持たない女の賞味期限。

公開日: : 最終更新日:2018/05/17 ミニマルライフ, 捨てる

tokyostation_7

急に仕事で家を空けることになってしまったので、冷蔵庫をチェックして泣く泣く卵を処分したという友人。

聞けば、2日後に賞味期限を迎える卵が2個冷蔵庫に残っていて、自宅に戻れるのは3日後だから仕方ない、とのこと。

ん?てことは、賞味期限1日でも過ぎたらもう食べないってこと??

すみません、私、卵なら1週間くらい平気で期限伸ばしてます。

口に入れるものの賞味期限

アンチョビドレッシングのサラダ

賞味期限を1週間過ぎた卵。

もちろん生食は控えますけども、火を入れるなら全然問題ないじゃないか、と細かいことは全く気にせずここまで暮らしてきました。卵に限らず、あらゆる食品の賞味期限は己の責任下で決めるところがあり、一応数字は目安にするものの、ヤバそうじゃなければ食べちゃうし、逆に色とか見た目とか臭いとかが奇妙ならば手出ししない。

とはいえ、最近は大量仕入れをしなくなったので、幸い食材を無駄にすることはほぼなくなりましたけどもね。

料理に時間をかけないための、作りおき以外の方法。

無駄買いして結局捨てる、を繰り返すのはさすがに問題ありだけれど、致し方なくというケースは誰にだってある。そして、賞味期限に対する考え方も各家庭でさまざまなんだろうなと思う。

単純に友人が潔癖な性格で私がガサツだという違いからくるものでもあるだろうし、食べられるとわかっていてもなんとなく避けたいとか、そもそも胃腸が弱いのでむやみにリスクは取らないスタイルとか、食べ物はちょっとダメになってからが本番だっておばあちゃんが言ってたとか、それぞれがそれぞれの理由をもって賞味期限を判断しているのでしょう。

だからこそ、人は時に間違うのでしょう。

体に触れるものの賞味期限

aveda_2

先日100年ぶりにワックスを買ったんですよ。ワックス。ヘアワックス。

ワックスなんて髪が短い時、しかもちょっと頭触ってますよ風を装いたい時にしか使わないものだから、全然減らない。それがわかっているからめちゃくちゃ小さいサイズを持っていたのに、それでも酷く長持ちするのです。

長年愛用、とうか、減らないから使い続けているワックスはメンズ向けのそれで、束感を出すテクスチャ固めのもの。メンズナックルばりの盛り王GUYスタイルならばこの手のワックスを湯水のように使うのだろうなと想像しつつ、パール粒にも満たない分量を気まぐれに毛先につける程度のお付き合いを長年続けておりました。つける意味あるんですかね、これ。まあ気持ちの問題ですよ。

で、ここのところショート時期もそれなりにあったものですから、先日とうとう使い切りまして、同じものを買ったら、なんと柔らかかったのです。『束感を出すテクスチャ固めのワックス』のはずだったのに、固めの乳液くらいの柔らかさだったんです。

いやー驚いた。

真実は、わからない。何しろ100年ぶりの購入ゆえ、私の知らない100年の間にリニューアルされて使いやすく柔らかくなったのかもしれない。でも、劣化して水分が失われて徐々に固くなっていたことに気付かず使い続けていた可能性のほうが大きい。

いくら私がおおらかな性格でも、化粧品とか石鹸とか直接肌につけるものはそれなりに気をつけていて、古いものは使いません。そもそも肌弱いし、近頃では使用するアイテム数がぐっと減ったこともあり、以前のように中途半端に使いかけのスキンケア製品がゴロゴロ、なんてこともなくなった。

旅に持参するスキンケアとメイク用品

髪も体の一部なのに、どうしてこう雑に扱ってしまうのでしょう。多いし、伸びるの早いし、どうせすぐまるっと入れ替わるでしょ?とか心のどこかで軽んじているんですかね。なんかごめんね。

細かことを気にしない性格はいろいろラクですが、食べ物以外でも賞味期限にはもうちょい気をつけようと思います。あ、食べないんだから賞味じゃなくて消費、か。

 




関連記事

今日捨てたもの 8/13 どこのか、何のかわからない鍵。

今月は毎日何か1つづつ手放すと決め、日々実行しています。 1つ。 といっても厳密

記事を読む

湯シャン生活5ヶ月目の髪、頭皮、そして白髪について。

シャンプーを使わなくなってから5ヶ月が経過しました。 ちょっとびっくり。5ヶ月って結構な期

記事を読む

実家の片付け問題とは無縁でも、次の帰省でしたいこと。

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)[/caption] 40代、50代と年齢を

記事を読む

秋・2週間の旅の荷物 ナイロントートひとつでまかなえるか。

約2週間の旅の荷物。 冬場は難しいとしても、今の時期ならば普段使いのナイロントートで十

記事を読む

家を持たない旅暮らし。

8月ももう後半。 そして2016年も絶賛後半戦といったところですが、今年は現時点で既に

記事を読む

ブログ更新は人生の貴重な時間の無駄使い。

By: scott feldstein[/caption] 習慣で毎日ブログを書いています。

記事を読む

キツい時こそ、好きなことをする。

いやあ、今月は大忙しでしてね。 嘘です。大きく出ました。忙しくはないです。相変わらず

記事を読む

コツコツ貯めるか、さっさと使うか。

近所の八百屋とか居酒屋だとかの個人店舗は例外として、基本的に買い物の支払いはクレジットカード

記事を読む

ミニマリスト主婦の冷蔵庫

70代ミニマリスト主婦が団子を練らない理由。

先日もコメントをいただきましたが。 関連 70代ミニマリスト主婦の財布。 母の習

記事を読む

スマホがベッドにある弊害。

iPodの充電ケーブルが断線したので買い換えました。 思い起こせばiPhoneからiPod

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑