鶏もも肉のパリパリ焼き、ほうれん草ときのこのゆずびたし献立。

公開日: : 最終更新日:2017/05/07 家飯, 食べること

鶏もも肉のパリパリ焼き献立

鶏肉の皮って美味しいけどちょっと避けたいパーツでもあります。

茹でた時の皮ってぶるんとしてちょっとグロテスクな感じもするので遠慮したくなることも多い。ならば揚げた鶏皮は香ばしくて美味いじゃないかとなるもそれはそれで単なる揚げ物に対するそれを大きく上回る妙な罪悪感がある。

などと毎度細かく考えながら食べているわけではありませんが。

今回は皮の脂肪分をなるだけ追い出しつつ強い旨味とパリッとした食感は残そうという魂胆です。




鶏もも肉のパリパリ焼き、ほうれん草ときのこのゆずびたしで晩酌

170114ienomi_4

  • 揚げとキャベツの味噌汁
  • 奈良漬
  • ほうれん草ときのこのゆずびたし
  • 鶏もも肉のパリパリ焼き

揚げとキャベツの味噌汁

油揚げとキャベツの味噌汁

キャベツと油揚げの味噌汁。久しぶりに煮干しを入手したのでいりこ出汁にしてみました。

ほうれん草ときのこのゆずびたし

ほうれん草ときのこのゆずびたし

茹でたほうれん草とえのきを出汁しょうゆとゆずの絞り汁、平たく言えば自家製ポン酢でしっかりとひたしたもの。しょうゆ分は控えめにゆずをきかせた薄味バージョンです。

鶏もも肉のパリパリ焼き

鶏肉もも肉のパリパリ焼き

鶏もも肉の脂肪分を取り除いて塩を振り、皮目を下に冷たいフライパンに乗せ上から重しをして弱火にかけます。滲み出る脂をキッチンペーパーで取り除きつつ皮がパリッとするまでじっくり焼き、8分通り焼けたら裏返して中まで火を通します。付け合せは焼きねぎ。作っている最中にあ、ゆずかぶりだ、と気付きましたが柚子胡椒も添えました。

普通に焼いても美味しい鶏肉、こうして自らの脂でじっくりじりじり焼いてやると塩だけの味付けとは思えない濃厚な旨味を出してくるのが不思議です。最初の掃除と重しによる脂出しで鶏皮の罪悪感は少なめ、になるような気がするのですがどうでしょう。

日本酒にあうおつまみレシピ

先日八百屋の店頭で燦然と輝いていたので手に取ったゆず。この香り、たまりませんね。
自家製ポン酢は市販のものよりしょうゆ少なめのあっさり味に仕上げることができるのでこういう薄味のおひたしに最適かと。汁物に皮を浮かべて香りを楽しむのもいいけれど、ちょこっと絞ればたちまち鮮烈な存在感を放つゆずやらすだちやらの柑橘類ってホント侮れないなあと毎度感じます。

やるな、柑橘。

今日は柚子胡椒とうっかりゆずかぶりになってしまったのが悔やまれるけれど、まだ残っているのでしばらくゆずの香りにまみれてみましょうかね。

 






関連記事

鯖のおろし和え

鯖のおろし和え、えのきの卵とじ献立。

先日スーパーの店先で鯖の水煮パウチを見かけました。   はごろ

記事を読む

トマトと卵の炒めもの、蒸し鶏ときゅうりの梅肉和えで晩酌

トマトと卵の炒めもの、おかひじきのスープ献立。

トマトと卵があったら、かなりの確率にて炒めもの、もしくはスープを作っている気がします。

記事を読む

豚肉と小松菜のおろし炒め

豚肉と小松菜のおろし煮、蒸しなすの揚げ玉和え献立

ご近所の八百屋を覗いてああ野菜の価格も随分落ち着いてきたなあとホッとしながら帰宅したらニュー

記事を読む

きつね納豆で晩酌

きつね納豆、ほうれん草のナムルで晩酌。

植物性たんぱく質の鬼、きつね納豆で晩酌です。 油揚げ偏愛傾向のあるわたくしですが、これ

記事を読む

mikoshi

シェアハウスで料理 8/24 豆腐、卵、トマト、キャベツ…定番素材であっさりと。

昼寝の後、散歩がてら隣町まで歩いて行くと、なにやら小さな夏祭りが催されていました。 祭

記事を読む

油揚げの卵とじ

家飲み献立 3/22 蒸し鶏の葱ザーサイのせ、油揚げの卵とじ

今年は桜の開花がやや早め、ですよね。 4月に入って1週間くらいしたら見頃だろうと思って

記事を読む

まぐろ納豆献立

まぐろ納豆、小松菜の梅和えで晩酌。

外食が続いて胃が少々お疲れ目の週末。 あっさりした献立で軽めに家飲みしましょうねと考え

記事を読む

神亀純米

埼玉の酒 神亀 純米辛口で晩酌 蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢、蕪のナムル。

関東地方の旅、順調に推移しております。 関連 勝手に日本酒全国ツアー いつもはこ

記事を読む

岡山の酒 碧天 純米吟醸 無濾過生原酒

岡山の酒 碧天 純米吟醸 無濾過生原酒で晩酌 鯖と新玉ねぎのサラダ。

岡山までたどり着きました、順調です。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 対象地域の酒

記事を読む

蒸し鶏ネギソースの献立とレシピ

蒸し鶏ネギソース、たらこおろしで家飲み。

なんということでしょう。昨日塩分がどうこう言っていた舌の根も乾かぬうちにこの献立。 魚

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

tokyotower36
続けた先に、何かいいことあるかもしれない。

そんなにずっと続けてるんだったら、もっと何か別のことを考えれば

アッシパルマンティエ
アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。

今日捨てたもの
制服状態のリブタートルネックはどこへ消えたのか。

冬服をどうこうしていて、そういやここのところめっきりタートルネ

大根とぶりあら炊き
大根とぶりのあら炊き、おつまみ奴献立。

魚のあらに目がありません。 あ、目って魚の目じゃなくて、

sachico
積み重ねてきた実績を、全て捨て去る。

おそるおそる触ってから10日ほどが経過しました。 関連

→もっと見る

PAGE TOP ↑