春キャベツと豚肉の重ね蒸し、わかめとトマトのサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること

春キャベツと豚肉の蒸し煮

隙あらば蒸す。それが私の生き様です。

豚肉と重ねて蒸すと言えば白菜ですが、春キャベツも悪くありません。とかなんとかもっともらしいことを書いておりますが、基本的に先日のメインと同じような料理。

鶏もも肉と水菜のフライパン蒸し、えのき梅豆腐献立。

異なるのは材料とタイミング。味付けは全く同じです。

春キャベツと豚肉の重ね蒸し、わかめとトマトのサラダで晩酌

春キャベツと豚肉の重ね蒸し、わかめとトマトのサラダ

  • 豆腐と白ねぎの味噌汁
  • 小松菜の海苔和え
  • トマトとわかめのサラダ
  • 春キャベツと豚肉の重ね蒸し

豆腐と白ねぎの味噌汁

豆腐と白ねぎの味噌汁

豆腐と白ねぎの白い味噌汁。本日の出汁は久しぶりのいりこです。

小松菜の海苔和え

小松菜の海苔和え

茹でた小松菜を塩とごま油、ちぎった焼き海苔で和えたもの。

トマトとわかめのサラダ

トマトとわかめのサラダ

薄切りにして水にさらした新玉ねぎとくし形に切ったトマト、生わかめをレモン、しょうゆ、オリーブオイルで和えたサラダ。

春キャベツと豚肉の重ね蒸し

春キャベツと豚肉の重ね蒸し

フライパンにちぎった春キャベツを敷き詰め、その上に塩を振った豚肉を並べる、を何層か繰り返し、酒をまわしかけて蓋をして蒸し煮に。豚肉に火が通れば完成。火を通す時間を短くして彩りと歯触りを楽しむもよし、くったくたになるまで蒸して甘さを引き出すもよし。

豚こま肉を使ったので見た目はやや貧相ですが、外食続きで胃が少々お疲れ気味、なんて時にもこの手のつまみはいいですね。疲れてんなら飲まなきゃいいんですけどもね。夕方天気が崩れてちょっと肌寒さを感じたので、冬場のアレを用意してぬる燗にて晩酌となりました。

日本酒にあうおつまみレシピ

私好みの野菜たっぷり献立で満足度は高め。なんだけど、生わかめがちょっと緩かったのが残念ポイントです。別に悪くなってるとかじゃないんだけど、すごく柔らかいというか。肉厚で歯応えしっかり生わかめ好きの私にはややソフト過ぎました。

いつもの店で買ったんだけどな、ちゃんと確認すればよかったな。

わかめはまだ余っているので、柔らかさが気にならない方法にて消費することとします。

 




関連記事

ヤムウンセン献立

ヤムウンセン、トマトとひき肉のオムレツでタイ献立。

先日バンコクの思い出と再会したからでしょうか。 関連 あまりにもマイペースな人。

記事を読む

手羽先のナンプラー漬け焼き

手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

骨つき肉にかぶりつきたくなったので、手羽先です。 手羽先ってのはいついかなる時も骨つき

記事を読む

えびとかぼちゃのタルタルサラダ

えびとかぼちゃのタルタルサラダ、キャベツときのこのわさび和え献立。

古漬け活用タルタルソースメニュー第二弾です。 山形の酒 出羽桜 咲 発泡日本酒で晩酌

記事を読む

鳥豆腐献立

鶏豆腐、蕪の温サラダ献立。

冬の定番鶏豆腐。この冬2度目の登場です。 関連 宮崎の酒 千徳清酒カップで晩酌 鶏豆腐

記事を読む

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージが強い野菜。よって、冬場に手を

記事を読む

トマトと卵いため献立

トマトと卵の炒めもの、ツナと韮のサラダ。

またしばらく自炊ができない環境になります。 以前は全く自炊ができない生活なんて無理

記事を読む

照り焼きごぼうハンバーグ、水菜の煮びたし献立。

誰しも一生に一度ぐらいはハンバーグに情熱を傾ける時期があるのではないでしょうか。 私も

記事を読む

秋刀魚のしょうが煮

食べても味がしない理由。

この時期は毎年、さんまさんまと大騒ぎしています。なぜなら、さんまが好物だからです。そして、

記事を読む

ゆでとうきび

鶏もも肉のソース焼き、ゆでとうきびで晩酌。

友人の夏の好物はとうもろこしで、私の夏の好物はオクラ。ある夏、 「今季はもう◯本食べた

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 8/3 餃子。

いやー、天気よくて気持ちいい日曜日でした。 なんだかテンションあがる。 朝からヘアケアボディ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑