デタラメさの愛おしさ。

公開日: : 家飯

スパゲティグラタン

ほとんどが和食の献立で固定化している今日この頃ですが、寒くなってくるとやたら食べたくなる洋食があります。

それは、グラタン。

あっつあつの皿に手を触れないように気をつけながら、表面のチーズが焦げたところをそっとすくってハフハフと口に運び、その後を重ための赤ワインで追いかける。

この妄想が頭によぎったが最後、今夜はグラタン、絶対グラタン!となってしまうのです。

まさに今日が、そのタイミング。今季初のグラタンには、ほうれん草をたっぷりと入れました。

ほうれん草とハムのスパゲティグラタン、レッドキャベツとにんじんのサラダで赤ワイン

ほうれん草とハムのグラタン献立
  • レッドキャベツとにんじんのサラダ
  • ほうれん草とハムのスパゲティグラタン

レッドキャベツとにんじんのサラダ

レッドキャベツとにんじんのサラダ

千切りにして塩もみしたレッドキャベツとにんじんを合わせ、塩レモンとオリーブオイルで和えました。

ほうれん草とハムのスパゲティグラタン

ほうれん草とハムのスパゲティグラタン

フライパンにオリーブオイルとにんにくのみじん切りを入れて火にかけ、香りがたったらくし形に切った玉ねぎとしめじ、小さく刻んだハムを加えてさらに炒めます。玉ねぎの色が変わったら牛乳を注ぎ、塩胡椒で味付け。スパゲティを折って入れてくっつかないように混ぜてからフタをし、柔らかくなるまで軽く煮詰めます。最後にゆでたほうれん草を加えて混ぜ、塩胡椒で味を整えたらタネの準備は完了。
グラタン皿にタネを入れてチーズをのせ、表面に焼き目がつくまで焼いたら完成。

工程を書き出すとなんだか長ったらしく見えますが、要はフライパンでガーッと炒めてワーッと煮詰めてオーブンにぶち込むだけ。出来上がりった時のグツグツと派手なビジュアルのわりには、簡単な料理でありがたいですね。

小麦粉もバターも使わない軽めの仕上がりなれどグラタンはグラタン。さっぱり味のサラダとデザートにぶどうを添えました。

ワインに合うおつまみ

デタラメさの愛おしさ。

スパゲティグラタン

実は夕方買い物に行くまでは、さつまいものグラタンにするつもりでした。

さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

でもスーパーでほうれん草と目が合った瞬間無性に食べたくなってしまい、急遽路線変更。家にあったハムと合わせてさらっとしたグラタンで飲むことにしたのです。

しかし、調理中を始めたらやたらとお腹が減ってしまい、今夜は葉っぱだけでは満たされないのでは?やっぱり芋にすべきだったか?などと軽く後悔。こんなネガティブな気持ちのままグラタンに挑んではいかん!ということで、パスタを投入したのでした。

グラタンにスパゲティ。初めて入れたかも。

マカロニグラタンとか、ラザニアとかもあるんだから、グラタン+パスタは別におかしな組み合わせではありません。でも「スパゲティグラタン」という字面からは、妙なデタラメさを感じませんか。

いうなれば、子供の頃に家族で通った洋食屋さんのようなデタラメ加減。いや、お店がデタラメだったわけではなく、街の洋食屋にありがちな「美味しければなんでもアリ精神」というか、本格フレンチとかイタリアンでは絶対出てこない和風洋食の権化というか、そんな意味合いのデタラメさ。ベーコンじゃなくてハムを使ったチープさも、よりいっそうのおかしみを演出している気がします。

ソースをまとって濃厚になりつつも、ところどころカリッと香ばしく焼けたスパゲティ。デタラメだけど、美味しいね。

乾麺のまま具材と一緒に煮込むことで、タネにとろみがつけられるので、小麦粉を使わない私には案外便利だったりもします。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

せりと蒸し鶏の梅和え

せりと蒸し鶏の梅和え、鶏出汁白菜煮献立。

連日連夜せりを食んでおりますが、好きなんですよ、せり。 白菜と塩鮭の酒粕煮、せりのおろ

記事を読む

漬けもの納豆、白菜の煮浸し

漬けもの納豆、白菜の煮浸し献立。

漬けもの納豆。 あまりにもヒネりのないネーミングで恐縮ですが、漬けもの納豆です。 冷

記事を読む

さつまいもとベーコンのグラタン

さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋ものやおでんなどの汁っぽいもの

記事を読む

きくらげ卵炒め

豚肉ときくらげの卵炒め、ゴーヤの塩昆布和え献立。

きくらげと卵、豚肉を炒めたもの。木須肉(ムースーロー)ってやつですね。 こういう材料

記事を読む

豚肉とごぼうの柳川

豚肉とごぼうの柳川風、かぼちゃとわかめの味噌汁献立。

ごぼうって、面倒な野菜だと思っていました。 他の野菜と比較すれば一目瞭然、相当量の泥が

記事を読む

イカ大根、タアサイのおひたし。

毎晩晩酌タイムを楽しみにしているのですが、週に一度の休肝日を取るようになってからというもの火

記事を読む

トリュフ塩のオムレツ

トリュフ塩のオムレツで赤ワイン。

あれ、朝ごはん?朝からワインですか、いいご身分で。 そう言われても何ら不思議はないビジ

記事を読む

肉豆腐、なすと三つ葉のサラダで家飲み。

帰宅途中のスーパーで、とりあえず豚薄切り肉を買ったものの、迷う。 普段は買い物した時点

記事を読む

油揚げと葱のしょうが炒め

家飲み献立 2/3 春雨入り白菜とツナのあっさり煮、油揚げと葱のしょうが炒め。

  2月3日は節分でしたね。 帰りにいつものスーパーに寄ってびっくり。

記事を読む

焼きなすとツナのおろし和え

焼きなすとツナのおろし和え、ゆでとうきび献立。

夏野菜連打の夏祭りです。 本日はなすをメインに据えました。 大きななすをたっぷり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑