ネイルを1本だけ残すなら。

公開日: : 最終更新日:2016/02/15 ファッション, ミニマルライフ

日常的にネイルをしなくなって随分と経ちます。

一番ハマっていたのは10年くらい前。

サロンにも行くことはありましたが、自分でデザインを考えて塗るのが好きだったので一時はかなりの本数が揃っていたし、ケア用品やらストーンやらちょこまか買っていました。

仕事が終わって遊びに行かずに早めに帰った夜に部屋で爪の手入れに没頭するのが趣味になっていたような。

爪がかなり頑丈&伸びるのが異様に早く、自爪に思う存分アートを施せる土壌があったのもネイルに凝った原因だと思われます。

 

ネイルサロンの平均利用金額

ふと気になって女性の(最近はサロンに通う男性も珍しくないようですが)ネイルにかける時間や費用について調べてみました。

参考 ジェルネイルの平均金額「5,718円」ーリクルートライフスタイル ビューティ総研調べ(リクナビウーマン)

ネイルサロン1回あたりの利用金額を尋ねると、女性の平均利用金額は5,612円で、2年連続で増加している。年代別では、20~34歳のF1層や35歳~49歳のF2層に比べ、50歳~64歳のF3層の平均利用金額が低かった。

2014年のデータですが。
F3層のサロン利用金額が低いのは年齢とともにネイルケアへの関心が失われる…からではなく、60代前後の方にとってネイルサロン自体が馴染み深いものではないからでしょう。昔は普通のOLさんが気軽に通えるネイルサロンなんてなかったもの。今は月額いくらで通い放題とか、つけまつげつけ放題(!)とか、いろんなサロンがあるので私たち世代よりも若い人のほうがカジュアルに通い慣れていますよね。

と、話が逸れましたが、ネイルが「女性のたしなみ」として市民権を得てから随分と経ちます。

常に週に2回は異なるデザインのネイルに仕上げていた私ですが、最近はめっきりネイルと疎遠になりました。前回塗ったのはいつだったかもう思い出せないくらいに。

たまのイベントや気分転換でサロンを利用すること今後もあるかもしれませんが、常に指先が美しい状態にはおそらくもう戻らないような気がします。

と思ったので、当然ネイル用品もごっそり処分しました。

参考 大量に処分したネイル用品。

考えた末に1本だけ、とはいきませんでしたが残したのは赤とゴールドの2本。処分してから1年が経過しますが、これで何の問題もありませんでした。

ネイルをしないのは、見た目にかまわなくなったから?

40過ぎてすっかりネイルアートに興味がなくなった、などというとまるで見た目に構わなくなった、年齢にかまけて努力をしなくなった、と思われるかもしれません。確かに、若い頃に比べれば「人目を気にしたおしゃれ」とは縁遠くなりましたが、どこに力を入れるか、何を重要視するかは年齢や環境、気分や趣味趣向が変わるにつれ常に変動していくものなのでしょう。

一度よい、と思った習慣をいつまでも頑なに守り続けることだけが「努力」じゃないもんね。いつだって妙なこだわりにとらわれず、柔軟に変化していくのもまた成長、ということで。

さて、それでも私がペディキュアは欠かさないのはなんといっても「楽」だから。

足の爪って、目からの距離があるからか、手指ほど粗が気にならないじゃないですか。ちょっとはみ出たり少々剥がれてきてもそんなに目立たないというか。

なんともズボラでトホホな理由ですが、これが過剰な装飾を好まない今の自分にあったネイルの楽しみ方、なのでしょう。

参考 「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

たくさん持っていたネイルの中でも特に気に入っていた赤とゴールドの2色を足のために残したのは大正解でした。この夏も活躍してくれています。

手の爪は何にもお構い無しの状態が続いていますが、足の爪には常にいずれかの色が乗っています。特に今の時期はサンダルを履くし、色があるほうが自分の気分がよいので。

単に「気に入っていた」というのもありますが、この2色を選んだのは何か理由があるんですかね。色ってそのイメージから受ける印象とか心理的な何かが反映される、とかありそうだし。だとしたら赤とゴールドってとんでもなくおめでたいですね。これは万年夏祭り状態の頭の中を表しているのでしょうか。本当にありがとうございます。

 




関連記事

ナイロントートがものすごいスピードで汚れる。

たった2ヶ月でこんなに汚れるものなのでしょうか。 いや、もしかすると、素材云々色どうこ

記事を読む

脱シャンプーの臭いと白髪問題。シャンプーを止めて6ヶ月が経過。

シャンプーを使わなくなって半年以上経ちました。 参考 湯シャン生活の記録 つい先

記事を読む

旅先での肌トラブルに対応する。

ここ数年間の自分観察記録によりひとつの仮説を立てていたのですが。 関連 海外ではアトピ

記事を読む

春の初めのコーディネイト

春の初めのコーディネイトと16SSファッション計画。

By: Evan Bench[/caption] 20度越え! やったね、今年も無事越

記事を読む

旅行鞄をスーツケースからトートバッグにチェンジ。

By: Andrei Dimofte[/caption] セブ島に到着して早2週間が経過しま

記事を読む

痛いおばさんファッションのすすめ。

By: Laura Bittner[/caption] 夏至上主義なもので寒いのは勘弁なので

記事を読む

服がない、おしゃれに無縁の1ヶ月。セブ日記 6

服がない。正確には、手元にない。 ここに到着して1週間と少し。すでにコーディネートはロ

記事を読む

旅の荷物と移動距離。

旅の準備が苦手なりに慣れもあってかさすがに徐々に技術向上している気がしています。 正確

記事を読む

21世紀の英会話 高城剛氏はなぜこの本を書いたのか。

By: Steven S.[/caption] 先日、私が英語を学び始めたのは40歳を過ぎて

記事を読む

友達はみんなお金持ちだから、何もよろこんでくれない。

わかりやすい酒瓶を担いで友人の誕生日を祝いに行く。 「わかりやすい酒」 というと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

牛肉とにんじんの塩煮献立
にんじんと牛肉の塩煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立。

大ぶりに切ったにんじんがメインのおかず、牛肉とにんじんの塩煮

→もっと見る

PAGE TOP ↑