台湾一周一人旅 台北 駅近 空港移動に便利なホステル。

公開日: : 最終更新日:2019/02/01 旅人への道

taopei2016_9

今回の台湾一周旅行では基本的にバジェットタイプの宿を利用しました。
というのも台湾旅行は今回が初めてだったので素敵なホテルでゆったり過ごす、というよりも街のあちこちを見て回りたい気持ちが強かったから。ホテルで過ごす時間は限りなく少なくなるだろうと踏んで期間中の宿泊は一部を除きほぼホステルを選択したのです。

事前にチェックしてみたところ台湾には使い勝手のよさそうなホステルがたくさん。去年バンコクにてゲストハウスデビューしてすっかり味を占めた私は各地でホステルに泊まることすら楽しみにしていたのであります。

関連 バンコク女性一人旅。ゲストハウスに泊まってみる。

台北では台湾到着時と台湾一周終了後にあわせて3箇所のホステルを利用しました。



台湾一周一人旅  台北 駅近 空港移動に便利なホステル

taipei_hotel_20

台湾到着初日は台北駅近くのOxygen Hostel Ximendingに宿泊しました。

taipei_hotel_19

台北駅のバスターミナルから徒歩10分弱。二二八和平公園近くにあるこのホステル、大通りに面した立地で1Fがビアバー、お隣はスターバックスととてもわかりやすい。

taipei_hotel_17

が、何しろ外観がただの飲食店なので、え?本当にここ?と到着時にちょっと戸惑ってしまいました。

taipei_hotel_15

taipei_hotel_16

設備は新しく水周りも清潔でロッカーも室内に完備。キッチン設備や冷蔵庫はありませんが、最上階に座敷の共有スペースとランドリーがあり不便はありませんでした。
私が利用した時は日本人と日本語が話せる台湾人のスタッフさんがおられました。聞けば台湾人の女の子は1年間の日本留学経験があるとのこと。1年であれだけ流暢に話せるようになるってすごいなあ、頑張ったんだろうなあ。

taipei_hotel_14

taipei_hotel_21

近くには城中市場があり、ローカルな雰囲気も楽しめます。

よかったところ

  • 場所がわかりやすく便利
  • WIFIが快適
  • コーヒー、お茶等が自由に飲める
  • 屋上で洗濯物が干せる
  • ベッドにカーテンがついている
  • ベッドに電源プラグとUSBプラグがついている
  • フロアは男女別
  • カードキー形式のロッカーが室内にある
  • タオル完備

悪かったところ

  • 狭い
  • ロッカー開閉時の電子音が大きく気を使う

場所がわかりやすく駅から近いのは魅力。空港行きバス停へも徒歩圏内なので、早朝や深夜便で到着・出発する際にも使えそうです。清潔かつベッドの寝心地もなかなかいいのですが、とにかく部屋が狭い。私が泊まった日はガラガラだったのでまだよかったですが、満室だったら結構窮屈かもしれません。と言ってもそもそもこういうタイプの宿を使うのはほぼ部屋にいないと割り切ってるからなので、さほど問題ではないかな。

Oxygen Hostel Ximending

龍山時駅近くの居心地がいいホステル

taipei_hotel_7

台湾一周を終え再び台北に戻った日はMRT龍山寺駅近くにあるMango53Innを利用。

MRT龍山寺駅から徒歩4分と便利、なのはいいのですが、場所がわかりにくい。3番出口を出てまっすぐ東へ進むだけ、なのに一回通りすぎてしまいました。

taipei_hotel_6

だって入り口これですからね。看板もないし、そりゃ見落とすわ。

実はここでのチェックイン時にちょっとしたトラブルがありました。
トラブル、といっても単に私の勘違いなのですが、いつものようにAgodaで予約を完了していた私、すっかり支払いを済ませていると思いきや現地払いだったというオチ。チェックイン時に支払いを求められ

「Agodaで予約した時にクレジットカード情報入力したよ?」
「え、ていうかうち、Agodaに掲載してないんですけど…」
「は?」
「へ?」

みたいなやりとりになってしまいました。
改めて予約情報をチェックしてみたら私は確かにAgodaのサイトを使っていたのですが、予約自体はAgodaのサイトを通じて同系列のBooking.comにて完了していたのです。よって、Booking.comにしか情報を掲載していないホテル側はAgodaからも予約できることは知らなかった、という訳。予約時にクレジットカード情報は入力していたものの、決済はされていなかったのですね。ややこしいわ!

結局予約メールを再チェックして私の勘違いということが判明し、現地でクレジットカードで決済。フロントの女性はとても親切で嫌な顔をすることもなく対応してくれました。

めでたし、めでたし。

さて、このロケーション。龍山寺駅近くということは、もちろん龍山寺までも歩いてすぐ。

taipei_hotel_5

taipei_hotel_4

到着した日の夜は厳かな雰囲気に触れ

taipei_hotel_23

taipei_hotel_22

翌朝の散策ではまた違った表情を見ることができました。

前置きが長くなりましたが肝心の内容について。他のホステルに比べて新しさやおしゃれっぽさはなく、エレベーターがない、階段が急などの短所は多々あるものの、「居心地」という点では意外によかったのです。

taipei_hotel_1

最上階が広めの共有スペースになっていて、キッチン、冷蔵庫、ランドリースペース、喫煙可のテラスなどがあり。ここがかなりまったりできてみんな結構気に入っている様子でした。

taipei_hotel_3

といってもギターを爪弾いて大声で歌い出すような若者はおらず、各々静かに寛ぐ感じ。いや、未だかつてゲストハウスでギターの洗礼を受けたことなんてないのですが、イメージ的にね。

よかったところ

  • MRTの駅から近い
  • 共有スペースの居心地がいい
  • コーヒー、お茶等が自由に飲める
  • 屋上で洗濯物が干せる
  • スタッフの対応がよい

悪かったところ

  • 立地は良いが少々見つけ辛い
  • エレベーターがない
  • 部屋内にロッカーがない
  • バングベッドが華奢で頼りなく、カーテンがない
  • バス、トイレが室内にある(但し室外に共用バスルームもあり)
  • タオルがない

バスルームが室内にある、というのは賛否分かれるところでしょうが、私は苦手。
今回は8人部屋でも3人しかいなかったので問題ありませんでしたが、誰かがシャワーを使っていたらトイレに入れないのは少々窮屈に感じるのですがどうでしょう。まあここは部屋の外にもトイレやシャワールームがあったので、緊急事態には対応可能なのですが、部屋とバスルームは分かれているほうが個人的には好みだなあ。

なんかこうして書き出すと悪いところばっかり出てきちゃいましたが、今思い返してもホステルの印象自体はそう悪くないのはなぜだろう。やっぱりペントハウスの居心地のよさかしら。

Mango53Inn

 

台北駅地下鉄出口から数歩、とにかく移動に便利なホステル

taipei_hotel_8

帰国が早朝便だったので最終日は台北駅バスターミナルに近いホステルminiinnを選択。台北での滞在場所は1箇所で済ませたかったのですが、たまたま連泊できず移動することに。今回は鞄ひとつの荷物しか持ってなかったし、基本的にいろんなところを泊まり歩くのは嫌いじゃないので結果的には面白かったです。

taipei_hotel_12

さて台湾最後に滞在したこのホステル。地下鉄台北駅7番出口からたった数歩、というかほぼ目の前というわかりやすい立地。

taipei_hotel_9

1Fにアウトドアショップpatagoniaが入っているビルの2Fがフロントになっています。

taipei_hotel_11

このホステル、ユーザーレビューで評価がやたら高かったのですが、ああなるほどねという感じでした。

新しい施設らしく設備も整っておりベッドの配置や寝心地、プライバシーの確保などがかなり優秀。ゆっくりホテルに滞在できない早朝・深夜便だけど、空港行く前にちょっとシャワー浴びて休憩したいなという場合の選択としてはかなりよいのでは。

taipei_hotel_10

桃園空港行きのバスターミナルまでは歩いて5分ちょい。深夜3時にチェックアウトして歩いて移動しましたが、大通り沿いで車もビュンビュン通っているので特に危険は感じませんでした。今気づいたけどこのホステルではほとんど写真撮ってなかったわ。まあ滞在時間が極端に短かったですからね。

taipei_hotel_13

ちなみに桃園空港行き國光客運の1819バスは24時間運行していますが、深夜便のみ乗り場が異なりました。バスターミナルは隣り合わせに2箇所あるのですが、深夜はその片側しか営業していないのですね。

よかったところ

  • MRTの駅出口から近い
  • フロントが24時間営業
  • 共有スペースでコーヒー、お茶等が自由に飲める
  • 室内が広い
  • ベッドの配置がよくカーテンもありプライバシーが確保されている
  • ベッド下にかなり大きめの鍵付きロッカーあり

悪かったところ

  • ランドリースペースがない
  • タオルがない

水周りも清潔でこの手ほぼ完璧に近い設備なのですが、なぜかランドリースペースがない。10:00までに洗濯物をフロントに預ければ夕方受け取れるサービス(100元)はあるとのことでしたが、結局使いませんでした。

miniinn

どこもそれぞれ長所・短所がありますが、台北のホステルってかなりお手頃価格なのに使い勝手のいいところが多いなあと感じました。もちろんドミトリーの居心地は同室の人のマナーや態度によって大きく変わるのですが、私はこれまで一度も嫌な思いをしたことはありません。ラッキーなのかな。

しかしこういうホステルを使えるようになると、海外旅行は一気に身近になりますね。

その昔は海外旅行といったら結構まとまった金額が出て行く覚悟が必要だった気がしますが、今やその辺にちょっと買い物に出かけるのとそう変わらない感覚になったような。鞄ひとつ持って身軽にホイホイ旅したい私にとって、これはとてもありがたいことです。

ミニマリストの持たない暮らし

台湾の他の地域で泊まった宿についてもおいおいまとめていきますよ。

 




関連記事

プーパッポンカリー 一人

一人でもプーパッポンカリーが食べたい!バンコク女性一人旅の食事 その2。

さて、前回の続きです。 参考 一人でもマッサマンカレーが食べたい!バンコク女性一人旅の

記事を読む

cebu-diary-01-2

必要最低限の部屋、夢も希望もありゃしない。セブ日記 1

本日のセブシティは晴れのち曇り。日中の気温27度。朝夕はエアコンなしで過ごせる気候でエアコン

記事を読む

adventure

願いを叶えるいちばんシンプルな方法。

今日はなんだかいい1日でした。 「いい1日」というのもかなり抽象的な表現ですが、目標に

記事を読む

tokyotower32

浜松町駅から東京タワーを歩く。東京散歩・港区

久しぶりの東京散歩です。 関連 東京散歩、近くの旅でも旅は旅。 今年に入って近場

記事を読む

NY_upsndmid_29

アップタウンとミッドタウン、アート巡りに夜景に公園。

観光しない旅行者として生きながらえる私ですが、今回のニューヨークではきちんと観光もしてきまし

記事を読む

cebu-esl-2w3

英会話経験ゼロから短期間で淀みなく話せるようになった人の勉強法。

フィリピン・セブ島にて4週間の短期語学留学を体験中です。 関連 社会人の学び直し、年齢

記事を読む

nana9

あまりにもマイペースな人。

「Hi,crispy do u remember me?」 週末の夜に届いた短いメール

記事を読む

domi

スーツケース1つで暮らす実験。

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。 正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ

記事を読む

narita1512232

成田空港第一ターミナルの電源カフェ。

さて、いよいよ出発します。 今回は珍しく京成で成田まで移動してみました。 基本は

記事を読む

1st_fuda_40

JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興奮の我々。 神戸から高速

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

抹茶ガトーショコラ
40代、初めての家計簿に感心。

あと、お金のやりくりができないので困っています。お給料だけでは

鮭と小松菜のオイル蒸し献立
小松菜と塩鮭のオイル蒸し、しいたけと三つ葉のおろし和え献立。

魚類の入手困難問題は、未だ解決できておりません。 頼りに

セイリングクラブニャチャン
ベトナム一人旅の食事 ニャチャンビーチのバーで夜遊び気分。

ベトナム・ニャチャン一人旅の食記録、後編です。 前編では

chiyoda_sanpo_10
仕事ができない人とは一緒に働きたくない。

リクエストされたレトロ喫茶でケーキをつつきながら、近況報告を聞

青梗菜塩炒め
青梗菜の塩炒め、にら納豆献立。

ずいぶん昔に、青梗菜に凝ったことがありました。 おそらく

→もっと見る

PAGE TOP ↑