もしも今、全てを失ったらどうするか。

公開日: : 日常

suginami_44

9年前の感じと、ちょっと似ている。

今もし、あの時のような状況になったとしたら。仕事がどんどんなくなり、新規の案件も入らなくなり、現金収入が滞ったら、どうするか。

寿司をつまみながら、いよいよ食えなくなったらバイトするという。

収入がなければ寿司も食えないし、そもそも悠長に寿司を食ってる場合ではないかもしれないが、どうするのかな、と考えるのが不謹慎ながら妙にたのしいのであった。

もしも今、全てを失ったらどうするか

もちろん、そんな最悪の状況を望んではいない。そうならないと思っているし、今すぐ何もかもを捨ててしまいたいと願っているわけでもないけれど、この状況。どうなっても不思議はないなという感じ。具体的な話、つまりは今受け持っている案件の打切りについても漏れ伝わってきている。一応考えた方がいいなと、風呂の中で想像してみる。

40代独身女性の生き方、失うモノがない人生。

串打ちは以前から興味のある分野ではあるが、いかんせん未経験分野なので手をあげたところで採用には至らないかもしれぬ。となれば、どうやって寿司代を稼ぐか。幸い今日明日すぐに生活が立ち行かなくなるような綱渡りはしていないが、友人と酒を酌み交わす程度の心と財布の余裕は必要だ。さあ、何をする。何ができる。そう考えていると、なんにも出来やしないくせに、目の前に無数の選択肢があるような気がしてくるからおそろしい。あの日あの時選ばなかったあの道を、図らずともここへきて追体験できるかもしれない、という訳の分からない期待感。

結果、どうにかなるし、どうにかするしかあるまいという考えしか出てこない。現状はかなり厳しいのだから、もっと不安になってもよさそうなものなのに。違う意味で不安にならなくもない。脳の構造とか。

空想を繰り広げた風呂から出てなんとなく勢いづいて、ずっと後回しにしていたOSのアップデートに着手。前回MacBookが故障した時に数年前の状態に戻し復元したのをそのままにしていたのだ。トラブルなく無事に完了したはいいが、文字入力での変換タイミング?が変わっており、意図せぬところで勝手にガンガン変換されていくので、ものすごく使いづらい。慣れるか、慣れるのかこれ。

ミニマリストの持たない暮らし

 




関連記事

枝垂れ桜

これが最後の仕事になると思います。

早朝いつものカフェに行くと、さすがに営業時間短縮とのことで、閉まっていた。 仕方ないので別の店で作

記事を読む

餃子のひだと10万人の無料食堂。

予告通り、餃子を作る。例の事件は未だ解決しておらず、記録はない。 なくなったらつまらないものそ

記事を読む

寿司をつまみながら、いよいよ食えなくなったらバイトするという。

友人と昼間っから寿司をつまみつつの昼酒。 国内外から観光客が押し寄せる人気店ゆえ、週末

記事を読む

冬はカイロにもなります(嘘)。

大騒ぎしていた割にサクッと終了した、モバイルWiFiのプロバイダー乗り換え。 長きに

記事を読む

自室トレーニングで美ボディをキープしています。

珍しく、就寝時の記憶がない。深酒をしない健全な生活を送っていたので、いつベッドに入ったのか思い出せな

記事を読む

代わり映えのしない毎日が、永遠に続く恐ろしさ。

大晦日から新年をまたぐことができなくて、主人公が同じ1年を何回も繰り返すドラマ。 あれ

記事を読む

爆笑で目覚める朝の愉快。

爆笑して目が覚めた。こんなに大きな声を出して笑ったのはいつぶりだろうか。というくらい、笑

記事を読む

マスクは苦しいからつけたくない。

ドライでアーバンな大人同士のお付き合いなので、普段は実家に電話の1本入れることがない。便りがない

記事を読む

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった。それからあれよあれよとおかし

記事を読む

同郷のべっぴんさんとカウンターで。

仕事帰り。 一駅手前で降りて刺身の旨い店で熱燗をやるか、そこからさらに歩いて久しぶりに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑