粒胡椒を加えて煮込みます。最後に塩で調味して完成。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは新玉ねぎ、かぶ、かぶの葉、にんじん。

紫大根のナムル

紫大根のナムル

千切りにした紫大根を塩もみしてしんなりしたらごま油、ごま、胡椒を加えてざっくり混ぜます。

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め

フライパンに油と潰したにんにく、小口に切った唐辛子を入れて火にかけ、香りがたったら鶏ひき肉を入れて炒めます。ざく切りにしたつるむらさきいの茎部分、葉部分を時間差で投入し、ナンプラーとしょうゆを加えて炒め合わせたら完成。

唐辛子の辛さをしっかり効かせた炒めもの。これはやっぱりビールですね。ご飯にぶっかけて食べるのもまたよし。

ビールのおつまみ

青菜だけの炒めものならばこのサイズで何ら問題はないのだけれど、ひき肉となじみをよくするのならば細かく刻んだほうがよいのでは。

炒め始める直前でそんな考えが浮かんだのだけど、まあいいかと惰性でそのまま炒めてしまいました。結果、ちょっと炒めにくかった。ご飯にかけるならば刻んだほうがそれっぽい仕上がりになるかもしれないなあ。

自分で作れば好みの状態に仕上げられる。それはいいけども、ナンプラー炒めにナムルにぬか漬けって、とっちらかってますね。ざっくりアジアで括りましたよ、ってところでしょうか。いずれにせよ、スープは仲間外れ感ある。

 




関連記事

ぬか漬けの卵炒め

ぬか漬けの卵炒め、塩昆布キャベツ献立。

ぬか床に漬かっている野菜の切れ端を食べ切ってしまいたい、そんな時に使えるのが炒め技。

記事を読む

サバ缶のトマト煮

鯖のトマト煮とバケットで白ワイン。

先日使ったサバ缶の残りをワインのお供にしました。 鯖水煮缶とスライス玉ねぎにオリーブオ

記事を読む

パリっと焼いた鮭皮、栄養素とカロリーは?

一人暮らしだと、家で魚を食べる機会が少なくなる気がします。 コスパ的にも、調理の手間的にも

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、大根と豆苗のしょうがスープ献立。

本体ニューヨーク満喫中につき連日晩酌記事にて失礼します。 今回の旅の食関連に関してもま

記事を読む

私が団子を練らない理由。

年末年始はありがたいことにご馳走を食べまくりますね。 年末は旅先で、そして帰省し地元で

記事を読む

塩豚と大根のスープ

塩豚と大根のスープ、わかめと卵の炒めもの献立。

あれ、今週で2月終わるのか。そうかそうか。 暦の上ではすっかり春、とはいえまだまだ温か

記事を読む

にんじんと青梗菜のツナ炒め レシピ

家飲み献立 2/26 にんじんと青梗菜の炒め物、三つ葉と葱のサラダ。

近頃やたらお腹が空くんだけど、成長期かしら。← 家でご飯や麺類を殆ど食べない生活ゆえに

記事を読む

赤丹

神奈川の酒 丹沢山純米 牛しゃぶ三つ葉おろし、わかめの生姜炒めで晩酌。

関東地方コンプリート! 近所の酒店を巡るもどうにも神奈川の酒に出会えず、通販でオーダー

記事を読む

秋の献立 10/7 豚で肉豆腐他全5品の晩酌。

台風は過ぎたけど、気温は下がる。 あー、冬に向かってるんだなあと実感する天気でした。

記事を読む

魚に鶏に麺に芋 徳島で食べたもの 高速バスで行く徳島の旅 その5

神戸から高速バスで出かけた徳島の旅記録。最後は滞在中に行ったお店、食べたものをまとめます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑