焼きつくねと生ピーマン、葱塩豆腐で晩酌。

公開日: : 家飯, 食べること

焼きつくね

先日オーダーしておいた日本酒が届いているぞ。しめしめ。

と勘違いして酒を買わずに帰宅してしまい、日本酒が1合程度しかないのにこんな献立にしてしまった悲しさよ。

足りないので結局は途中から白ワインに変えましたが。

味噌汁作っといて白ワインってのはどうにもこうにもアレですねえ。焼き鳥でワイン、は悪くないのでメインにはギリギリ対応できたものの、ちょっと寂しい。




焼きつくねと生ピーマンで家飲み

焼きつくね献立

  • 白菜漬け
  • 切り昆布の煮物
  • 三つ葉と揚げの味噌汁
  • 葱塩豆腐
  • 焼きつくねと生ピーマン

三つ葉と揚げの味噌汁

油揚げと三つ葉の味噌汁

細く刻んだ油揚げと三つ葉の味噌汁。出汁は煮干。

葱塩豆腐

葱塩豆腐

軽く温めた豆腐に葱のみじん切りを塩、胡椒、ごま油で和えたものを乗せた温奴。

焼きつくねと生ピーマン

焼きつくねと生ピーマン

タネは先日の鶏団子鍋と同じもの。棒状に形成したタネをフライパンに乗せ表面に焼き色がついたら酒を振り入れて蓋をして蒸し焼きに、中までしっかり火を入れます。付け合せは焼き葱と生ピーマン。

あとは残り物の切り昆布の煮物と白菜の漬物。こんなに素朴な和風献立なのに白ワインとはこれいかに。和食にワインならもうちょっとやり方があるよねえ、まあ今回はわざとじゃなくて、単に失敗というか勘違いが招いた結果なんだけど。

家飲みブログ

最近鍋→焼きつくね+ピーマンのコースがすっかり定番化。
つくねは甘辛いタレで照り焼きにして卵黄添えるパターンも美味しいんだけど、生ピーマンならやっぱり塩で、ってなっちゃうよねえ。あ、今回はタネの味付けに醤油とか味噌とかいろいろ入ってるから純粋な塩味とは言えないか。

しかし赤みが足りない。そして葉野菜も少なめでたんぱく質多め。
何しろ葉野菜フェチなのでおひたしとか蒸し煮なんかの葉野菜が一品もないとあれ、今日ちょっと野菜不足?と思ってしまうのです。よくよく考えれば葱も白菜もピーマンもにんじんもあって不足って程でもないんですけどね、習慣ってやつですかね。

 






関連記事

五人娘

千葉の酒 五人娘 純米で晩酌 うるいのおひたし、生わかめ炒め。

なんだか肉っけが続いていた先週。 休肝日明けの献立はちょっと軽めに組んでみました。注文

記事を読む

Hualien_lunchbox18

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その7. 花蓮駅 花東特蔬便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を食べてみるのもなかなか楽しそう。 そんな思いつきが

記事を読む

sobamiso

上野藪そばにてひとり蕎麦屋酒を楽しむ。

蕎麦屋で呑むのが大好きで、いろんな店に出向きます。 そして基本的には昼間に行くのが好き。(写真

記事を読む

神亀純米

埼玉の酒 神亀 純米辛口で晩酌 蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢、蕪のナムル。

関東地方の旅、順調に推移しております。 関連 勝手に日本酒全国ツアー いつもはこ

記事を読む

ピーマンとしらすの酒炒り

晩酌つまみ 9/10 ピーマンとしらすの酒炒り、かぼちゃとチーズのサラダ。

週末に出かける予定が二転三転。 食材を無駄にしたくないのでこういう時は何をいつ消費すべ

記事を読む

itsmyfirstcucmber

一人暮らしの家飲みメニュー 8/7 きくらげときゅうりの酢の物。

暑いときには体を冷やす食材を積極的に採って体内コントロールするとか、不便な時代を生きた方の知

記事を読む

塩鶏献立

塩鶏とキャベツのしょうが蒸し、とうもろこしのしょうゆ炒めで家飲み。

塩漬けというのは偉いもんですね。 そもそもは保存を目的として発達した調理法なんでしょう

記事を読む

140906d

家呑み献立 9/6 塩豚とレンコンのソテー、小松菜オイル蒸しなど。

今日は帰りが遅くなってしまったことと、コピーサイトの件以外にもいくつか残念な出来事があり、楽

記事を読む

晩酌献立

肉団子と春雨の煮込み、小松菜の梅海苔和え。

大鍋にドン、と具沢山の汁物などを作って日々消費していく、というスタイルが苦手です。 ラ

記事を読む

gray's papaya

ハンバーガーにホットドッグ、ニューヨークで食べたもの その1。

食事は旅のお楽しみのひとつ。 その土地ならではの味や雰囲気、匂いなんてものを求めてさて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-diary-122
オリジナリティにこだわらない。

久しぶりの快晴。 やはりこの島には青空が似合うなあ、こう

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。セブ日記 11

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑