英語が話せないのに海外で働く。最低限の英語とは。

公開日: : 最終更新日:2020/05/13 やりたいことほしいもの, 旅人への道

来月久しぶりに海外に行くことになりました。

思えばほぼ1年ぶり。

暫くうろちょろしていた自分にしては、意外に長期間東京に落ち着いていたなあという感覚です。

できれば寒い間に暖かい国に逃亡できればよかったのだけど、まあこればっかりはタイミングですから。

とにかく、今から楽しみです。

40代からの英語学習

海外で仕事をしていた、というと語学堪能だと思われることも多いのですが、実は私、40歳まで日本語(標準語・関西語)以外は全く話せませんでした。

それなのに、なぜ海外で数年間にわたり仕事ができたのか?

答えは簡単。
40歳を過ぎてから、必死で英語を学んだからです。

必要最低限の英語って?

必要最低限の英語を身につけたい、という日本人は多いです。しかし、必要最低限の英語など存在しません。
なぜなら、必要な英語スキルは人それぞれ異なるから。
標準値などはじき出せるわけがないのです。

例えば、

  • 一人で海外旅行できるくらい
  • 会社にかかってきた電話に応対できる程度
  • 簡単な洋書を読めるようになりたい

など、人によって、語学を身につけたい、身につけなければならない目的はさまざま。

40歳まで「This is a pen」の世界だった私に必要だったのは、一人で見知らぬ国で生活できて、緊急時に対応できて、外国人だらけの職場で意思疎通できる英語力でした。

どうにかこうにかかろうじて 「Fine thank you and you?」 と返すのがやっとだった10年前の私なら、絶対できるわけがないと諦めたであろう高すぎるハードル。

今思い返してみるとずいぶんと無茶ををしたなあと他人事のように感じます。
が、当時はそんなことを言っている余裕などなく、とにかく毎日必死で生きていました。

英語が話せない、正論と言い訳の間で

若い頃ならできたのに、もう少し貯金があったらやりたかったけど、子供が小さいうちは私のやりたいことなんて我慢しなくちゃね。

どれもこれも正論ですが、裏を返せば単なる言い訳でもあるわけで。

なんて言えるのも、私が40を過ぎて行ったこともない、誰一人として知り合いもいない国で英語はおろか現地語もろくに話せないくせに働いたという偉業(?)を成し遂げた経験があるからです。

この話は結構長くなりそうなので、何回かに分けて書こうと思います。
英語を勉強したいと思いつつなかなか取り掛かれない、海外生活をしてみたい、子供をバイリンガルに育てたい。そんな風に思う方に読んでいただきたいです。

関連 英語・海外移住に関するその他の記事




関連記事

パクチーが食べられない日本人がタイで暮らせるのか?

食の好みは年齢とともに変わるけれど、中には一向に食べられるようになる気配が訪れないものがあり

記事を読む

元町「瓢たん」で懐かしく新しい味噌ダレ餃子。

神戸は中華料理のレベルが相対的に高いと感じますが、独特の餃子文化もあります。 それは「

記事を読む

旅の荷物、結局使わなかったもの。

大荷物と共に移動するのが苦手なもので、基本的に使わないものは持っていかない派です。 関

記事を読む

松本伴宏 赤巻 豆皿

収集癖への淡い憧れ、コレクターにはなれなくて。

何かにどハマりし、寝食忘れてのめり込み、稼ぎの殆どをつぎ込んで対象アイテムを買い漁ったコレク

記事を読む

ブログで実施したアンケートが楽しい。

結果を眺めてドキドキしながら 「アンケート...」 とつぶやくシーンが伝染るんで

記事を読む

新年の目標はまだ立てないが筋肉。

新年といえば、目標設定ですね。 わたくし相当な皮算用マニアなもので、今年はあれをやろう

記事を読む

すごい空間支配力。

ボヘミアン・ラプソディが思ってたよりずっとよかった。 そんな意見が出たものだから、それ

記事を読む

小さい折り畳み傘

傘がない。

梅雨真っ只中なのに、傘がない。 ビニール傘を最後に使ったのはいつだったか。 以前

記事を読む

慌ただしい日々、悪いことばかりでもない。セブ日記 14

驚くことに、残すところあと2日である。 関連 大人の短期英語留学記録 「セブ日記」

記事を読む

激しい朝活、AM6:00が限界説。

いきなりやってきた酷暑に体内時計が反乱を起こしたのかなんなのか、起床時間がどんどん前のめりに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑