頭の中の声が相変わらずうるさい 、あなたいったい誰。

公開日: : 最終更新日:2018/12/08 生き方と考え方, 読書

hi-sukhumvit-hostel19

相変わらず、眠りが浅いです。

迷惑な独り言と脳内会話、頭の中がうるさい。

現在絶賛サマータイム導入中。よって、早朝目覚めたらばもうそのまま起床してしまえるのでそう辛くはないですが、眠りが浅いか深いかで言えば、多分浅い。

なんだろう。浅い眠りにさすらいながら、私はホントは愛を叫んでいるのだろうか。



頭の中の声が相変わらずうるさい 、あなたいったい誰

hi-sukhumvit-hostel12

冒頭でリンクした脳内会話に関する記事は、睡眠中というよりもひとり言にフォーカスした内容でしたが、こんなことを書いておりました。

他人が私の頭を支配しているなんていうオカルトなアレではなくて会話しているのは自分なので全然怖くはないにしても、寝ている時もおしゃべりはずっと続くので睡眠の睡眠たる爽快感に欠けるのです。

大丈夫ですよ、別にヤバいことは言ってませんからね?と牽制しつつの発言ではありますが、頭の中の声は私自身のものであるからしてうるさくはあれど、健全なのだ、と。

が、先日読んだ本の一節に

「頭の中の声は実は自分自身のものではない、と気づくと開放感が味わえる」

なる記載があり、へえ、と思う。曰く、「自分」とは「思考している自分を見ている者」らしいが、なにそれ怖い。我が脳内にて日夜相当おしゃべりな、あなた一体誰。

なぜこんな恐ろしい本を読んだかというと、先日kindleライブラリを整頓していたから。なんだか見慣れない、読んだ記憶もない本が入っていたので、はてこれはなんだったかいなと内容を繰ってみれば、どうやら宇宙の神的なトピックス満載の1冊でありました。

思い出した。そうだそうだ、これ、あちら側の情報にやたらと詳しい友人に強くプッシュされたんだった。

履歴を探ってみれば、ダウンロードしたのは2013年の秋のことらしく、ああなるほどね、と思う。行くか戻るか、続けるか止めるか、この先どこで生きていくか、などなど、それなりに大きな分岐点を迎えていた時期でありました。

よりよい選択をしたい、正しい判断を下したいと考えて勧められるがままにこの本に手を出した、はず。でも、冒頭数ページをめくってみただけでああ宇宙か、と判断して放置。結局その後本書の存在すら忘れて現在に至る、という脱力感溢れるエピソードです。

で、今になって再度出会ったのも何かの縁、と今回改めて読んでみて、冒頭の説に目が止まったというわけ。

思考と自己とを同一化しないという視点

thaitemple

目に見えるものが全てだとは思わないけれど、内なる存在とか、宇宙とか、神とか、そういうものもよくわからない。でも、頭の中が常にうるさく、時にそのうるささに掻き回されている自覚がある私にとって、思考と自己とを同一化しないという視点はへえ、と思えるものではありました。アレですかね、思考を止める、瞑想と似たようなものでしょうか。

瞑想に関しては何度も書いているし、なんならチェンマイで修行したりもしたけれど、未だに全然修得できておりません。

チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

できない、というか、むしろやってない。いや、やろうとすると、寝落ちする。で、落ちた後にもやっぱり思考していて、犬を抱いてタクシーに乗せようとしたら断られたから仕方なく人の姿に変身させて、しかしこれ、よく考えたら結構な技術なのだからしかるべき機関に研究を依頼して発表すべきでは?なんてことを犬と相談しながら、ていうかせっかく人型に変身したのになんでアンタ私の膝の上に乗ってんの?みたいなシーンを昨日も延々考えておりました。

これは思考ではなく夢か。単に夢見がちなだけなのか。いや、夢を見るのも眠りが浅い証拠か。

更年期の悪夢。

ところで今これを書いていて確認した本書のレビューの多さに驚きました。みんなサクッと気付いたり目覚めたりしているようにも見えて、なんだかちょっと羨ましい。

煩悩まみれ欲まみれで俗世を絶賛サヴァイヴ中の私がこの手の本を1冊読んだところで宇宙の秘密は皆目わからず、意識も世界も変わりはしないけれど、脳内在住の誰かさんに翻弄されないようにはしたいと思います。

 




関連記事

東京タワー

40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

1LDKなんて絶対反対断固拒否。私の部屋がないじゃないか。 そうひと暴れしてから早数ヶ

記事を読む

suginami_67

愚痴を聞くために呼び出される。

愚痴を聞いて下さい。 あまりにもあからさまなその要望に、少々面食らいました。 人

記事を読む

hand

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

2年ほど前に話題になっていた「ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図」を遅

記事を読む

By: Yoshikazu TAKADA

世知辛い世の中を作っているのは誰だ。

By: woodleywonderworks[/caption] こう見えて今なお若い男性に

記事を読む

By: photosteve101

石ころでも売る技術。モノを売るテクニックは悪なのか。

By: photosteve101[/caption] 朝日新聞に糸井重里さんのインタビュー

記事を読む

amenity.min

読んでも何も変わらない。「スタンフォードの自分を変える教室」。

部屋を整理していると、いろんなモノが発掘されます。 誰にでも 「続けるつもりで買

記事を読む

By: webhamster

ひとりぼっちのクリスマス。

By: webhamster[/caption] 「クリスマスに恵比寿のレストランに行ったよ

記事を読む

By: frankieleon

働き盛りの40代、仕事のストレス要因は。

By: frankieleon[/caption] 最近仕事でものすごくストレスが溜まってい

記事を読む

140827lg.min

美魔女より難易度の高い妖怪に関する考察。

何年経っても全然変わらない人がたまにいます。そういう人たちは同窓会に出席するたびに 「

記事を読む

By: liz west

割れ窓理論とパリのマダムで考える本当に欲しいもの。

By: Anthony J[/caption] 任侠ものの映画が上映された映画館から出てくる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

tainandog2
いかにして働かずに暮らすか。

先日某誌の編集者から 「毎度読者の食いつきがいいのは老後

なすのにんにく炒め
なすのにんにく炒め、ちくわとピーマンの塩昆布和え献立。

そろそろなすが手に取りやすくなってきたような。 今日日な

1905kakegawa_51
都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜

目玉焼き丼献立
休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをの

suginami_67
愚痴を聞くために呼び出される。

愚痴を聞いて下さい。 あまりにもあからさまなその要望に、

→もっと見る

PAGE TOP ↑