そもそも他人を一切部屋に招かない生活。

公開日: : 最終更新日:2020/03/16 健康と美容, 日常, 親知らず抜歯

daikanyama32

3ヶ月に一度の歯科検診の日。いつものように口内状況のチェックとクリーニングをしてもらう。

早いもので、あれからもう3年。

40過ぎた大の大人が歯科で泣く

以降定期検診を欠かしていないので、歯石除去の恐怖にも多少は慣れたけれど、今回はいつもより時間がかかった、気がする。

どうやら、ヤバイらしい。右上の奥、親知らず亡き今最後方に位置する歯の裏側が、怪しい気配を放っているらしい。

「虫歯になっちゃうかもしれないな〜という気配があるので、気をつけてくださいね」

この3年間私の歯を見守り続けてくださっている歯科衛生士さんにそう言われ、さらに歯石除去にかかる時間もやや長く感じ、その分痛みもあり、緊張し、やっぱり手に汗握り、残念に思う。

心当たりはある。フロスは使わないと気が済まない体質になってしまったので欠かすことはないが、あれだけその力量を絶賛したはずのワンタフトによる「奥の裏側」ブラッシングをスキップする日は、ある。定期検診のクリーニングですら汗びっしょりなのだから、もう二度と恐怖の治療は受けたくない。ここらでもう一度気合いを入れ直すべしと固く誓う。ワンタフト、ああワンタフト。

ジョーが来る 持っててよかったワンタフト。

歯科での恐怖が伝搬したのか、はたまた先週Primeで観たドラマの影響なのか。知人が私の自宅に勝手に置いていったオレンジ色の錠剤のおかげで家宅捜索の末逮捕されるという、酷く理不尽な夢を見る。

そのような知り合いはいないし、そもそも他人を一切部屋に招かない生活をしているのだから、設定に現実味がなさすぎて夢の中で夢だと気づきそうなものだが今回はそのような展開にはならず、理不尽だな、というやり切れなさで目が覚めた。

自分の与り知らない事柄によって身柄を拘束され、真実を訴えても一切耳を傾けてもらえないもどかしさ。あまりよくない目覚め。自由な現実に戻れたことに安堵しつつも、あの錠剤はどう見てもチョコラBBではなかったかという疑問は付いて回る。

天気予報に踊らされて薄着で出かけようものなら確実に後悔する寒さが続いているので、まだまだコートは脱げない。ズボン下的なアレを着けたり外したりで微調整する3月。それでも、なんとなくTシャツが欲しいなと考え始めている時点で春の気配。

 




関連記事

病院にたのしく集う気持ち。

久しぶりに整体へ。 一時はまたまた酷い状態に陥っていた腰痛ですが、ここのところかなり落

記事を読む

ほうれい線改善 舌回しストレッチが泣くほど辛い。

以前に比べてスキンケアにかけるアイテム数も時間もコストもかなり減りましたが、肌の調子はいいです。

記事を読む

おやつに素焼きアーモンド。

すみません、嘘つきました。 正しくは「おつまみに素焼きアーモンド」です。 随分前

記事を読む

カオカオヘラヘラ 踊る女。

スポーツとか筋トレ的なことがとにかく苦手なので、体を動かすのならば踊りがいいのではないか。そ

記事を読む

ワンタフトブラシ

親知らず4本抜歯 かかった時間と費用のすべて。

By: Steve Snodgrass[/caption] 長くて辛い戦いが、とうとう終わり

記事を読む

湯たんぽの意外だけど効果的な使い方。

氷のように冷たくなるつま先の冷えを根本から改善すべく、対策に乗り出した2014年の秋。

記事を読む

きのこスープ

ひとんちの食の不思議ときのこスープ。

旅行中は普段と生活サイクルが異なり、食事の内容も、時間も、量も変わるので、どうしても体が重く

記事を読む

ワンタフトブラシ

愛用品との相性を改めて知る物足りなさ。

日用品に関しては、大きな不具合さえおきなければ基本的になんでもよい、というスタンスなので

記事を読む

トマトとオクラのサラダ キャベツとアンチョビのスパゲティ

抜歯で休肝日の食事、キャベツとアンチョビのスパゲティ。

抜歯で休肝日。妙なタイトルをつけてしまいましたが、まんまその通りです。 関連 40過ぎ

記事を読む

迷惑な独り言と脳内会話、頭の中がうるさい。

By: Jon S[/caption] 先日、某紙の人生相談コーナーにて、家族の独り言が多く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑