つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムル献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め献立

辛味の効いた青菜炒めって、南国の味だよなあ。

暑い国のレストランで出てくる青菜炒めには空芯菜が使われていることが多いでしょうか。

野菜不足を解消したくて、サイドメニューに見かけたらついつい注文してしまうのだけれど、シャキッと感が無くなっていたり、しょうゆ味で煮込まれたかのような濃い味で提供されたりなどという失敗も少なくない青菜炒め。ああ、どうかささっとシャキッと炒めておくれ、と毎度祈ったものです。

自分で作るとなればその辺りの塩梅が自分次第なのでいいですね。今日は空芯菜じゃなくて、つるむらさきで作ります。

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムルで晩酌

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムル

  • キャベツとベーコンのスープ
  • ぬか漬け
  • 紫大根のナムル
  • つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め

キャベツとベーコンのスープ

キャベツとベーコンのスープ

細かく刻んだベーコンとキャベツをオリーブオイルを引いた鍋で炒めて水を注ぎ、荒く潰した粒胡椒を加えて煮込みます。最後に塩で調味して完成。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは新玉ねぎ、かぶ、かぶの葉、にんじん。

紫大根のナムル

紫大根のナムル

千切りにした紫大根を塩もみしてしんなりしたらごま油、ごま、胡椒を加えてざっくり混ぜます。

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め

フライパンに油と潰したにんにく、小口に切った唐辛子を入れて火にかけ、香りがたったら鶏ひき肉を入れて炒めます。ざく切りにしたつるむらさきいの茎部分、葉部分を時間差で投入し、ナンプラーとしょうゆを加えて炒め合わせたら完成。

唐辛子の辛さをしっかり効かせた炒めもの。これはやっぱりビールですね。ご飯にぶっかけて食べるのもまたよし。

ビールのおつまみ

青菜だけの炒めものならばこのサイズで何ら問題はないのだけれど、ひき肉となじみをよくするのならば細かく刻んだほうがよいのでは。

炒め始める直前でそんな考えが浮かんだのだけど、まあいいかと惰性でそのまま炒めてしまいました。結果、ちょっと炒めにくかった。ご飯にかけるならば刻んだほうがそれっぽい仕上がりになるかもしれないなあ。

自分で作れば好みの状態に仕上げられる。それはいいけども、ナンプラー炒めにナムルにぬか漬けって、とっちらかってますね。ざっくりアジアで括りましたよ、ってところでしょうか。いずれにせよ、スープは仲間外れ感ある。

 




関連記事

ぶりと青菜のしょうが蒸し献立

ぶりあらと青菜のしょうが蒸し、トマト塩昆布奴献立。

近所の八百屋でやや小ぶりのトマトが目に入り、手に取る。赤々としていて見るからに旨そうだったか

記事を読む

鶏と水菜の酒蒸し 献立

鶏と水菜の酒蒸し、トマト納豆。

今日は珍しく遅いランチで、おまけにデザートまでしっかり食べちゃったものだからお腹が減らず。

記事を読む

笑い転げながらワインを学ぶ。「黄金の丘で君と転げまわりたいのだ」

いやー、笑った。 笑いました。 先日読み始めたワイン本、黄金の丘で君と転げまわり

記事を読む

鶏もも焼き、小松菜のオイル蒸し。

鷄もも肉は大きめにカットして売られていることが多いのですが、今日は100gの可愛い切り身が出

記事を読む

塩鮭と白菜の酒粕煮献立

白菜と塩鮭の酒粕煮、せりのおろし和え献立。

先日生まれて初めてきりたんぽ鍋を食べました。 ご飯をまとめて焼いたものが入ってる鍋でし

記事を読む

鯖大根

鯖大根、小松菜のおひたし献立。

本日は余り鯖で。 鯖納豆、さつまいもと半熟卵の温サラダ献立。 おろし和えにしよう

記事を読む

なすとピーマンのツナ和え、おつまみやっこ献立。

なすとピーマンのツナ和え、おつまみやっこ献立。

酒が飲めないとなると急激に調理意欲が落ちる。このおかしな体質を改善すべく、最近は酒があろう

記事を読む

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その7. 花蓮駅 花東特蔬便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を食べてみるのもなかなか楽しそう。 そんな思いつきが今回の台

記事を読む

豚肉と白菜のゆず蒸し献立

もずく豆腐、豚肉と白菜のゆず蒸し献立。

さっさと作りたい、ほったらかしにしたい、野菜山盛り頬張りたい、でも旨くなきゃいやだ。そんな

記事を読む

きのこスープ

スープを3日間食べ続けて旅行の疲れを癒す。

旅行から帰るとかなりの確率で増量します。で、増量分は帰宅後3日で落とす、というスタイルがここ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑