焼きつくねと生ピーマン、葱塩豆腐で晩酌。

公開日: : 家飯, 食べること

焼きつくね

先日オーダーしておいた日本酒が届いているぞ。しめしめ。

と勘違いして酒を買わずに帰宅してしまい、日本酒が1合程度しかないのにこんな献立にしてしまった悲しさよ。

足りないので結局は途中から白ワインに変えましたが。

味噌汁作っといて白ワインってのはどうにもこうにもアレですねえ。焼き鳥でワイン、は悪くないのでメインにはギリギリ対応できたものの、ちょっと寂しい。

焼きつくねと生ピーマンで家飲み

焼きつくね献立

  • 白菜漬け
  • 切り昆布の煮物
  • 三つ葉と揚げの味噌汁
  • 葱塩豆腐
  • 焼きつくねと生ピーマン

三つ葉と揚げの味噌汁

油揚げと三つ葉の味噌汁

細く刻んだ油揚げと三つ葉の味噌汁。出汁は煮干。

葱塩豆腐

葱塩豆腐

軽く温めた豆腐に葱のみじん切りを塩、胡椒、ごま油で和えたものを乗せた温奴。

焼きつくねと生ピーマン

焼きつくねと生ピーマン

タネは先日の鶏団子鍋と同じもの。棒状に形成したタネをフライパンに乗せ表面に焼き色がついたら酒を振り入れて蓋をして蒸し焼きに、中までしっかり火を入れます。付け合せは焼き葱と生ピーマン。

あとは残り物の切り昆布の煮物と白菜の漬物。こんなに素朴な和風献立なのに白ワインとはこれいかに。和食にワインならもうちょっとやり方があるよねえ、まあ今回はわざとじゃなくて、単に失敗というか勘違いが招いた結果なんだけど。

家飲みブログ

最近鍋→焼きつくね+ピーマンのコースがすっかり定番化。
つくねは甘辛いタレで照り焼きにして卵黄添えるパターンも美味しいんだけど、生ピーマンならやっぱり塩で、ってなっちゃうよねえ。あ、今回はタネの味付けに醤油とか味噌とかいろいろ入ってるから純粋な塩味とは言えないか。

しかし赤みが足りない。そして葉野菜も少なめでたんぱく質多め。
何しろ葉野菜フェチなのでおひたしとか蒸し煮なんかの葉野菜が一品もないとあれ、今日ちょっと野菜不足?と思ってしまうのです。よくよく考えれば葱も白菜もピーマンもにんじんもあって不足って程でもないんですけどね、習慣ってやつですかね。

 




関連記事

鶏もも焼き、小松菜のオイル蒸し。

鷄もも肉は大きめにカットして売られていることが多いのですが、今日は100gの可愛い切り身が出

記事を読む

家飲み献立 9/16 白葱の卵焼き、砂肝のポン酢漬け他全5品で晩酌。

昼過ぎ、都内も結構揺れましたね。帰国して以来一番大きな揺れだったような気がします。 私

記事を読む

谷川岳 源水吟醸

群馬の酒 谷川岳 源水吟醸とピェンローで晩酌。

残る関東地方の酒でお目当てがなかなか入手できず、今週は諦めて別の地方へ飛ぼうかなと思ったので

記事を読む

にじますのちゃんちゃん焼き

大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考えました。にじますホイル焼き、

記事を読む

焼きキャベツ献立

焼きキャベツ、肉団子と野菜の味噌汁献立。

毎度お馴染み 「野菜焼いちゃいました」 シリーズです。イメージとしては甘栗むいち

記事を読む

里芋と鶏もも肉のしょうが煮、小松菜のおひたし献立。

今週は訳あっての里芋シリーズです。 甘味探求キャンペーンの件もあり、メインはしっかり甘

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その1. 台北駅 懐舊排骨便當。

台湾を鉄道で一周しながら各地の駅弁を楽しもうじゃないかという旅をしています。 関連 台

記事を読む

手羽先のナンプラー漬け焼き

手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

骨つき肉にかぶりつきたくなったので、手羽先です。 手羽先ってのはいついかなる時も骨つき

記事を読む

台湾一人旅でもローカルフードを楽しみたい!台湾一周旅行の食事 その1。

台湾一周一人旅の食事で印象に残ったものを地域ごとにまとめます。 一人では利用出来る店が

記事を読む

青菜のナンプラー炒め献立

青菜のナンプラー炒め、手羽元と大根の煮込み献立。

にんにくをきかせた青菜炒め、となると、空芯菜あたりが気分でしょうか。 信州四賀 たべく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑