台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その5. 高雄駅 台鐵豬腳便當。

公開日: : 最終更新日:2016/10/23 旅人への道, 食べること

Kaohsiung_3

台湾を鉄道でぐるりと一周する旅も既に5都市目。

関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

当初予定していなかった高雄に立ち寄りはしましたがお次は元の計画通り台東に向かうことにします。

が、ここでちょっと予定が狂う事態が発生。



乗るつもりだった列車が、ない

Kaohsiung_lunchbox_8

高雄では10:30から発売される限定品の駅弁を買うと決めていたので少々早めに駅へ向かいました。まだ切符を買っていなかったので先ずは券売機に行って、などと考えていると弁当売り場に既に人だかりができている。

限定弁当、逃すまじ。

争奪戦に乗り遅れては大変とばかりに切符を買う前に参戦し無事目当ての品を入手できた、のはいいのですが。

乗ろうと思っていた11:23発の自強号の切符が、買えない。

事前にアプリで出発時刻を調べていたのですが、なぜかその時間の列車が出てこない。窓口で聞こうかなあとも思ったのですが、ここでふと別の考えが頭を過る。

台東の前に、一駅寄り道してもいいんじゃない?

調べてみると高雄→屏東(ピンドン)→台東の切符ならば問題なく取れる模様。ならば屏東で途中下車してちょろっと駅前冷やかして、なんならそこで弁当食べちゃってから改めて台東に向かうかな、と予定変更。結局

  • 高雄発11:40自強号普悠瑪列車(特急) 屏東着11:55 45元 (=約160円) 所要時間15分
  • 屏東発13:03自強号(特急) 台東着14:59 305元 (=約1,070円) 所要時間1時間56分

以上2枚の切符を購入しました。

Kaohsiung_lunchbox_13

高雄から屏東ってたった5駅なのでわざわざ特急指定席の切符を買うまでもないのですが、普通列車の時間帯が読めなかったもので。が、この作戦も思い通りにはいかなかったのです。

高雄から屏東へ移動

ここまで順調に来ていた列車移動だったのですが、ホームで確認してみると高雄から屏東への自強号がなんと45分遅れの表示。私がいた場所では大きく影響がなかったので気付かなかったのですが、どうやらこの日は大雨の影響で台湾各地ダイヤが大幅に乱れていたようです。

しかしここで45分も消費するわけにいかないなあ。

ふと反対側のホームをみると3分後に発車する各駅停車が止まっている。ここで待つよりとりあえず屏東まで出ちゃえ、その後のことは屏東で考えよう。そう決めて普通列車で屏東まで移動したのでした。

今日は珍しくいろいろタイミングが合わない日だなあ。でもこういう時に焦ったらロクなことにならないから、まあゆったり行きましょう。などと自分をなだめているうちに屏東駅着。

Kaohsiung_lunchbox_16

え。

Kaohsiung_lunchbox_17

あれ?思ってたのと違う。

屏東はこうして特急も止まるし何かと名前もよく目にするところけれど台湾第二の都市、高雄よりはかなり小規模な街のはず。よって情緒ある古めかしい駅なんだろうと勝手に思い込んでいましたが、めちゃくちゃデカくて新しい駅じゃないですか。実は大都市だったのか?

が、

Kaohsiung_lunchbox_20

駅ビルのテナントスペース、何にも入ってない。通路暗い、人少ない。

Kaohsiung_lunchbox_21

駅前なんもない。あれ?

Kaohsiung_lunchbox_22

と、なんだか行き止まりばかりで迂回させられ駅の周りをぐるっと回ってこの表示を見て納得。
この屏東駅はまだ移設したばかりの新しい駅舎で昨年高架化オープンしたばかり、なのでした。

関連 台湾鉄道・屏東駅、きょうから高架化 10月にはダイヤ改正(exciteニュース)

なるほど、だから立派な駅なのに中身が全然賑わってないのか、納得。

Kaohsiung_lunchbox_23

またまたぐるっと回って反対側の出口に出てみるとこちらはやや街らしき景色が。

Kaohsiung_lunchbox_24

そして突如現れた慈鳳宮。

Kaohsiung_lunchbox_26

隣に掲げられた看板によれば慈鳳宮が設立されて280年記念の年に新駅舎ができた、ってことでしょうか。

Kaohsiung_lunchbox_27

もう少しこの辺りを探索しようかどうしようか、と考えているとなんだか空模様が怪しくなってきました。

Kaohsiung_lunchbox_28

よって大人しく退散。
後で調べてみるとこの付近には旧日本人街もあったらしい。一体何しに来たんだか、って感じになった屏東での途中下車でしが、駅前のコンビニでビールが買えただけでもありがたいというもの。そう、今日は絶対にビールが必要なのです。

Kaohsiung_lunchbox_29

駅に戻ってみると先ほど45分遅れだった自強号は倍率ドンさらに倍、でまさかの91分遅れに。でも私の乗る予定の列車はオンタイム。同じ方向へ行く列車なのになんで?と思ったら始発駅が違ったのですね。運がいいんだか悪いんだかよくわかりませんが、とにかく無事台東に行けそうです。

Kaohsiung_lunchbox_30

結局ここでお弁当を広げる時間は取れなかったので初めの計画取り車内で食べることになりました。

台湾駅弁その5.  高雄駅 台鐵豬腳便當

Kaohsiung_lunchbox_3

早くに入手できたのになんだか食べ始めるまでにえらく時間がかかってしまった高雄の駅弁。

Kaohsiung_lunchbox_2

実は勇み足が過ぎて高雄の駅ではまだ売り場には陳列されておらず、

Kaohsiung_lunchbox_4

わざわざ届きたてほやほやの段ボールから出していただいたのでした。でも屏東でも同じ限定弁当を売ってるんだからあんなに焦って買わなくてもよかったかな、と思っていたら

Kaohsiung_lunchbox_18

屏東駅ではすっかり売り切れていたので張り切って高雄で買っておいて正解でした。

Kaohsiung_lunchbox_5

なんだか移動がうまくいかない日だけれど、目当ての駅弁は順調に食べられているのでこれでいいのだ。

Kaohsiung_lunchbox_33

前置きが長くなりましたが肝心の限定弁当とはこれ、台鐵豬腳便當100元(=約350円)。豬腳、つまり、豚足弁当であります。

ねえねえなんで?なんでまた豚足なんてものを弁当にしようと思ったの?という感じですが、豚足の煮込みは台湾南部地域の名物料理なんだとか。なるほど、地元のソウルフードを駅弁にするのはとても正しいアイデアですね。

Kaohsiung_lunchbox_32

豚足、って言われたらビールを用意しないわけにはいかないのが人の性。というか、これまでの人生で豚足をおかずにご飯を食べた記憶がないわ。

Kaohsiung_lunchbox_34

さてこちらが豚足弁当の全貌。
豚足、と言っても例の足のカタチのまま入っているわけではないのですね。テーブルのない車内で骨ごとむしゃぶりつくのはなかなか大変だと思っていたので食べやすくスライスしてあるのは助かります。

Kaohsiung_lunchbox_35

形状は台鐵駅弁の基本形であるおかずのっけ丼ものタイプ。豚足煮込みをメインに煮卵、

Kaohsiung_lunchbox_36

ブロッコリー、キャベツ、人参と彩りの野菜が脇を固めています。

Kaohsiung_lunchbox_38

容器は紙製。紙製と木製の振り分け基準はなんなんでしょうね。

Kaohsiung_lunchbox_40

こういう豚足っぽいぷるっとした皮付きの脂身も多少入っていますが殆どが赤身というか脂肪分のあまりない部分。見た感じちょっとパサついてて硬そう、と思ったのですがかなり柔らかくしっとりと煮込まれておりました。

Kaohsiung_lunchbox_39

別添えでにんにく風味のタレがついてくるのですが、つけなくても十分いい味ついてます。というか、車内でこのタレ付けるの結構勇気いるよねってくらいのにんにくっぷりです。

いやー、さすが豚足。毎度意地汚く駅弁にビールを合わせようとする私ですが、酒の友としてはこの豚足弁当が一番好ましい存在かもしれない。食べるまでに少々回り道をしたからか、なんだか喜びもひとしおの駅弁タイムでありました。

Kaohsiung_lunchbox_42

しかし台湾はコロコロ天気が変わる。

Kaohsiung_lunchbox_44

ああ晴れてきたなと思ったら

Kaohsiung_lunchbox_50

次の瞬間にはこの通り。

Kaohsiung_lunchbox_48

台東の手前あたりは列車が海沿いを走るので海側かつ窓側の席が断然おすすめです。ちょっと天気が悪かったのが残念だけど、絶景なり。

Kaohsiung_lunchbox_51

少々時間がかかりましたが無事6都市目の台東に到着しました。

Kaohsiung_lunchbox_52

Kaohsiung_lunchbox_1

台東。その名の通り、台湾の南部から東部へ移動してまいりました。実はここ台東はこれまで滞在した都市とはちょっと事情が異なる場所なんですよね。

というわけで台湾一周一人旅、まだまだ続きます。

関連 台湾一周一人旅 鐵道芸術村に太麻里の海。台東の街歩き。

 




関連記事

キャベツの塩昆布炒め

肉団子とかぶの味噌汁、キャベツ塩昆布炒め献立。

野菜を塩昆布で和える。いまや定番の酒のつまみですね。 手羽元黒酢煮、ピーマンの塩昆布和

記事を読む

春キャベツと肉団子のスープ煮

春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。

人間は、長くて短い生涯でいくつの団子を練るのでしょうか。 人間は、などと無駄に主語を大

記事を読む

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め献立

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め、春キャベツのおひたし献立。

そうそう、ホタルイカも早いとこ食べておかなくては間に合わなくなるね、ということで、捕獲。

記事を読む

160713ienomi_9

豚肉と大根の甘辛炒め煮、絹さや卵とじで晩酌。

和食といえば醤油と砂糖を使った甘辛いおかず、じゃないですか。 煮魚とか肉じゃがとか筑前

記事を読む

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、わかめ納豆献立。

そろそろトマトでも食べましょうかという気分になってきました。 葉物摂取量が高くどうして

記事を読む

なすの葱ソース

蒸しなすの葱ソース、セロリ卵で晩酌。

なすって美味いですよねえ。 シーズン中は必ずといっていいほどぬか床にいれているので毎日

記事を読む

菜の花とまぐろのごま和え

菜の花とまぐろのごま和え、焼きさつま揚げで家飲み。

残り物総動員といった感のある献立。 さつまあげ、まぐろ、豆腐、なんかタンパク質多いです

記事を読む

berg

BERG(ベルク)新宿でひとり飲み。カフェなんだからひとりでも平気。 

私は大抵の場所に一人で行ってしまう性質なので「ひとりで呑みに行けるって羨ましい」 などと言わ

記事を読む

rincon

少ない、小さい、軽いをよろこぶおかしな流れ。

夏季休暇中の友人らと集まって、遅い時間から食事へ。 突然パエリアが食べたくなったという

記事を読む

岡山の酒 碧天 純米吟醸 無濾過生原酒

岡山の酒 碧天 純米吟醸 無濾過生原酒で晩酌 鯖と新玉ねぎのサラダ。

岡山までたどり着きました、順調です。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 対象地域の酒

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

さつまいもと豚肉のしょうが煮
さつまいもと豚肉のしょうが煮、セロリのおひたし献立。

甘いさつまいもは塩や味噌。チーズ、しょうゆなど、塩辛い味付けに

nerima37
少ない服で事足りる地味で孤独な引きこもり生活。

Vネックのニットの上から、まだライナーを取り付ける前のコートを

かぶの味噌汁 ぬか漬け セロリの白和え にんじんしりしり
にんじんとツナの卵炒め、セロリの白和え献立。

毎度ぬか漬けでお世話になっているにんじんですが、たまに山盛り食

sugamo2_25
50代で仕事を辞めたら。

先日50代半ばの先輩の口から、仕事を辞めたら云々、という言葉が

セロリ卵炒め
セロリ卵炒め、豚肉とごぼうの味噌汁献立。

油って、あんまり使いたくないじゃないですか。 がっつり油

→もっと見る

PAGE TOP ↑