気持ち良さを知り二度と手放せなくなったもの。

公開日: : 最終更新日:2018/06/19 健康と美容

Pulitzer Hotel Barcelona3

これまではさほど必要だと考えていなかったのに、知ったが最後、どうにも手放せなくなる出会いというものが世の中には存在します。

もう、離れられない。出会う前の二人には戻れない。

ロマンス。

いや、先日フロスが行方不明になりましてね、これが思いの外辛かったのです。

デンタルフロス紛失による違和感

dentalcare2

ある夜、いつものように歯磨きして、フロスを通して、就寝。

翌日の夜もまた同様に洗面所に立って初めて、あ、フロスがない、と気づきました。ない、と言っても使い切ったわけではありません。ケースごと紛失したのです。

自分しかいない家で歯磨き時にしか使用しないため常に定位置を保っているはずのブツを紛失するという状況がそもそもおかしいと思うのですがそれは一旦置いといて。

で、こういうパターンだと、普通はすぐに出てくると思うじゃないですか。なんかこう棚の隙間に落ちてたわとか、いつもと違う引き出しに入れちゃってたとかそういうオチを想定して、その夜は捜索もそこそこに切り上げたわけです。

無くしたフロスが出てきても、あるいは出てこなくても確実に無駄にはならないのだから、この場合は新しいフロスを直ちに購入するべきである。なのに、翌日うっかり買い忘れてしまったからさあ大変。もうね、気持ち悪くて仕方ない。気になってしょうがない。

そのまた翌日にようやく新しいフロスを調達して、心底安堵したのでした。ちなみに普通に無味無臭のタイプが好きです。

フロスの使用が習慣化したプロセス

ワンタフトブラシ

親知らず抜く抜かないで大騒ぎしてから早くも1年が経とうとしています。あの日流した涙も振り返ってみれば胸がキュッとなる思い出の1ページ、なんて1ミリたりとも思っていません。あんな経験は二度とゴメンだ。

40過ぎた大の大人が歯科で泣く 40代の親知らず抜歯記録。

もう口腔系のトラブルはこりごりなので、真面目にフロスを使っている、ということではなく、同時期にセラミックを入れた部分がフロスなくしてはすごく違和感があるのです。

歯の詰め物をセラミックに変える。

多分、ここは食べ物が詰まりやすい絶妙な歯間を保っているのではないかと。だからこそ、虫歯になっちゃったんでしょうけど。以前はフロス常用してなかったし余計にね。

でもまあこれも悪いことばかりではなくて

ものが詰まる→違和感→フロス通す→爽快感 = 習慣化

というプロセスを踏めたのだから、結果としてはよかったのだ、と思うことにしました。人間頭ではわかっていても実際に体感してみないとピンとこないこともある。

ところで日本はデンタルケア後進国であるという噂を度々目にしますが。

「予防歯科」に関する意識調査セルフケア・プロケアの両輪で予防歯科行動が“一歩前進”- 生活者の歯科医師に対する苦手意識が減少 -(sankei biz)

歯間ケアアイテムと洗口剤の使用率は、2013年と比較し「歯間ブラシ」は25.8%→45.4%、「洗口剤(デンタルリンス)」は22.7%→31.8%、「糸巻きタイプのデンタルフロス」は9.7%→17.9%と、全て8%以上増加していることがわかりました

えらく数値が変化してますな。私とてもう、フロスを使っていなかったあの頃の私には戻れません。

ところで未だに出てこない失くしたフロス。考えられる原因はただひとつ、間違って破棄してしまったのでしょう。それはそれでまた問題ありなので対応すべきではありますが、とにかく来月の定期歯科検診でよいお知らせが聞けることを願うばかりです。

※追記 定期検診、行きました。
言わなきゃよかった、あんなこと。

 




関連記事

毎日がドラマティックな起床。

3週間ほど前から目覚ましアプリを使い始めました。 Sleep Cycle Sleep

記事を読む

シンプルケアはこれひとつ、にはならなかった。

昨年春に起きたトラブルが収まった後、スキンケアを変更しておりました。 関連 皮膚科で受

記事を読む

40代の婦人科検診、そろそろ、そろそろ。

ハイ、グイッとグイッとイッキに!うう〜ん、いい飲みっぷりィ! そんな掛け声に乗せられて

記事を読む

歯の詰め物をセラミックに変える。

この夏、もっとも大きな買い物をしました。 夏どころか、現時点では2017年度でも上位入

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 時代は家吞みダイエット。

なんだか最近外食減ったなあ。 去年の今頃はほぼ毎日外食の日々でした。何故なら、キッチン

記事を読む

ほうれい線に攻めのオイルとマスクを使った結果。

By: Mick C[/caption] いやー、妙に不安定ですねえ。 肌の話です。 関連 ほう

記事を読む

シンプルケアにアルガンオイルをプラスした。

スキンケアはこれ!という方法になかなか巡り会えず、落ち着くことができなかった私。あちこちに手

記事を読む

パドルブラシ

白髪をケアする40代、髪が黒くなったと言われる。

「おっ、crispyさん。髪色変えましたね」 先日、打ち合わせの席で言われ、いや、何

記事を読む

40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

40代になるとファッションが難しくなる、と先日書きましたが、ファッションと同様に悩むのがスキ

記事を読む

groovy vol.4

地獄よりも、ダンスフロアへ連れてって。

なかなか予定通りに進まないものですね。 せっかく曜日を考慮して選んだというのに、今月は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

→もっと見る

PAGE TOP ↑