天然淡路島の漁師のおさかなしゃぶしゃぶで贅沢晩酌。

公開日: : 家飯, 食べること ,

nabe

前回の帰省時に引き続き、今回も贅沢なお取り寄せで家族に恩を売る作戦を実行致しました。

関連 産地直送お取り寄せで贅沢晩酌。

迷った挙句、今回選んだのは淡路島の漁師さん直送のおさかなしゃぶしゃぶ。

寒い夜はやっぱり鍋。鍋に限りますね、ということで、今回も実家感満載のビジュアルでお届けいたします。




天然淡路島の魚師のおさかなしゃぶしゃぶで贅沢晩酌

産直アプリ、ポケットマルシェさんのご協力の元お届けしているこの贅沢晩酌シリーズ。毎回食べたい物がありすぎて、選ぶのに心底苦労しております。

今の時期はやっぱり鍋が食べたいなあ、ってことでシーフードカテゴリをいったりきたりして優柔不断っぷりを発揮。だってねえ、何回リロードしても魅力的なお宝がザクザクなんですもの。

結局「さばいてお届け」というフレーズに惹かれて兵庫県淡路市、山崎一馬さん出品のおさかなしゃぶしゃぶを選択。

参考 天然淡路島の漁師のおさかなしゃぶしゃぶセット(ポケットマルシェ)

天然の淡路島のお魚を自宅ですぐにしゃぶしゃぶ出来るようにしました。冬の季節にはもってこいです。お魚はその時によって変わります。2種3種入るときもあります。アラも入るときもあります。

しゃぶしゃぶ用にさばいたものを届けてくれる。これなら気難しい我が家のマドンナ、母もニッコリです。お魚の種類はその時々で変わるようだけれど、魚の好き嫌いはないので何が来たって大丈夫。むしろ届いた時の楽しみが増しますね。

さあさあ、届いた魚はこちらです。

180113dinner_3

まずは真鯛。

おさかなしゃぶしゃぶ

そして太刀魚。太刀魚のしゃぶしゃぶって初体験だわ。

180113dinner_1

さらに鰤とタコの皿で全4種。しゃぶしゃぶに適した状態のおさかなが美しくパックされた状態で届きました。手書きのメモにグッときつつ、こりゃ今夜が楽しみだ。

天然おさかなしゃぶしゃぶの正しい楽しみ方

180113dinner_4

ポケマルサイト内で山崎さんのコミュニティを確認すると、おさかなしゃぶしゃぶの一番美味しい食べ方は

「水でおさかなのみをしゃぶしゃぶして食す」

という潔い方法のようで。商品ページのしゃぶしゃぶ写真もシンプルですごくいい感じです。

確かに、それが旨そう。旨そうだけれど、我が両親は鍋物ときたらとにかく野菜を山盛り食べたい、そして絶対〆の品は必要、出汁の一滴まで逃さず食べ尽くしたいタイプ。せっかくのお取り寄せ自慢、二人に満足してもらうためにここは譲歩いたしましょう。ということで、普通に昆布出汁の魚ちり状態にていただきました。せっかくのおさかなしゃぶしゃぶ、邪道な食べ方してすみません。

180113dinner_5

それでも最初はおさかなのみを厳かにしゃぶしゃぶ、ふわりとした真鯛の甘みに悶えるお気楽一家。ちなみに使ったポン酢は馬路村ゆずの村。この酸味つよめのさっぱり感が魚系の鍋によく合いますね。

180113dinner_7

軽くしゃぶしゃぶしてくるんと丸まった太刀魚の図。塩焼きにする魚という印象が強いけど、こういう食べ方も太刀魚のしっとり加減が存分に味わえていいじゃないか。

180113dinner_8

その後、やはりこうなる。マドンナの大胆調理、大まかな野菜のカットが光ります。

180113dinner_9

真鯛に太刀魚に鰤、魚の旨さはもちろんのこと、全員が驚いたのがこのタコ。さっと湯にくぐらせたタコのやわらかさといったらない。タコしゃぶ、いけるね!

実はこのセット、年末に既に注文を済ませていました。年始はいつから漁に出られるのかわからなかったので、年が明けてから到着日時の問い合わせをしたところ

「正月明けにしけが続いたので出荷が遅くなってしまいます」

との返答が。

いえいえ、いいんですよ急ぎませんから。ていうか、本当に山崎さんがとったお魚をさばいて届けてくれるんだ!と、当たり前の事にうれしくなる私。そりゃあポケマルってそもそもそういうアプリなんですけど、都会暮らしの人間にとっては漁師さんに直接漁の状況を教えてらって云々、ていうのがやたら新鮮で楽しいものなのですよ。

そんなエピソードを自慢げに披露して家族にさらなる恩を着せつつ、しゃぶしゃぶ、しゃぶしゃぶ。さも自分が漁に出たかのごとくストーリーを語れるのも、お取り寄せの醍醐味ですね。しゃぶしゃぶ、しゃぶしゃぶ。ビールの後は日本酒に切り替えてちびちび、しゃぶしゃぶ。

今回は当初の予定より人数が増えたので、おさかなしゃぶしゃぶセットに鱈と牡蠣も加えました。魚介と野菜の出汁が出て、鍋がどんどん旨くなる。

天然おさかなしゃぶしゃぶ、鯛雑炊で〆

鯛雑炊

この甘い甘い出汁を、最後は雑炊に仕立てます。

ご飯を煮たら軽く塩を振って溶き卵を投入。蓋をして蒸らし、ネギを散らしたら、最後に真鯛を添えてみる。

180113dinner_11

真鯛をのせるだけで、ちょっと豪華な鯛雑炊に!ってこれまた邪道ですよね、ごめんなさい。でも、とびきり旨かったんですよ。ああ、今回もホントに贅沢、ありがたき幸せ。

家飲みブログ

結局こんな感じで普通の鍋にしてしまいましたが、水と魚だけのしゃぶしゃぶをポン酢でいきながら、ひたすら燗酒をやる。そんなキッパリ男前な晩酌も叶うこのお取り寄せ、寒い季節にはぴったりじゃないでしょうか。何しろ、届いたら後は湯を沸かすだけで上等の肴が出来上がり、ですからね。普段は料理をしない人にもおすすめです。

とにかく全国的に寒すぎるこの季節こそが、絶好の鍋物晩酌タイミング。今なら石川県の加能蟹とか、三重県の安楽島牡蠣なんてのもそそられますね。あと、おさかなしゃぶしゃぶ山崎さんのあるとき限定天然ふぐしゃぶしゃぶってのもものすごく気になるんですけど私は一体どうすればいいのでしょうか。ねえ。






関連記事

粕汁献立

ぶりの粕汁献立。

粕汁献立。 桜満開の東京に遅れて冬のエース登場、といったところでしょうか。 それ

記事を読む

150126d

家飲み献立 1/26 鮭と白菜の煮物、葱のきんぴら。

うーん、まだなんとなく自炊モードになってないなあ...。 などと感じる本日。 キッチ

記事を読む

せせり塩焼き

せせり塩焼き、梅しらす奴で家飲み。

写真が暗い。 なんだかどんよりした梅雨らしさ満載の写真になっている気がしますが、まあこ

記事を読む

砂肝とわけぎの塩炒め献立

砂肝とわけぎの塩炒め、トマトとわかめのサラダ献立。

贅沢にも貝やらエビやらが続いていた先週の晩酌献立。 秋田の酒 うまからまんさく特別純米

記事を読む

セロリと卵の炒めもの

セロリと卵の炒めもの、なすとツナのサラダ献立。

ちょっと久しぶり?にセロリと卵の炒めものを作ってみたらば、セロリ葉が大量すぎてまるで立派なか

記事を読む

セロリときのこの塩炒め

セロリときのこの炒めもの、豚汁献立。

日々の晩酌を記録しているからといってこんなものまで書き残しておく必要はあるのだろうかとふと疑

記事を読む

油揚げの卵とじ

家飲み献立 3/22 蒸し鶏の葱ザーサイのせ、油揚げの卵とじ

今年は桜の開花がやや早め、ですよね。 4月に入って1週間くらいしたら見頃だろうと思って

記事を読む

大阪の酒 秋鹿

大阪の酒 秋鹿 純米無濾過生原酒で晩酌 鶏のくわ焼き、小松菜の梅おろし和え。

愛知が飛んでいるのを気にかけつつ関西を攻めております。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

牛肉の赤ワイン煮込み

牛肉の赤ワイン煮、蕪のトリュフ風味温サラダでワイン。

久しぶりじゃないか、おい。 以前は週末にワインを飲みたくなる病を患っていたもので金曜、

記事を読む

140919d2

かぼちゃの塩煮、牛肉とレンコンのきんぴら他全5品。

TGIF! と言っても私はあまり曜日とは関係ない毎日を過ごしています。 が、それ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

青菜と豚肉のからし和え
豚肉と青菜のからし和え、焼きししとう献立。

はいみなさん、お写真撮りますから並んで並んで。 という段

臭くないバブーシュ
1年で捨てる、早いか遅いか。

検証結果、1年でした。 ルームシューズの寿命、臭い。

エンサイの納豆和え献立
エンサイの納豆和え、かぼちゃと豆腐のスープ献立。

先日、普段の調理手順について書きました。 要領が悪い人の

ito_5
伊東へ日帰りドライブ旅 日本散歩・静岡県

東京から静岡県・伊東市まで、日帰りドライブに行ってきました。

鶏むね肉の梅おろし和え
鶏むね肉の梅おろし和え、ピーマンの焼きびたし献立。

食欲の落ちる夏にぴったりの、さっぱりとした鶏肉料理。 な

→もっと見る

PAGE TOP ↑