ネイルを1本だけ残すなら。

公開日: : 最終更新日:2016/02/15 ファッション, ミニマルライフ

日常的にネイルをしなくなって随分と経ちます。

一番ハマっていたのは10年くらい前。

サロンにも行くことはありましたが、自分でデザインを考えて塗るのが好きだったので一時はかなりの本数が揃っていたし、ケア用品やらストーンやらちょこまか買っていました。

仕事が終わって遊びに行かずに早めに帰った夜に部屋で爪の手入れに没頭するのが趣味になっていたような。

爪がかなり頑丈&伸びるのが異様に早く、自爪に思う存分アートを施せる土壌があったのもネイルに凝った原因だと思われます。




 

ネイルサロンの平均利用金額

ふと気になって女性の(最近はサロンに通う男性も珍しくないようですが)ネイルにかける時間や費用について調べてみました。

参考 ジェルネイルの平均金額「5,718円」ーリクルートライフスタイル ビューティ総研調べ(リクナビウーマン)

ネイルサロン1回あたりの利用金額を尋ねると、女性の平均利用金額は5,612円で、2年連続で増加している。年代別では、20~34歳のF1層や35歳~49歳のF2層に比べ、50歳~64歳のF3層の平均利用金額が低かった。

2014年のデータですが。
F3層のサロン利用金額が低いのは年齢とともにネイルケアへの関心が失われる…からではなく、60代前後の方にとってネイルサロン自体が馴染み深いものではないからでしょう。昔は普通のOLさんが気軽に通えるネイルサロンなんてなかったもの。今は月額いくらで通い放題とか、つけまつげつけ放題(!)とか、いろんなサロンがあるので私たち世代よりも若い人のほうがカジュアルに通い慣れていますよね。

と、話が逸れましたが、ネイルが「女性のたしなみ」として市民権を得てから随分と経ちます。

常に週に2回は異なるデザインのネイルに仕上げていた私ですが、最近はめっきりネイルと疎遠になりました。前回塗ったのはいつだったかもう思い出せないくらいに。

たまのイベントや気分転換でサロンを利用すること今後もあるかもしれませんが、常に指先が美しい状態にはおそらくもう戻らないような気がします。

と思ったので、当然ネイル用品もごっそり処分しました。

参考 大量に処分したネイル用品。

考えた末に1本だけ、とはいきませんでしたが残したのは赤とゴールドの2本。処分してから1年が経過しますが、これで何の問題もありませんでした。

ネイルをしないのは、見た目にかまわなくなったから?

40過ぎてすっかりネイルアートに興味がなくなった、などというとまるで見た目に構わなくなった、年齢にかまけて努力をしなくなった、と思われるかもしれません。確かに、若い頃に比べれば「人目を気にしたおしゃれ」とは縁遠くなりましたが、どこに力を入れるか、何を重要視するかは年齢や環境、気分や趣味趣向が変わるにつれ常に変動していくものなのでしょう。

一度よい、と思った習慣をいつまでも頑なに守り続けることだけが「努力」じゃないもんね。いつだって妙なこだわりにとらわれず、柔軟に変化していくのもまた成長、ということで。

さて、それでも私がペディキュアは欠かさないのはなんといっても「楽」だから。

足の爪って、目からの距離があるからか、手指ほど粗が気にならないじゃないですか。ちょっとはみ出たり少々剥がれてきてもそんなに目立たないというか。

なんともズボラでトホホな理由ですが、これが過剰な装飾を好まない今の自分にあったネイルの楽しみ方、なのでしょう。

参考 「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

たくさん持っていたネイルの中でも特に気に入っていた赤とゴールドの2色を足のために残したのは大正解でした。この夏も活躍してくれています。

手の爪は何にもお構い無しの状態が続いていますが、足の爪には常にいずれかの色が乗っています。特に今の時期はサンダルを履くし、色があるほうが自分の気分がよいので。

単に「気に入っていた」というのもありますが、この2色を選んだのは何か理由があるんですかね。色ってそのイメージから受ける印象とか心理的な何かが反映される、とかありそうだし。だとしたら赤とゴールドってとんでもなくおめでたいですね。これは万年夏祭り状態の頭の中を表しているのでしょうか。本当にありがとうございます。

 






関連記事

shampoo

湯シャン生活3ヶ月、白髪に効果はあったのか?

その後も、シャンプーを使わない生活を続けています。 参考 シャンプーやめました。湯シャ

記事を読む

By: Bart Speelman

シェアハウスは居酒屋に似ている。

By: Bart Speelman[/caption] 華麗にスルーしているけれど、おまえ引

記事を読む

tainan-hotel14

最小限の旅の持ち物、パソコンもカメラも邪魔。

By: Alejandro Pinto[/caption] 身軽な旅をするならば荷物は最小限

記事を読む

By: Loren Kerns

将来に不安を感じることには意味がない。

By: Loren Kerns[/caption] 「ブレない人」 その響きはものすご

記事を読む

kanga

旅の荷物、便利な小細工と必需品。

雑誌やサイトで 「女性の海外旅行の必需品は?」 などというお題でいろんなグッズを

記事を読む

By: Rubbermaid Products

服を買うなら捨てなさい スタイリストが提案する持たないスタイル。

By: Rubbermaid Products[/caption] 先日発売されたばかりの地

記事を読む

runner.min

今日捨てたもの 8/31 『捨てる月間』最終日。

今月1ヶ月間取り組んできた「一日一捨」運動、ついに本日で最終日となりました。 なん

記事を読む

shoppingscene

今日捨てたもの 11/3 大人買いの学び。

お久しぶりの捨て記事です。 基本的に手放したもの、新たに入手したものに関しては自分の備忘録

記事を読む

chess.min

8月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

毎日捨てるという試みを1ヶ月間続けた8月。 今日はこの期間中に手放したものを改めてまとめて

記事を読む

By: THOR

洋服を捨てれば、減らせば、幸せになれるのか。

By: Francisco Anzola[/caption] たくさん洋服を持っていないとお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし
焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし献立。

妖艶。 そんな言葉が浮かんでくるビジュアルではありません

tainan_32
おばさんが嫌われる理由。

踊り疲れたディスコの帰りを存分に満喫する夏です。 自分の

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め献立
つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムル献立。

辛味の効いた青菜炒めって、南国の味だよなあ。 暑い国のレ

taiwan-takami16
夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。

suginami_56
薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その

→もっと見る

PAGE TOP ↑