はちみつ黒酢酢豚、きゅうりの梅肉和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること

黒酢酢豚

酢豚。それは、よく知っているのに食べる機会はなかなか訪れない料理です。

好きは好き。でも、中華料理を食べに行ったら餃子とか蒸し鶏とか青菜炒めあたりのメニューを頼んでしまうので、なかなか酢豚にまで手が伸びない。一人中華なら尚のこと、永遠にたどり着ける気がしません。

外で出会えないなら、家で食べればいいじゃない。 ということで、今夜は黒酢酢豚。

さすがに塊肉買ってきて切って揚げて、まではできないので、薄切り肉を使ってお手軽に作ります。

黒酢酢豚、きゅうりの梅肉和えで晩酌

黒酢酢豚献立

  • 卵スープ
  • きゅうりの梅肉和え
  • 黒酢酢豚

卵スープ

卵スープ

鶏がらスープに水溶き片栗粉でとろみをつけ、溶き卵を流し入れふんわりと固めます。ねぎをちらして胡椒を振ります。

きゅうりの梅肉和え

きゅうりの梅肉和え

叩き割ったきゅうりを叩いた梅干しとごま油で和えたもの。

黒酢酢豚

黒酢酢豚

フライパンに油を引き、くし形に切った玉ねぎと同じ大きさに切りそろえたピーマンを入れ、軽く炒めて取り出しておきます。豚もも薄切り肉は塩、胡椒、酒で下味をつけ、片栗粉をまぶして油を引いたフライパンで両面かりっとなるまで焼いて取り出します。
空いたフライパンにあらかじめ合わせておいた黒酢、塩、はちみつ、紹興酒を入れて煮立て、豚肉を戻し入れ絡めるように軽く煮詰めたら野菜を加え、さっと混ぜ合わせれば完成。

今回はあっさり目にしたくてもも肉を使ったけれど、もちろんもと脂身のある部位や厚みのある肉で作ってもよいかと。黒酢とはちみつでしっかり濃いけど決してしつこくはない甘酢、やわらかく仕上がった豚肉、そこに歯触りシャキシャキ野菜。なかなかいい出来上がりです。

せっかくの酢豚デーは久しぶりに紹興酒を飲もうと楽しみにしていたのに、確認してみると飲むほどの量が残っていなくてがっかり。誰だ、勝手に飲んだのは。私だ。

仕方ないので焼酎でお茶を濁しましたけど、これは絶対ビールか紹興酒を合わせるべきだったなあ、ちぇっ。

紹興酒を飲む日の献立

ところで最近、きゅうりをよく食べています。

たたききゅうりやきゅうりのぬか漬けが出てくる食卓など一般的にはそう珍しい光景ではないでしょうが、私の場合は相当な不思議画像。なぜなら、数年前まできゅうりは嫌いな食材のTOP君臨していたから。

パクチーと違って口に入れられないほどの嫌さではないけれど、わざわざ買ってまで食べたいものでもなく、地球上から消えて無くなっても何ら困ることはないとさえ思っていた野菜、それがきゅうりでした。

なのにここへ来て、突然食べたくなった。

きっかけは秋の初めにふらっと入った近所の居酒屋。飲み始める前は必ず野菜を食べたい私、いつもならばサラダやキャベツやオニスラあたりを選択するところ、気まぐれでもろきゅうを選んだのです。

ぽりぽりやりながらビールを流し込んでみれば、なんだか旨い。あれ?私、今ならきゅうりを受け入れられるかも。そんな気分になりました。

水分だらけでロクな栄養素のない野菜だとバカにしてきたきゅうりですが、近頃はホスホリパーゼなる脂質分解酵素栄養価が含まれているとわかったそうじゃないですか。体を冷やす野菜なので食べ過ぎは禁物だけど、むくみを取るのにも役立つというじゃないですか。

きゅうりに含まれる酵素に痩せ効果が!?メディアも注目するダイエット!(live door news)

へえ、あのきゅうりがねえ。

思いがけずやってきた、時期外れのきゅうりデビュー。この時期からはさすがに多様できないけれど、来年の夏からは本格的にポリポリやろうかな。

 




関連記事

わかめと卵の炒めもの

わかめと卵の炒めもの、わけぎのナンプラー和え献立。

うつわは好きだし興味もあるけれど、コレクション癖がない上に一人暮らしなので、さほど多くは持ち

記事を読む

ニラときくらげの卵炒め献立

ニラときくらげの卵炒め、えのきの梅しそおひたしで晩酌。

ガツンとした炒めものにはやっぱりビール、ですね。 密かに登場頻度が多い気がするきくらげ

記事を読む

宮水の華

兵庫の酒 櫻正宗 宮水の華 特別純米酒で晩酌 あさりと小松菜のオイル蒸し献立。

時期的にあさりも食べておかねばなるまい、ということで合わせて新しい酒を調達。 全国制覇

記事を読む

たぬき豆腐の玉子とじ献立

たぬき豆腐の卵とじ、なめことわかめの味噌汁献立。

またてんぷら屋さんで揚げ玉をもらいました。 関連 たぬき豆腐、大根と塩昆布のサラダ献立

記事を読む

鰤の柚子胡椒焼き

ぬか床を1ヶ月間放置した結果。

ぬか床を長期間放置していました。期間は約1ヶ月。 もともと冷蔵庫で漬けるタイプのぬか床

記事を読む

ごぼうのひき肉炒め

ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一人が食べるだけの、しかも簡単な

記事を読む

砂肝とわけぎの塩炒め献立

砂肝とわけぎの塩炒め、トマトとわかめのサラダ献立。

贅沢にも貝やらエビやらが続いていた先週の晩酌献立。 秋田の酒 うまからまんさく特別純米

記事を読む

きのこ鍋

鍋で家飲み きのこ鍋。

いやー、こう寒くちゃもう朝から鍋のことしか考えられない。 早々に手を出すと真冬に耐えら

記事を読む

牛肉の柳川煮献立

牛肉の柳川煮、キャベツのねぎ塩和え献立。

柳川といえば泥鰌ですね。そう頻繁に食べる機会はないですが、実は嫌いじゃありません。 魚

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 週末はワインで。

毎週毎週土曜日になったら同じ画像ばっかり載せやがって! 見飽きたわ! と言われそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑