付かず離れず、程よくヒールと付き合いたい。

公開日: : ファッション

背があまり高くないこと、デザイン的にかかとのある靴が好きなこと、何よりスタイリングのバランスがよくなること。

ヒールのある靴を好む理由は他にもたくさんあります。だからこそ数年前まではほぼ毎日ヒールのある靴を履いてたわけですが、ここのところはさすがに毎日とはいかなくなってきました。

参考 40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

もともと腰があまり強くないこともヒールを敬遠しはじめたきっかけのひとつなのですが、当たり前のようにヒールを履く生活から一定期間遠ざかっていたことが一番の原因でしょう。
ヒールのある靴を常用する生活は体に負担をかけてしまうことは間違いありません。このままなんとなく疎遠になるのもタイミングなのかな、などとも考えていたのですが、ここのところまた少しづつ「リハビリ」としてヒールを履く機会を増やしています。




 

それでもヒールを履く理由

年がら年中腰が痛いと言っている人間がヒールを履くとは何事か、と思われるかもしれませんが、私がそれでもヒールを履きたいと思う理由は何なのか整理してみました。

このまま履けなくなりたくない

この年でヒールを履いて出かけること自体を億劫に感じてしまう現状に少々危険を感じています。
昔のように1日中ヒールで歩き回ることはできなくても、毎日じゃなくても、ヒールを手に取ることを避けずにいられるようにしたいなと。そのためには、やはり体幹を鍛えないとダメですね。

筋トレの一環

スニーカーやサンダルと比べて、ヒールで歩くのは格段に疲れます。
だからこそ、ヒールを履くと浮腫む、無駄に筋肉が鍛えられてしまい逞しい足になってしまうと言われるわけですが、正しい歩き方を意識すればヒールを履くことによって普段ゆるゆるにたるんでいる筋肉を使うことも事実。筋力アップの一環としてのヒール効果に密かに期待しています。

緊張感の演出

正しい姿勢で歩くことにつながりますが、私の場合ヒールは自分自身に緊張感を与えるスパイスの役目を果たしてくれているようです。
そんなもんヒールに頼るなよ、とは思うのですが、スニーカーの時とヒールの時ではやっぱり気分が違う。これは転んで怪我をしないように、とか、階段の上り下りに気をつけなければ、などという安全面での緊張感はもちろん、美しい姿勢で歩こうという意識が高まるという意味でもあります。

もうヒールなんて疲れるものはやーめた、と言ってみたり、やっぱりもう少し努力しようと言ってみたり。

なんだか考えがコロコロ変わるこの頃ですが、

「何を着てもしっくりこない」

症候群に襲われる40代のファッション、こうしてあちこち揺れ動くのも当然のことなのかもしれません。
まあ、いいや。揺れながら日々考える。

今後は長時間でない外出の時やさほど歩き回らない予定の日を狙ってヒールを投入していく計画です。
体に負担をかけてまで必死になっておしゃれをしようとは思いませんが、好きなアイテムとはこれからも付かず離れず依存せず、の末長いお付き合いを心がけたいと現時点では考えています。

ヒールも履けるうちに履いとかないと、ね。

 






関連記事

By: Stephane Mignon

旅のファッション 荷物を少なくするため洋服は現地調達すべし?

By: 白士 李[/caption] そろそろ旅の準備をしなければ。 なんて言いつつも

記事を読む

By: Shaun Fisher

シンプルなファッションはつまらない。

By: Steve Johnson[/caption] 最近は既に持っているもの、そしてプレ

記事を読む

By: chrisada

履かない靴は、売る?処分? それでもまだ持ち続けている。

By: J. Triepke[/caption] 日が長くなったな、と気づく今日この頃。

記事を読む

By: Maurizio Costanzo

今日捨てたもの 3/14 20年後に選ぶ靴。

By: Andrei Dimofte[/caption] のんびりしていたらもう3月半ばじゃ

記事を読む

blackshirts

黒シャツのコーディネイト 大人買いと褪せた色。

By: Fred Benenson[/caption] 洋服の定番カラー、黒。困った時の黒。

記事を読む

By: Xavier

プチプラファッションだけが負の連鎖の元凶か。

By: Elvert Barnes[/caption] 本当に必要なものだけを所有して大切に

記事を読む

By: anneheathen

おばさんのミニスカートは迷惑論。

By: anneheathen[/caption] おばさんがミニスカートを履く行為は周りへ

記事を読む

By: Spixey

私を幸せにしてくれるブランドのちから。

モノに依存しない生き方、ねえ。 そこまで達観できたらいいなあと思うし物欲と煩悩にまみれ

記事を読む

By: Alan Cleaver

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

By: brittgow[/caption] 先日こんなことを書いておいてなんですが。

記事を読む

141115lg

今日捨てたもの 11/15 自分では選ばなかったであろうもの。

「一日一捨」運動を実施していた今年の8月ほどではありませんが、最近また少しづつモノを減らして

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ワンタフトブラシ
もう歯医者には行きたくない。

By: Steve Snodgrass[/caption] 人

ニラときくらげの卵炒め献立
ニラときくらげの卵炒め、えのきの梅しそおひたしで晩酌。

ガツンとした炒めものにはやっぱりビール、ですね。 密かに

door.min
ドアノブに少しだけ手をかける。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久

鶏肝煮献立
鶏肝煮、おつまみ奴献立。

気持ち悪い。 自分で画像を加工しながら、ちょっとグロいな

moalboal_2016_42
自分のスケールを悟る頃。

先日久しぶりの友人と食事をしました。 久しぶりって、3年

→もっと見る

PAGE TOP ↑