普通のことができない人がやらかさないために。

公開日: : 生き方と考え方




suginami_57

「想像を絶するだらしなさ」

と表現していたけれど、このままではいつかやらかしてしまうという自覚はあったのかなかったのか。

所得申告を放置していた例の芸人を擁護する気はさらさらありませんが、やろうやろうと思いつつ先延ばしにしがちなところは自分にもあるので、もしかしたら、と考えたり。

普通の人が普通にできることとか、簡単なこと、さらには絶対にしなくちゃいけないことでも、できない人っているのです。

普通のことが普通にできない人

普通の人が普通にできる(らしい)ことができない。例えば、約束の時間が守れない、計画的な行動ができない、あと、片付けられない、なんてのもそうでしょうか。自分も当てはまることが多々あるので、できない感覚は嫌という程よくわかる。

私は遅刻に対して臆病なので、予定よりずいぶん前に到着する癖があります。毎日やり過ぎな位の朝活状態になっているのも、お腹具合以外にはこの癖によるところが大きい。遅れるよりマシかもしれないけど、早すぎるのもある意味計画的な行動ができないことの表れです。

激しい朝活女子の真実。

そして、要領が悪いからか、片付けも苦手。片付けられないのでものをたくさん持てないし、ちゃきちゃきパッパと動けないので工数の多い作業、例えば凝った料理などには手出ししません。

他にも先延ばし癖や優柔不断、挙げればキリがないほど、なんだかんだとできないことが出てきますが、一応自分の弱みを把握して、ものを持たない、料理をしないなど、弱点をカバーする策を講じている、と言えるでしょうか。そうでもないか。

普通のことができない人がやらかさないために

ota_68

できないことがありすぎて情けないなあとため息のひとつも漏れるけれど、ダメな人(私)はできないことが多くて、社会的に成功している人や優秀な人はなんでもパーフェクトにこなせる、というわけでもないらしい。

片付けられない私とファサーの心理学。

私はそれなりにできること、例えばそこそこ日々機嫌よく暮らすのが苦手な人もいるのだし、こればかりはまあ仕方ないかなと思います。苦手分野も十人十色ってことですね

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

「できない理由」は性格や能力の問題だけでなく病気が絡むケースもあるので簡単には片付けられないけれど、いずれにせよ自分の弱点を自覚し、助けを請うことで回避できるトラブルは多いのでは。弱点をわかってくれて、助けてくれる家族や友人や同僚などがいれば尚よし。

例えば時間感覚に自信がないなら、自分の代わりにスケジュール管理をお願いしますと得意な人に頼んでしまう。会計もしかり。

もちろん、自分でできるように工夫と努力を積み重ねることも必要だけれど、いよいよ無理なら白旗あげちゃう。弱点を認めるのは恥ずかしいし、できない人だと思われるのは辛いがやらかすよりかはマシ、と割り切って頼ってしまえ論。

頼るにしても、誰かが先回りしてなんとかしてくれるのを待つなんてのは怠慢でしかなくて、自ら率先して弱みを開示し、ていねいに説明し、お願いすべきなんでしょう。で、逆に自分の方が得意なことは相手に頼ってもらう。

改めて書き出してみるとものすごく当たり前のことのように思えるけど、大人が自分の弱みを見せて人に頼ったり頼られたりするのって、意識してやらないと案外難しいのかも、などと考えた次第。で、氏の騒動についての真実は、私には無論わかりません。

 




関連記事

禿げる。

去年ふざけた話を書いた祟りでしょうか。 関連 外野が何を言っても響きはしない。

記事を読む

忘れることのありがたさ。

By: Meggy[/caption] あれは確か小学1年生くらいだったでしょうか。

記事を読む

無印は買うな、の本当のところ。

By: Timothy Vollmer[/caption] 若かりし頃勤めていた会社での出来

記事を読む

孤独力に再現性はあるのか。

しばらくは距離を取っていたのですが、最近になってまたTwitterをちょろちょろと触り始めま

記事を読む

片付けは後回し、先送り。未完了タスクの蓄積が明日の自分を苦しめる。

By: Nafis Ahmad[/caption] 案ずるより産むが易し、という言葉があります。

記事を読む

身軽で簡素でモノがなくても、人生は十分複雑だから。

By: tanakawho[/caption] どうにもこうにも「比較検討」という作業が苦手

記事を読む

毎日同じことの繰り返しでつまらない人生を送り続けるのか。

By: matheuslotero[/caption] 大人になると日常生活で大概のことはう

記事を読む

後悔しない生き方なんて。

免許の更新のため、最寄りの警察署に出かける途中で、そういや東京で免許の更新をするのは初めてだ

記事を読む

40代、親戚づきあいについて改めて考えた。

少々辛気臭い記事になりますが。 先日友人と話していて気がつきました。 「私たち、

記事を読む

今までと同じことができなくなる焦り。

この暑さのせいで仕事が進まなくて〜、というのは単なる言い訳。怠け者の戯言でしかありません(当

記事を読む

Comment

  1. MONA より:

    こんばんは。
    そうですね、お笑い芸人さんの件
    私にも真実は分かりませんが
    どうしてこんな事態になるまで放っておいたんだ?って
    世間が突いている点、そこまで行ってしまう彼の
    心境は何か分かるような気がします。
    ゴミ屋敷の人もきっと同じ。
    明日、って思うけど出来ない。

    個人的にはこの件で
    「私、分かる気がする」と言ったときの
    夫の人の驚いた顔が忘れられないです。

    すみません、まとまらないですが
    crispyさんの書かれている内容に
    同感、って話です。

    • crispy-life より:

      MONAさん

      >「私、分かる気がする」と言ったときの
      >夫の人の驚いた顔が忘れられないです。

      確かに、言われた方はギョッとするかもですね。でも、近しい人には弱みを知っておいてもらったほうが何かと安全だし、お互いフォローし合えるのではないかと思うのです。

      もちろん「わかる気がする」だけで、ここまでの大事にはそうそう発展しないでしょうけど、ていうかダメだけど、諸々気をつけて参りましょう・・・。

MONA にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ大作戦2020。

「お腹ぶよぶよ大作戦」とは、これからお腹をぶよぶよにするぞという意気

→もっと見る

PAGE TOP ↑