漬けもの納豆、白菜の煮浸し献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

漬けもの納豆、白菜の煮浸し

漬けもの納豆。
あまりにもヒネりのないネーミングで恐縮ですが、漬けもの納豆です。

冷蔵庫に常駐させているぬか床が夏場は大活躍、なのですが。

関連 まぐろ納豆、ぬか漬けで晩酌。

漬かり過ぎて酸っぱくなったぬか漬けは他の食材に混ぜて調味料的に使います。塩っぱいからね。

漬けもの納豆、白菜の煮浸しで晩酌

170718dinner_7

  • オクラとわかめの味噌汁
  • 白菜の煮浸し
  • 鶏肝煮
  • 漬けもの納豆

オクラとわかめの味噌汁

オクラとわかめの味噌汁

切らしていた煮干しを補充したので、本日の味噌汁はいりこだし。オクラが入るとぬるりとした粘りが出ていいですね。

白菜の煮浸し

白菜の煮浸し

こちらも同じくいりこだし。塩、みりん、しょうゆで薄く味付けした出汁で白菜と油揚げを煮ました。

鶏肝煮

鶏肝煮

ちびちび食べていた鶏肝煮もこれにて終了。

漬けもの納豆

漬けもの納豆

刻んだ古漬けと千切りの大葉を納豆と合わせてごま油をまわしかけます。使った漬けものはにんじん、なす、キャベツ。

いつもは豆腐に乗せる古漬けを今回は納豆に。豆腐も納豆も豆ですからね、問題ありません。ぬか漬けに限らず、たくあんとか柴漬けとか、納豆と漬けものの組み合わせは妙に旨い。ポリポリ旨い。

おつまみレシピブログ

夏場にはほとんど使うことのない白菜が珍しく白菜が登場しました。なぜなら八百屋の隅で申し訳なさそうに叩き売られていたからです。なんか不憫だったので、いりこ出汁でとろりと柔らかく煮てやりました。

白菜なんてものは今日日年がら年中手に入るのでさほど旬を気にする野菜でもないかもしれませんが、やっぱり冬のイメージが強い。とんでもない都会に暮らしていても、商店街の八百屋を覗けばそこにはれっきとした旬が存在していて、ああ夏だなと嬉しくなったり、もう秋かと切なくなったりできるのです。

しかし、ゴーヤはまだか。

ゴーヤが食べたいのだけど、頃合いのゴーヤが店頭に並んでいない。毎年この時期には初ゴーヤを済ませているはずなのに、なぜゴーヤが見当たらないのだ。

などとハラハラできるのも家飲み晩酌生活の醍醐味であります。

 




関連記事

ホエー(乳清)を使って簡単カクテル。

家では専らすぐ呑めるビールやワイン、日本酒がメインで、食後に楽しむのはウィスキーが定番。

記事を読む

BERG(ベルク)新宿でひとり飲み。カフェなんだからひとりでも平気。 

私は大抵の場所に一人で行ってしまう性質なので「ひとりで呑みに行けるって羨ましい」 などと言わ

記事を読む

サバ缶と新玉ねぎのサラダ

鯖と新玉ねぎのサラダ、鶏出汁トマト春雨スープで晩酌。

新玉ねぎがあまりにも旨くて連打。 と言っても最初に購入したものを毎日少しづつ食べている

記事を読む

蕪と塩豚のしょうが煮

晩酌メニュー 蕪と塩豚のしょうが煮、セロリとザーサイ奴。

予定通りの温かいもの。 そして蕪祭り。 ビジュアルがなんだか真冬の食卓、熱燗での

記事を読む

春菊のサラダ

ワインで家飲み チキンのトマト煮、春菊と柿のサラダ。

季節外れだけど大ぶりの美味しそうなトマトを発見。 これは煮込みにでもするかなーと、赤か

記事を読む

潮汁

潮汁、えのきあんかけ豆腐献立。

ここのところ真っ当な和献立が続いていて、それなりに満足度が高かったのですが久々にやってしまい

記事を読む

にんじん炒め献立

にんじんの炒めもの、三ッ葉と油揚げのおろし和え献立 。

先日にんじんを爆買いしたんですよ。 まあ「爆」ってのは嘘なんですけど。単に買っただけ

記事を読む

なすのにんにく炒め

なすのにんにく炒め、ちくわとピーマンの塩昆布和え献立。

そろそろなすが手に取りやすくなってきたような。 今日日なすなんて年がら年中出回っている

記事を読む

蒸し鶏のニラトマト和え

蒸し鶏のニラトマト和え、たたきレンコンのスープ献立

まだまだ思い通りに進められない夕食作り。 台所というものはいくら広くて機能的で使い勝手

記事を読む

油揚げと葱のしょうが炒め

家飲み献立 2/3 春雨入り白菜とツナのあっさり煮、油揚げと葱のしょうが炒め。

  2月3日は節分でしたね。 帰りにいつものスーパーに寄ってびっくり。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出し

今治タオルトゥシェ フェイスタオル
仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていまし

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのか

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑