持たない女の賞味期限。

公開日: : 最終更新日:2018/05/17 ミニマルライフ, 捨てる

tokyostation_7

急に仕事で家を空けることになってしまったので、冷蔵庫をチェックして泣く泣く卵を処分したという友人。

聞けば、2日後に賞味期限を迎える卵が2個冷蔵庫に残っていて、自宅に戻れるのは3日後だから仕方ない、とのこと。

ん?てことは、賞味期限1日でも過ぎたらもう食べないってこと??

すみません、私、卵なら1週間くらい平気で期限伸ばしてます。

口に入れるものの賞味期限

アンチョビドレッシングのサラダ

賞味期限を1週間過ぎた卵。

もちろん生食は控えますけども、火を入れるなら全然問題ないじゃないか、と細かいことは全く気にせずここまで暮らしてきました。卵に限らず、あらゆる食品の賞味期限は己の責任下で決めるところがあり、一応数字は目安にするものの、ヤバそうじゃなければ食べちゃうし、逆に色とか見た目とか臭いとかが奇妙ならば手出ししない。

とはいえ、最近は大量仕入れをしなくなったので、幸い食材を無駄にすることはほぼなくなりましたけどもね。

料理に時間をかけないための、作りおき以外の方法。

無駄買いして結局捨てる、を繰り返すのはさすがに問題ありだけれど、致し方なくというケースは誰にだってある。そして、賞味期限に対する考え方も各家庭でさまざまなんだろうなと思う。

単純に友人が潔癖な性格で私がガサツだという違いからくるものでもあるだろうし、食べられるとわかっていてもなんとなく避けたいとか、そもそも胃腸が弱いのでむやみにリスクは取らないスタイルとか、食べ物はちょっとダメになってからが本番だっておばあちゃんが言ってたとか、それぞれがそれぞれの理由をもって賞味期限を判断しているのでしょう。

だからこそ、人は時に間違うのでしょう。

体に触れるものの賞味期限

aveda_2

先日100年ぶりにワックスを買ったんですよ。ワックス。ヘアワックス。

ワックスなんて髪が短い時、しかもちょっと頭触ってますよ風を装いたい時にしか使わないものだから、全然減らない。それがわかっているからめちゃくちゃ小さいサイズを持っていたのに、それでも酷く長持ちするのです。

長年愛用、とうか、減らないから使い続けているワックスはメンズ向けのそれで、束感を出すテクスチャ固めのもの。メンズナックルばりの盛り王GUYスタイルならばこの手のワックスを湯水のように使うのだろうなと想像しつつ、パール粒にも満たない分量を気まぐれに毛先につける程度のお付き合いを長年続けておりました。つける意味あるんですかね、これ。まあ気持ちの問題ですよ。

で、ここのところショート時期もそれなりにあったものですから、先日とうとう使い切りまして、同じものを買ったら、なんと柔らかかったのです。『束感を出すテクスチャ固めのワックス』のはずだったのに、固めの乳液くらいの柔らかさだったんです。

いやー驚いた。

真実は、わからない。何しろ100年ぶりの購入ゆえ、私の知らない100年の間にリニューアルされて使いやすく柔らかくなったのかもしれない。でも、劣化して水分が失われて徐々に固くなっていたことに気付かず使い続けていた可能性のほうが大きい。

いくら私がおおらかな性格でも、化粧品とか石鹸とか直接肌につけるものはそれなりに気をつけていて、古いものは使いません。そもそも肌弱いし、近頃では使用するアイテム数がぐっと減ったこともあり、以前のように中途半端に使いかけのスキンケア製品がゴロゴロ、なんてこともなくなった。

旅に持参するスキンケアとメイク用品

髪も体の一部なのに、どうしてこう雑に扱ってしまうのでしょう。多いし、伸びるの早いし、どうせすぐまるっと入れ替わるでしょ?とか心のどこかで軽んじているんですかね。なんかごめんね。

細かことを気にしない性格はいろいろラクですが、食べ物以外でも賞味期限にはもうちょい気をつけようと思います。あ、食べないんだから賞味じゃなくて消費、か。

 




関連記事

今日捨てたもの 8/3 いただきものアクセサリーを処分。

友達から貰ったプレゼントや旅のお土産。 昔はいただいたものを捨てるのは申し訳ない気がし

記事を読む

毛皮のコート 誰も着ないのにクローゼットにある理由。

By: Mic[/caption] とにかく気に入った洋服を長く使いすぎる傾向があるので古く

記事を読む

持つストレス、持たないストレス、おこだわり。

分厚い参考書類のおかげで自分にはやや重く、そして多すぎた感のある今回の旅の荷物。その重量に疲

記事を読む

服を減らして旅から手ぶらで戻るには。

旅の荷物を減らすポイントは洋服類と化粧品類。この2点に全てがかかっていると言ってもいいでしょ

記事を読む

使わない香水の買取見積を依頼してみた。

先日手放すことを決めて倉庫に移動させていた香水。 MODE OFFで服を買い取ってもら

記事を読む

40代のヒール

ヒールが辛い、大人のヒールの選び方。

By: THOR[/caption] 華奢なヒールや重たい鞄をなんとなく遠ざけるお年頃。

記事を読む

選択肢過多(Choice Overload)その2 選択肢を減らして、リソースを増やす。

さて、選択肢過多(Choice Overload)に関して続きです。 参考  “選択肢

記事を読む

シンプルライフの成れの果て。

普段は朝と夜の1日2食体制を基本としていますが、誰かと一緒にとか、打ち合わせを兼ねて、なんて

記事を読む

宝物をいくつ持っているか。

By: Dave Fayram[/caption] 雨の日にはなんだか部屋の中が狭く思えてま

記事を読む

ギョサン デニム

ギョサンの季節になりました。

By: Basheer Tome[/caption] さて、春をすっ飛ばして夏を満喫中です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

たらと豆腐のさっと煮
たらと豆腐のさっと煮、キムチ納豆で晩酌。

どうしようもなく魚気分だった帰り道、スーパーに駆け込みました

80代両親に関する50代の娘の悩み。

年末年始に帰省した際、所用で両親と共に家電量販店へ行きました

焼き大根
焼き大根、豚肉とほうれん草のからし和えで晩酌。

いい感じに太さのある大根がある。おまけに、時間の余裕もある。

ミニマリスト主婦の新春コーディネート。

みんなのマドンナ、ミニマリスト主婦シリーズです。ミニマリスト

鶏もも肉と水菜の酒蒸し献立
鶏もも肉と水菜の酒蒸し献立

新年最初の更新ではありますが、平常運転の晩酌献立ストック投下

→もっと見る

PAGE TOP ↑