香川の酒 川鶴 純米吟醸 wisdomで晩酌 牛肉と大根の塩煮、わかめと揚げのぬた。

公開日: : 最終更新日:2018/11/14 家飯, 食べること ,

香川の酒 川鶴

進んでいます、進んでいます。とうとう香川県までやってまいりました。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

香川は数年前に仕事で行って以来ご無沙汰ですが、うどん食べたいです。当時も一応食べましたけどもお客さんと一緒だったし、仕事がらみだと何かとアレなので、ひとりでふらっと気ままにうどん食べに行きたいです。

今日は日本酒です。うどんは出てきません。

香川の酒 川鶴 純米吟醸 wisdom

川鶴 純米吟醸

蔵元は観音寺市の川鶴酒造。

参考 お酒のこと(川鶴酒造)

かつて防空壕だったという地下室を冷貯蔵庫として利用しています。ここの冷貯蔵庫は商品化されているお酒ではなく特別な酒が貯蔵されています。斗瓶で囲っている長期熟成酒がメインで、一番古いお酒は昭和43年に製造されたものがあります。室温5度の低温貯蔵庫で貯蔵されています。

そろそろ50年ってところですね、どんな状態になっているのでしょうか。古い酒といえば以前書いた酒蔵巡りでも美しい展示があったなあとふと思い出す。気になるね、やっぱり色は濃くなっていくのかな。

関連 灘の酒蔵巡り アクセス便利でおすすめ。 その1. 櫻宴 櫻正宗記念館

しかしこの純米吟醸、なぜにwisdomとされたのか。ネーミングに込められた思いを探るべく、オフィシャルサイトをくまなくチェックしてみたのですが、このサイト、商品に関する記述が一切ないのです。蔵や社員さんの紹介や沿革などに関するコンテンツはあるし、SNSもまめに更新されているようなのですが、お酒に関する解説がない。

商品解説読みたがりの私からするとやや残念なのだけど、もしかしたら消費者に商品を語るお役目は販売店に委ねているのかも、なんて深読みしてみたり。もちろんただの妄想です。

さて、優雅に羽を広げる鶴があしらわれたラベルを眺めつつ一口。とろり。
旨味が濃いというのでしょうか、若干のとろみも感じられる舌触り。フルーティーな香りとは裏腹のどっしりした味わいがいい感じです。すっきりとした後味もなかなか軽快でもう1杯飲みたくなる。軽く冷やしたものと常温を試してみたけれど、冷やしたほうが旨いと感じるのは暑さゆえ、かな。

香川の酒 川鶴 純米吟醸 wisdom データ

蔵元  川鶴酒造(香川県・観音寺市)
種類  純米吟醸
精米歩合  58% (雄町米)
日本酒度  +7
酸度  1.8
アルコール度  16度

 

牛肉と大根の塩煮、わかめと揚げのぬた献立

川鶴純米吟醸wisdomで晩酌

  • 大根の塩昆布和え
  • 焼きなす
  • ほうれん草とにんじんのごま和え
  • わかめと油揚げのぬた
  • 牛肉と大根の塩煮

大根の塩昆布和え

大根の塩昆布和え

薄切りにして塩もみした後さっと洗った大根を塩昆布と合わせたもの。

焼きなす

焼きなす

皮ごとじっくり焼いたスタンダードな焼きなす。ねぎとおろししょうがを添えて、しょうゆで。

ほうれん草とにんじんのごま和え

ほうれん草とにんじんのごま和え

茹でたほうれん草とにんじんをすりごまとしょうゆで和えたもの。

わかめと油揚げのぬた

わかめと油揚げのぬた

戻したわかめとフライパンで両面カリッと焼いた油揚げ、茹でたねぎにからし酢味噌を添えて。

牛肉と大根の塩煮

牛肉と大根の塩煮

一口大に切った牛もも肉に塩をすりこみ鍋に入れ、大根、しょうがの薄切り、出汁昆布、粒胡椒、酒、水を入れて火にかけアクをとりながら弱めの火でじっくり煮ます。牛肉と大根がやわらかくなったら完成。

使った牛肉はカレー用とされていたもの。脂身の少ない部位なのでトロトロではなくホロホロ系。牛肉と大根を煮るなら甘辛しょうゆ味にするか、韓国風ピリ辛もいいな、とあれこれ考えたものの、結局シンプルな塩煮にしてしまったのでした。薄味に仕上げてちょろっとポン酢をたらすのもよさそうです。

日本酒にあうおつまみレシピ

この手の煮ものは塩豚や鶏の手羽先あたりを使うことが多いけれど、牛肉の出汁をシンプルに味わうのもたまにはいいですね。昔はよく圧力鍋を使って牛すじ煮たりしてたけれど、近頃めっきり料理に手間をかけなくなりました。圧力鍋も手放しちゃったしね。

おかげで料理のレパートリーは狭まるばかりですが、同じ調理法でも材料が変われば味は変わる。この塩煮ひとつとっても豚、塩豚、手羽先、鶏もも肉、牛肉と肉が変われば違った出汁が味わえるし、大根をじゃがいもやキャベツに変えるという手もあってあら不思議、結構あれこれ楽しめます。

 




関連記事

糠漬け

野菜のおつまみ 新じゃがの煮ころがし、糠漬け。

何年ぶりでしょうか。 ついに大好物である糠漬け体制を構築しました。 夏の晩酌には

記事を読む

まぐろの尾の身ステーキ献立

まぐろの尾の身ステーキ、白菜のサラダ献立。

焼いてステーキと銘打てばなんでもご馳走。野菜も豆腐も漬ものも、ステーキになれば一気にゴージャスな

記事を読む

大根葉と油揚げの炒め煮献立

大根葉と油揚げの炒め煮、きのこおろし献立。

大根は煮たり焼いたりおろしたり、どんな風に扱うのも好きです。 そして、大根葉も好きです

記事を読む

秋刀魚の酒蒸し

秋刀魚のしょうが蒸し、ネギ塩奴で家飲み。

お久しぶりです、秋刀魚です。 ついにこの時がやってまいりました。今季初秋刀魚、遅ればせ

記事を読む

鹿児島の酒 薩州 正宗 純米吟醸で晩酌 ぶりの粕汁、焼きさつま揚げ献立。

本体は現在常夏の島にて軟禁状態にありますが、まだUPしていなかった晩酌記録をこの辺りで投下し

記事を読む

ヤーコンつくねおろし添え

ヤーコンつくねおろし添え、キャベツとえのきのわさび和え献立。

ヤーコンメニュー第二弾です。ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立

記事を読む

ごぼうと牛肉のしぐれ煮献立

ごぼうと牛肉のしぐれ煮、小松菜の白和え献立。

しっかり濃い味に煮詰めたしぐれ煮。この手のおかずはごはんも進むし、お弁当のおかずにもいいし、

記事を読む

砂肝のにんにく炒め

砂肝の葱塩炒め、蕪の梅サラダ献立。

天気のせいでしょうか、スーパーの品揃えが不作です。 毎日お世話になっているのに不作など

記事を読む

牛肩ロースステーキ献立

家飲み献立 牛肩ロースステーキおろし和え、せりのおひたし。

スーパーが豊作でした。 柔らかそうな春キャベツに前に食べて美味しかったタコ、好物の栃尾

記事を読む

家飲みメニュー 8/4 酒肴ちょこちょこ盛り。

先ほど器に関する記事を書きましたが、今使っている揃いの器は思いっきり酒呑み仕様の肴サイズだという

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑