目的か手段か、手段が目的か、それとも単なる好奇心か。

公開日: : 生き方と考え方

モノを減らすのは手段であって目的ではない。
なんて話をよく聞きますが、どんどんモノが少なくなっていくとなんとなく気分が良くなってくることもあるらしい。なんでしょう、ランナーズ・ハイみたいなもの?

最初は何らかの目的があってモノを減らそうと考えていたはずなのに、いつの間にか目的そっちのけで捨てることにばかり目が行ってしまい

「あれ、結局何がしたいんだったっけ…?」

とはたと我に返るような経験をしたことがある人もいるかもしれません。

手段が目的になってはいけない。
これもよく聞くセリフではありますが、そんなに厳密にダメってこともないよねえ。




空気だけで酔えるバー

などと考えたのは出先でたまたまロンドンにあるAlcoholic Architectureの話を目にしたから。

参考 期間限定でオープンした、アルコールを「吸って酔える」バー(WIRED)

イギリスで期間限定でオープンしたそのバーで、人は酒を「飲む」必要はない。アルコールを空気とともに吸い込むことで酩酊できるというアイデアを実現したのは、「食の魔術師」とも呼ばれる2人組だ。

サム・ボンパス氏とハリー・パー氏によるユニットBompas&Parrが手がける「空気を吸うだけで酔える」バー。

いやいやいや、ないわー。

酒は好きだけど酔うのは嫌いな私。
酒を呑むのは酒を味わいたい、料理と一緒に楽しみたいからであって、酩酊したいからでも酔って嫌なことを忘れたいからでもありません。できることなら酔わずにいつまでも呑めればいいのに、お腹いっぱいになんてならなければいいのに、とさえ思っているのに、酒も呑まずに金払って酔わなきゃいけないなんて惨すぎる。

さて、濃密なアルコールを含んだ霧の中で過ごすだけで直接アルコールを飲まずとも酔える、という画期的?なこのバーは古い修道院の中に設けられており、バーというよりは大人の科学館的お遊び要素が強い。2016年7月までの限定オープンで予約チケット制、10〜12GBPで制限時間は50分というところからしてもバーというより一種のイベント、ですね。もちろん、お子様は入場できません。

確かにこの試み、新宿二丁目の雑居ビル2Fとかでやってもさほど楽しくはないよね。かつて醸造が行われていたという歴史ある修道院の中でのイベントだからこそ興味をそそられるのでしょう。厳かな修道院と空気で酩酊する科学。だいぶ混沌としていますがそれがいい。

誰かがバーに行く理由

おしゃれなだけで大して美味しくもないのに話題になるレストランとか有名なだけでやたら高いバーとか、食そのものとして中身のない飲食店が嫌いな私。この空気バーもバーとして考えれば全然興味をそそられないけど、イベントならば箱的にも面白そう、とは思う。

うん。同じものでも視点をずらせば見え方も変わるよね。そして、もちろん人によっても変わる。

私にとって酒とは味わうもの。酒を味わう、楽しむという目的のために呑むのだけれど、別の誰かにとっての酒は酔うための手段に過ぎないのかもしれない。そもそも酒がただ美味しいだけのものだったら世界の酒文化はまた違ったものになっただろうし、酔うという結果があるからこそこんな発想がありちょっと面白いイベントも生まれるわけで。

なんて考えていたら、目的と手段を履き間違えるな云々、なんて、単なる言葉遊びに思えるよねえ。最短距離だけが正解でもあるまいし、なんにせよ、好奇心旺盛にその過程を楽しめればいいのだ。

ミニマリストの持たない暮らし

それで、なんだっけ。
ああ、また着地点を見失った気がするけれど、視点をずらせば見えることもあるという小発見をしましたよ、というお話でした。まあ、呑みながらぼんやり考えたことだからアテにはならないけどもね。

 






関連記事

heartcake

髪型をコロコロ変えるのは気が多い証拠説。

ヘアスタイルを頻繁に変える女は気が多い。なんてことを子供の頃よく周りが言っていたように記憶し

記事を読む

By: Barbaro Bar Bar Notable

孤独でも楽しそうな日本人 身軽な一人旅派は今後も増えるか。

By: Moyan Brenn[/caption] 去年発表された2014年のデータですが。

記事を読む

tainandog

寝ても寝ても眠い寝たきりの日曜日。

台風のせいでもありますが、ほとんど活動できませんでした。 10月ラストの日曜日、日中の

記事を読む

suma1608_25

どこへも行かないお盆休みの過ごし方。

地元を離れて以降、出張やらなんやら他の予定が入ってついでに立ち寄る以外は、毎年正月に帰省して

記事を読む

By: Edward Betts

身軽で簡素でモノがなくても、人生は十分複雑だから。

By: tanakawho[/caption] どうにもこうにも「比較検討」という作業が苦手

記事を読む

By: www.tOrange.biz Valdemar Fishmen

歳を取ると涙もろくなる理由とは。

By: Lindsey Turner[/caption] 一般的に 「歳を取ると涙もろ

記事を読む

By: Stephane Mignon

2017年の運勢を占う。

By: Stephane Mignon[/caption] 大晦日、みなさんいかがお過ごしで

記事を読む

antiquetrank

シンプルに生きるためのポータブルスキル。

私がモノを持たない生活をしている一番の理由は移動しやすくするためです。引越し作業というのは何

記事を読む

セブ島ジプニー

退屈な休暇の過ごし方。

今年は夏休みを取ろうと決めていました。 とは言ってもお勤めもしておらず時間の拘束もない

記事を読む

By: Pedro Ribeiro Simões

ほうれい線のその後と変わりゆくことへのもどかしさ。

By: Ghost of Kuji[/caption] 「夜電車に乗ってると、窓に映った自分

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

shinbashi_5
もう働きたくないんです。

完結していない長編漫画を読み続けるのが苦手です。 30巻

hongkong-foods-13
堅尼地城で早朝飲茶を楽しむ 香港一人旅で食べたもの その3。

年末から続いていた香港一人旅記録、今回がラストです。 関

cebu-driver_3
続ける方法 とりあえずは、耳に挿せ。

フィリピン、セブ島での4週間短期留学を終えてから、そろそろ1ヶ

150117k2
禿げる。

去年ふざけた話を書いた祟りでしょうか。 関連 外野が何を

hongkong-foods-34
西營盤のバーと夜食と坂道と 香港一人旅で食べたもの その2

香港一人旅の食記録、第二弾です。 関連 海老ワンタン麺の

→もっと見る

PAGE TOP ↑