18歳から42年間引きこもり 「テレビを見てたら60歳になっていた」

公開日: : 最終更新日:2017/03/23 生き方と考え方

neet

この話が真実なのかどうかは知る由もありませんが。

参考 18歳から42年間引きこもった人のスレが痛々しい(FHN放送局)

父が今年88.母が85です。
父は去年から腎臓が悪くて透析開始して老いを感じる。
引きこもったのは18のとき、簡単に言えば高校でのいじめ
そのままずっと家に引きこもってたら60になってた。
さっき自分の人生語らせてって言ったけど2行で終わってしまった。
少し考えたけど本当にこれ以上何もしてない。
42年間、三食食べてテレビ見て雑誌読んでビデオ見てみたいな生活の繰り返しだから本当に何も書けない
改めて今涙がでてきました、

ご両親が比較的安定した職業についておられたようなので、有り得ない話ではないですよね。

どんな生き方であっても、本人が満足していればいい

この方の人生がよかったのか、悪かったのか、という判断は偏に本人が下すこと。
42年間働いたこともなく、自宅で過ごすだけの人生だったとしても、それで本人が満足していれば特段問題ではありません。

私の知人でも40代にして就業経験のない人がいます。
ずっと実家で「家事手伝い」をされていますが、本人が幸せそうなので、それはそれで他人がどうこう言うことではないと思うのです。
この男性も税金だって年金だって(ご両親が)払っているのだから社会に迷惑はかけていないし。そりゃあご両親は色々思うところもあったでしょうけど、介護を丁寧にやるつもりとのことなので、それはそれで嬉しい部分もあるかも。

が、ご本人「涙が止まらない」とおっしゃっている。
つまり、そんな人生を後悔しているのですね。

人生はあっという間に終わるらしい

日々忙しく過ごしているとまさかと思いますが、どうやら42年という歳月はテレビを見たりネットを徘徊しているとあっという間に過ぎてしまうような短い時間らしい。
そういわれれば、私も確かについこの間までは「若い人」にカテゴライズされていたような…。

あれ??

34歳以上は国が定めるニートのくくりには入りませんが所謂「引きこもり」は40代以上に相当数いる模様。

現に私も引きこもりっちゃー引きこもりです。

ただ、自立しているというだけで、お勤めしてないし、人と接する機会が極端に少ない。

先日もう十分豊かな時代なのだから、必死に働かなくてもいいのではという記事を書きました。
もちろん働くことだけが全てじゃないけれど、自室だけで生活の全てが終わってしまう人生を過ごすことに少しでも恐れを感じたならば…やっぱり、社会となんらかの接点を持っていたほうがいいですよね。

私もそうなので気持ちは凄くよくわかるんですが、コミュニケーション能力の低い人でも何らかの専門性を活かして仕事を得ることはできないんでしょうか。

「マックジョブ」は今後やる気に満ち溢れた外国人労働者の独壇場となるでしょう。が、高齢化社会まっしぐらなのだから、表に出てこない(出て来れない)日本人若年層の頭脳労働力もわが国にとっては重要なリソースと成り得るのではないでしょうか。

 




関連記事

こんなことをしていて私の人生は大丈夫なのだろうか装置。

海の日がそうでしたけど、平日が祝日で休みになると、普段とは違う景色を見ることになりますよね。

記事を読む

なにもない生活、自由な時代、生きづらい人。

仕事が落ち着いて、少し余裕が出てきたことも関係しているのでしょうか。ここのところ改めて「なに

記事を読む

毛穴を維持する生き方。

新しい鏡の前で髪をくしゃくしゃとセットしていて、後頭部に違和感、というか、異物を認める。

記事を読む

起業後押し、650万の生活費2年支給へ…政府

私の周りで結構話題になっています、これ。 起業後押し、650万の生活費2年支給へ…政府

記事を読む

ニラ納豆

食べて飲んで、人体実験。

なんだかんだで観終わった後にセンター街を抜けるのは気分的にしんどかった。 関連 見習う

記事を読む

実家断捨離の難しさ、本質は片付け以外にあるのかも。

私がモノを持たない生活をしていることを知った知人から片付けについて相談されたことがあります。

記事を読む

携帯電話を持たない平凡な人間の非凡な人生。

By: The Library of Congress[/caption] 「携帯嫌だ、持ちたく

記事を読む

たったひとつだけ願い事が叶うなら ’15。

By: Kevin Dooley[/caption] 昨年のクリスマスイブにこんなことを書い

記事を読む

今までと同じことができなくなる焦り。

この暑さのせいで仕事が進まなくて〜、というのは単なる言い訳。怠け者の戯言でしかありません(当

記事を読む

日常がつまらないのではなく、非日常こそが夢の世界ではなく。

自宅以外の場所で長期間過ごすことには結構慣れています。思い返せば2016年は1/3近くも家を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑