焼きつくねと生ピーマン、葱塩豆腐で晩酌。

公開日: : 家飯, 食べること

焼きつくね

先日オーダーしておいた日本酒が届いているぞ。しめしめ。

と勘違いして酒を買わずに帰宅してしまい、日本酒が1合程度しかないのにこんな献立にしてしまった悲しさよ。

足りないので結局は途中から白ワインに変えましたが。

味噌汁作っといて白ワインってのはどうにもこうにもアレですねえ。焼き鳥でワイン、は悪くないのでメインにはギリギリ対応できたものの、ちょっと寂しい。

焼きつくねと生ピーマンで家飲み

焼きつくね献立

  • 白菜漬け
  • 切り昆布の煮物
  • 三つ葉と揚げの味噌汁
  • 葱塩豆腐
  • 焼きつくねと生ピーマン

三つ葉と揚げの味噌汁

油揚げと三つ葉の味噌汁

細く刻んだ油揚げと三つ葉の味噌汁。出汁は煮干。

葱塩豆腐

葱塩豆腐

軽く温めた豆腐に葱のみじん切りを塩、胡椒、ごま油で和えたものを乗せた温奴。

焼きつくねと生ピーマン

焼きつくねと生ピーマン

タネは先日の鶏団子鍋と同じもの。棒状に形成したタネをフライパンに乗せ表面に焼き色がついたら酒を振り入れて蓋をして蒸し焼きに、中までしっかり火を入れます。付け合せは焼き葱と生ピーマン。

あとは残り物の切り昆布の煮物と白菜の漬物。こんなに素朴な和風献立なのに白ワインとはこれいかに。和食にワインならもうちょっとやり方があるよねえ、まあ今回はわざとじゃなくて、単に失敗というか勘違いが招いた結果なんだけど。

家飲みブログ

最近鍋→焼きつくね+ピーマンのコースがすっかり定番化。
つくねは甘辛いタレで照り焼きにして卵黄添えるパターンも美味しいんだけど、生ピーマンならやっぱり塩で、ってなっちゃうよねえ。あ、今回はタネの味付けに醤油とか味噌とかいろいろ入ってるから純粋な塩味とは言えないか。

しかし赤みが足りない。そして葉野菜も少なめでたんぱく質多め。
何しろ葉野菜フェチなのでおひたしとか蒸し煮なんかの葉野菜が一品もないとあれ、今日ちょっと野菜不足?と思ってしまうのです。よくよく考えれば葱も白菜もピーマンもにんじんもあって不足って程でもないんですけどね、習慣ってやつですかね。

 




関連記事

にんじんのにんにく風味焼き、大根葉とツナのおろし和え献立

にんじんのにんにく風味焼き、大根葉とツナのおろし和え献立。

少し前に同じような料理を食べましたが今日は潔くにんじんオンリーで。ちょっとね、惜しかったんで

記事を読む

一人暮らしの家飲み

鰤と小松菜の香味蒸し、三つ葉奴で家飲み。

Back to the basic. 約1ヶ月の旅を終えて無事帰宅。というわけでいつも

記事を読む

ボイルドレバー

ワインで家飲み トマトとヨーグルトのサラダ、ボイルドレバー。

久しぶりにワインを仕入れました。 おかげで朝から今夜はワイン、ワイン、と、周りから見る

記事を読む

なすとピーマンのツナ和え、おつまみやっこ献立。

なすとピーマンのツナ和え、おつまみやっこ献立。

酒が飲めないとなると急激に調理意欲が落ちる。このおかしな体質を改善すべく、最近は酒があろう

記事を読む

凍みこんにゃくのごま味噌炒め

シチュー、凍みこんにゃくのごま味噌炒め献立。

シチューはご飯のおかずになるか? 或いは、ご飯にかけるか? このあまりに平和すぎる論争は、

記事を読む

かぼちゃのすっぱいスープ

蕪の葉のしらす炒め、かぼちゃと豆腐のスープ。

酷い雨です。 みなさま十分にお気をつけくださいませ。 こちらはといえば大きな被害

記事を読む

塩豚と大根のスープ

塩豚と大根のスープ、わかめと卵の炒めもの献立。

あれ、今週で2月終わるのか。そうかそうか。 暦の上ではすっかり春、とはいえまだまだ温か

記事を読む

目玉焼き丼献立

休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをのせるだけ。 簡単、旨い、

記事を読む

たこじゃが

たこじゃが、おくら奴で家飲み。

またじゃがいもです。 たことじゃがいもの組み合わせは地味なようで日本酒に合ういいつまみ

記事を読む

新玉ねぎ卵炒め献立

新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。 蒸し鶏の香味黒酢ソース、かぶの和サラダ献

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑