春キャベツと豚肉の重ね蒸し、わかめとトマトのサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること

春キャベツと豚肉の蒸し煮

隙あらば蒸す。それが私の生き様です。

豚肉と重ねて蒸すと言えば白菜ですが、春キャベツも悪くありません。とかなんとかもっともらしいことを書いておりますが、基本的に先日のメインと同じような料理。

鶏もも肉と水菜のフライパン蒸し、えのき梅豆腐献立。

異なるのは材料とタイミング。味付けは全く同じです。

春キャベツと豚肉の重ね蒸し、わかめとトマトのサラダで晩酌

春キャベツと豚肉の重ね蒸し、わかめとトマトのサラダ

  • 豆腐と白ねぎの味噌汁
  • 小松菜の海苔和え
  • トマトとわかめのサラダ
  • 春キャベツと豚肉の重ね蒸し

豆腐と白ねぎの味噌汁

豆腐と白ねぎの味噌汁

豆腐と白ねぎの白い味噌汁。本日の出汁は久しぶりのいりこです。

小松菜の海苔和え

小松菜の海苔和え

茹でた小松菜を塩とごま油、ちぎった焼き海苔で和えたもの。

トマトとわかめのサラダ

トマトとわかめのサラダ

薄切りにして水にさらした新玉ねぎとくし形に切ったトマト、生わかめをレモン、しょうゆ、オリーブオイルで和えたサラダ。

春キャベツと豚肉の重ね蒸し

春キャベツと豚肉の重ね蒸し

フライパンにちぎった春キャベツを敷き詰め、その上に塩を振った豚肉を並べる、を何層か繰り返し、酒をまわしかけて蓋をして蒸し煮に。豚肉に火が通れば完成。火を通す時間を短くして彩りと歯触りを楽しむもよし、くったくたになるまで蒸して甘さを引き出すもよし。

豚こま肉を使ったので見た目はやや貧相ですが、外食続きで胃が少々お疲れ気味、なんて時にもこの手のつまみはいいですね。疲れてんなら飲まなきゃいいんですけどもね。夕方天気が崩れてちょっと肌寒さを感じたので、冬場のアレを用意してぬる燗にて晩酌となりました。

日本酒にあうおつまみレシピ

私好みの野菜たっぷり献立で満足度は高め。なんだけど、生わかめがちょっと緩かったのが残念ポイントです。別に悪くなってるとかじゃないんだけど、すごく柔らかいというか。肉厚で歯応えしっかり生わかめ好きの私にはややソフト過ぎました。

いつもの店で買ったんだけどな、ちゃんと確認すればよかったな。

わかめはまだ余っているので、柔らかさが気にならない方法にて消費することとします。

 




関連記事

焼きにんじん

焼きにんじん、蒸し鶏とねぎのサラダ献立。

日々の晩酌記録をつけるようになってから、ようやくにんじんの千両役者っぷりに気がついた私。

記事を読む

玉乃光 28pf 2019

京都の酒 玉乃光 純米吟醸 28Pf Summerで晩酌塩鶏と大根のスープ煮

お久しぶりです。京都です。 勝手に日本酒全国ツアー 相変わらず晩酌はちびちびとや

記事を読む

キャベツの味噌汁 ぬか漬け カブのサラダ ゆずドレッシング 里芋ネギ炒め

里芋のねぎ塩炒め、かぶのサラダゆず風味献立

手軽に使える食材であるいも類でありながら、下ごしらえがなかなか面倒な里芋。こういうぬめりの

記事を読む

葉玉ねぎと新じゃがの塩煮

葉玉ねぎと新じゃがの塩煮、水菜とえのきの煮びたし献立。

使い慣れない野菜、葉玉ねぎ。 関連 葉玉ねぎのすき煮、蕪の葉とえのきのおろし和え献立。

記事を読む

じゃがいもカルボナーラ

じゃがいものカルボナーラ、ピミエント・デ・パドロンで白ワイン。

一人暮らしで手軽に食事を済ませたい時の筆頭メニューはパスタ。 パスタ、なんですが。

記事を読む

ニャチャンでネムノンを食べる

戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約1年手つかずのまま放置していま

記事を読む

ピーマンとしらすの酒炒り

晩酌つまみ 9/10 ピーマンとしらすの酒炒り、かぼちゃとチーズのサラダ。

週末に出かける予定が二転三転。 食材を無駄にしたくないのでこういう時は何をいつ消費すべ

記事を読む

気持ちいいことがやめられない。

By: sara.lauderdale[/caption] 未だに新規購入を我慢しています。

記事を読む

トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

記事を読む

宮水の華

兵庫の酒 櫻正宗 宮水の華 特別純米酒で晩酌 あさりと小松菜のオイル蒸し献立。

時期的にあさりも食べておかねばなるまい、ということで合わせて新しい酒を調達。 全国制覇

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑