漬けもの納豆、白菜の煮浸し献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

漬けもの納豆、白菜の煮浸し

漬けもの納豆。
あまりにもヒネりのないネーミングで恐縮ですが、漬けもの納豆です。

冷蔵庫に常駐させているぬか床が夏場は大活躍、なのですが。

関連 まぐろ納豆、ぬか漬けで晩酌。

漬かり過ぎて酸っぱくなったぬか漬けは他の食材に混ぜて調味料的に使います。塩っぱいからね。




漬けもの納豆、白菜の煮浸しで晩酌

170718dinner_7

  • オクラとわかめの味噌汁
  • 白菜の煮浸し
  • 鶏肝煮
  • 漬けもの納豆

オクラとわかめの味噌汁

オクラとわかめの味噌汁

切らしていた煮干しを補充したので、本日の味噌汁はいりこだし。オクラが入るとぬるりとした粘りが出ていいですね。

白菜の煮浸し

白菜の煮浸し

こちらも同じくいりこだし。塩、みりん、しょうゆで薄く味付けした出汁で白菜と油揚げを煮ました。

鶏肝煮

鶏肝煮

ちびちび食べていた鶏肝煮もこれにて終了。

漬けもの納豆

漬けもの納豆

刻んだ古漬けと千切りの大葉を納豆と合わせてごま油をまわしかけます。使った漬けものはにんじん、なす、キャベツ。

いつもは豆腐に乗せる古漬けを今回は納豆に。豆腐も納豆も豆ですからね、問題ありません。ぬか漬けに限らず、たくあんとか柴漬けとか、納豆と漬けものの組み合わせは妙に旨い。ポリポリ旨い。

おつまみレシピブログ

夏場にはほとんど使うことのない白菜が珍しく白菜が登場しました。なぜなら八百屋の隅で申し訳なさそうに叩き売られていたからです。なんか不憫だったので、いりこ出汁でとろりと柔らかく煮てやりました。

白菜なんてものは今日日年がら年中手に入るのでさほど旬を気にする野菜でもないかもしれませんが、やっぱり冬のイメージが強い。とんでもない都会に暮らしていても、商店街の八百屋を覗けばそこにはれっきとした旬が存在していて、ああ夏だなと嬉しくなったり、もう秋かと切なくなったりできるのです。

しかし、ゴーヤはまだか。

ゴーヤが食べたいのだけど、頃合いのゴーヤが店頭に並んでいない。毎年この時期には初ゴーヤを済ませているはずなのに、なぜゴーヤが見当たらないのだ。

などとハラハラできるのも家飲み晩酌生活の醍醐味であります。

 






関連記事

150125d4

焼き鳥、鶏皮とキャベツのスープ。

料理記事を書くのはなんだかちょっと久しぶりですね。 今年に入ってからうろうろしていたの

記事を読む

トリュフ塩のオムレツ

トリュフ塩のオムレツで赤ワイン。

あれ、朝ごはん?朝からワインですか、いいご身分で。 そう言われても何ら不思議はないビジ

記事を読む

ごぼう入りつくね献立

ごぼうつくね焼き、たぬき豆腐献立。

ごぼうが余っていたのでひき肉と一緒にこねてやろうと思いました。 肉団子って感じでもない

記事を読む

kinoko_2

旅に出ると必ず太り毎回あっさり戻す件。

毎度のことですが見事に増量しました。重量にして約2kg増えました。 おいおいフィリピン

記事を読む

141002d5

魚の献立 10/2 さんまのホイル蒸し、春菊のごま和え。

今日は昼過ぎの雨に思い切りあたってしまいました。 突然の雨に見舞われても、結局捨てる運

記事を読む

鯖納豆献立

鯖納豆、酒粕漬け献立。

鯖缶ってそこそこ量が多い。 メーカーによりけりでしょうが、大体180g〜200gあた

記事を読む

焼き大根

家飲みおつまみ 焼き大根、分葱の梅しらす和え。

野菜を焼くだけ。 そういう料理とも言えない料理が好きです。 作るのが楽だから、と

記事を読む

Hualien_lunchbox18

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その7. 花蓮駅 花東特蔬便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を食べてみるのもなかなか楽しそう。 そんな思いつきが

記事を読む

151007_8

晩酌 おつまみ 秋刀魚の生姜蒸し、焼きレンコン。

この秋秋刀魚も3匹目。 日本人が食べる秋刀魚の量は平均すると3匹程度らしいのですが、

記事を読む

tsukiji150930

柏餅をひとつだけ買えるか。

柏餅が食べたい。 もともと柏餅は好きなお菓子だけれど、やはりこの時期に食べたくなるのは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

cebu-diary-06-2
今見えている現実は真実ではない。

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように

→もっと見る

PAGE TOP ↑