家飲みつまみ 黄身つくねと生ピーマン、白菜のサラダ。

公開日: : 家飯, 食べること ,

つくねに卵黄と生ピーマンを添えて

鶏団子はスープとか鍋物とか、とにかく

「茹でる」

という調理法を用いることが圧倒的多数である我が家。

珍しく焼いたものを食べたくなったので、甘辛いタレの焼きつくねを。ちょうどピーマンが残っていたのも好都合でした。




黄身つくねと生ピーマンで晩酌

焼きつくねの献立例

  • 糠漬け
  • 千切り大根と搾菜のスープ
  • 焼き茄子のナンプラー和え
  • 白菜サラダ
  • 黄身つくねと生ピーマン

糠漬け

にんじんと白菜とオクラの糠漬け

本日の糠漬けはにんじん、白菜、オクラの3本立て。

千切り大根と搾菜のスープ

千切りにした大根と搾菜のスープ

千切りにした大根と搾菜、鶏ひき肉をごま油でさっと炒めてから水、塩、胡椒を入れ煮込んだスープ。ひき肉使い回しなのは、また鶏ガラスープを買い忘れたからです。

焼き茄子のナンプラー和え

焼き茄子のエスニック風味

フライパンでこんがり焼いて皮を剥いた焼き茄子。細く裂いてナンプラー、酢、輪切り唐辛子を合わせたタレで和えました。茄子を裂く時に出る美味しい出汁も余すところなく混ぜ込みます。

白菜サラダ

白菜を生で食べるサラダ

おなじみ白菜サラダ。細く切った白菜を水にさらしてパリッとさせて水を切ってオリーブオイルとポン酢で和え、鰹節、塩昆布、ごまを振ります。鰹節や塩昆布に塩気があるのでポン酢はほんの少しでOK。あればポン酢じゃなくて柑橘類を絞るだけでも。白菜は芯の部分を使うとより甘くて美味しいです。

黄身つくねと生ピーマン

つくねと生のピーマン

鶏ももひき肉に塩、胡椒、酒、おろし生姜、卵白を順に入れ都度練り、最後にみじん切りの葱と片栗粉を合わせたものを加えさらに練ります。これをまとめて油を引いたフライパンで両面こんがり焼いたら取り出し、同じフライパンに醤油とみりんを入れ軽く煮詰めてタレを作ります。付け合せは卵の黄身と生のピーマン。

普段は卵白入れないんだけど、黄身を使った余りを投入したらちょっとタネが柔らかくなってハンバーグ型になってしまった。本当はもっと細長く作るつもりだっったんだけどな。でも、ふわっふわで美味しいつくねになりました。

一人暮らしの料理レシピ

そして以前「孤独のグルメ」で見てこれはイケるだろうなあと思っていたつくね+生ピーマン。大体相性の想像はついていたんだけど、なんだこれ、想像以上に旨いじゃないか!

ピーマンの肉詰めなんて料理もあるし、ひき肉とピーマンが合うのは周知の事実なんだけど、生になると歯ざわりと風味が加わるからか、ふわふわつくねとのコントラストが楽しくていい。
今回は甘辛だれと黄身をつける、という濃厚コンビも楽しみたかったのでタレを半分だけかけたけど、生ピーマンとあわせるならば個人的には塩つくねのほうがいいと感じました。

これはまた食べよう。そして今度はもちょっとちゃんと成形しよう。

ところでひき肉といえばその昔、欽ドンでフツオ君がミンチカツがどうのこうのと発言して会場全体が妙な空気になり、事情を把握したフツオ君が

「大阪ではミンチカツって言うんや!」

と叫んでいるのを見てなんのことやらさっぱりわからなかった幼少の私。

最近ではあれ?どっちがどっちだったけ?と混乱する程度にはミンチカツも市民権を得てきたような気がしていたのですが、それは私が長らくミンチカツを食べていないからだ、ということが判明いたしました。

 






関連記事

moisturechiken

一人暮らしの家飲みメニュー 7/8 鶏レバーのしっとり煮

人間、歳を取ると食の好みが変わるといいます。確かに幼少の頃に好んだ料理を40歳過ぎても食べ続

記事を読む

180710_ienomi_7

豚肉とわかめの冷しゃぶ、しらたき明太子献立。

漬もの在庫がダブついてきたので、豪勢に盛り付けてやりました。 たった5種類で豪勢、は言

記事を読む

160408wine3

カヴァで家飲み 白菜ステーキ、アボカドのグラタン。

そろそろ冷やすかな。 1本だけ残っていたカヴァを夕方頃にそっと冷蔵庫にオン。冷たい泡で

記事を読む

なべしぎ

なすとピーマンのしょうが味噌炒め、おつまみ奴で晩酌。

先日迷って却下した方のメニューをうっすらとスライド。 関連 肉豆腐、なすと三つ葉のサラ

記事を読む

原了郭 黒七味 詰め替え

原了郭の黒七味を銀座で調達。

先日銀座でふと思い出し、いそいそとデパ地下へ。 私の数少ない愛用調味料である黒七味が切

記事を読む

160322wine

トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

記事を読む

160715.ienomi_7

晩酌簡単おつまみ 牛肉とトマトのしょうゆ炒め、きのこと三つ葉の卵とじ。

赤身が多い牛肉の切り落としが安く売られていたのでついつい手に取る。 昔は脂がしっかり入

記事を読む

賀茂鶴特製ゴールド大吟醸

広島の酒 特製ゴールド賀茂鶴 大吟醸 まぐろカマの塩焼きで晩酌。

近畿地方が終了し、さらにコマを進めます。 ツアー開始序盤になぜか島根は済ませてしまったので

記事を読む

沖縄の酒 黎明

沖縄の酒 黎明 本醸造で晩酌 ソーキと大根のスープ煮、れんこんの黒酢炒め献立。

約2年に渡り続けてきた日本全国酒巡り、いよいよ完結です。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

尾の身塩焼き

まぐろ尾の身塩焼き、小松菜の塩昆布和え献立。

鮪の尾の身って結構気軽に手に入るのだな、と。 築地市場の店なんかではステーキなぞになっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑