旅の靴 サイドゴアブーツを選ぶメリットとデメリット。

Dr.マーチンサイドゴア

昨年買ったもののなかでこれはよかったと感じているものの中に靴があります。

関連 2016年、買ってよかったものベスト3。

購入から3ヶ月ほど経過しましたが、この間での着用回数はダントツで首位。いやいや、良い買い物をしました。

普段履きに、そして旅行のお供に選んだ靴。実際に使ってみて感じたことをまとめておきます。



サイドゴアブーツは旅の友として最適か

JALプレミアムエコノミーラウンジ

購入時にレースアップタイプにも心動かされたものの旅に連れ出すのならサイドゴア一択でしょ!というお兄さんの一言で初心に帰って選んだチェルシーブーツ。実際に旅行のメインシューズとして使ってみるとそりゃこっちで正解ですわ、と感じました。

海外旅行であればお座敷に上がるなど靴を脱ぐ機会はそうそうないけれど、紐で着脱って結構手間ですからね。

さらにラバーソウルで長時間歩行がラクな点も旅行用の靴としては大きなメリット。雨や雪でもさほど神経質にならずに使えるのもありがたいポイントです。

じゃあデメリットはないのかといえばそんなことはなく。

サイドゴアブーツを旅行に使うデメリット

今回行きの飛行機は幸運にも足がゆったりと伸ばせる最前列の席でした。

関連 JALプレミアムエコノミー搭乗記、東京・成田からニューヨーク・JFKの旅。

乗ってすぐさまスリッパに履き替えた私の隣で頑なにブーツを脱がない友人。

「スリッパに履き替えたらいいのにー、ラクだよ?」

と促すと

「脱いだら入らなくなりそうだから」

とのお答え。

あ、むくみ問題ですね。

自他共に認めるサリー足で長年過ごしてきた私ですが、冷え性対策に乗り出してからというものむくみは幾分マシになりました。

関連 むくみを解消すれば足は細くなるけれど、油断するとまたすぐむくむ。

が、飛行機の移動時に起こるむくみはまた別問題。機内で脱いだはいいけど今度は入らない!となってしまったらかかとを踏むわけにもいかないサイドゴアブーツはジッパー付きのブーツと違って逃げ場がないなと気づく。そして実際到着時に再び履くのに若干の苦労を要しました。スタイル詐称インソールは絶対に入りませんね。

でもむくみって基本的にふくらはぎとかじゃない?なかなか入らなかっということは足首から下もむくんでしまうってことですかね。この点は着圧ソックスの類を持参すれば幾分防げる、かな。

サイズが変わらない靴とのいい関係

blackboots

そして当然ながら全てのコーディネート、スタイルに合うわけではないので旅の目的によっては「これ一足」では通せないかもしれません。が、それはどんな靴を選んでも同じこと。何にでも合う、誰にでも似合うものなんて存在しないですからね。それでもこのブーツは1週間程度の旅であれば十分メインを張れる力量があると感じています。大切に履いて長く使おう、そうしよう。

長く使う、といえば15年選手のロングブーツ。

関連 最期通告を受けたロングブーツ。

もう何年も前に最期通告を受けたにもかかわらず昨日もしつこく履いていたのですが今夜が山だ状態で騙し騙し履き続けたこのブーツもそろそろ限界かなあ。もう十分過ぎるほどに履いたのだから満足しているとはいえ愛着があり過ぎてなかなか引退させてあげられず。

ミニマリストの持たない暮らし

新しいものを次々と手に入れていつも新鮮さを纏う楽しさもあるけれど、サイズの変わりにくい靴は長いおつきあいが可能なアイテム。こんなに長く連れ添えるお気に入りに出会えたのは幸運なことなんだろうな。

 




関連記事

By: gags9999

嫌な中にも好きなことを見つける理由。

By: Thomas8047[/caption] 今日から12月。 本格的に寒くなってきた

記事を読む

cebucity1608_2

オールシーズンこれ一枚、が洗濯したらぺったんこ。

5月だというのに各地で余裕の30℃ですって。夏ですね。 寒いよりは暑い方が全然マシなの

記事を読む

ohtani_7

新開地の貝つぼ焼きと、マスコット。

貝のつぼ焼きは、わが故郷神戸の名物料理である。 その事実を知ったのは、昨年の年明けでし

記事を読む

By: Rubbermaid Products

服を買うなら捨てなさい スタイリストが提案する持たないスタイル。

By: Rubbermaid Products[/caption] 先日発売されたばかりの地

記事を読む

アイロンはいるのかいらないのか

捨てる日々、アイロンはいるのかいらないのか。

来月末までにもう少し持ち物を減らそうと考えています。 関連 減らす計画、捨てる日々再び

記事を読む

By: Laura Bittner

痛いおばさんファッションのすすめ。

By: Laura Bittner[/caption] 夏至上主義なもので寒いのは勘弁なので

記事を読む

By: woodleywonderworks

スケジュール帳を持つのを止めた結果。

By: yoppy[/caption] 去年の12月にこんな記事を書いていました。 関

記事を読む

By: uros velickovic

オークション代行でトラブルに遭って考えた。

By: Andy Arthur[/caption] 手放したものの中でまだ使える、新しいもの

記事を読む

passport

パスポートとの別れと原点回帰。

なんだか久しく出かけていないなあと感じる今日この頃。 年明けに自宅に戻ってからずっと東京に

記事を読む

ジャケットの着こなし

シンプルだから飽きない、は真実か。

By: Katie Brady[/caption] 先日こんな記事を書きました。 参考

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAG_1
40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ
秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

秋刀魚、まだまだ行きますよ。 前回は贅沢(?)にも好物の

rerise_2
白髪染めをやめたらどうなるか。

新しい白髪ケア用ヘアカラーを使い始めて、約1ヶ月が経過しまし

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

→もっと見る

PAGE TOP ↑