「何もしない」に、忙しい。

公開日: : 生き方と考え方

さわやかな週末でございましたね。

雲ひとつない青空の下、ご近所邸の屋上では高価そうなBBQセットからもくもくと煙が出ていて、一体何が焼けるのだろうかと気になって仕方ありませんでした。

おそらくかたまり肉を仕込んだローストビーフ的なものとか、丸鶏のなにやらあたりではないかと推測したのですが、焼けた後の宴会が実施された気配はなく、もちろんおすそ分けもなかったものですから、正解はわからず。

牛か豚か、それとも…?という心底どうでもいいネタを肴に一人ベランダでビールを飲んでいました。

充実の朝の達成感

こんな素敵な週末の午後を過ごせるのも、午前中の頑張りがあってこそ。

いつもと同様5時台に起き出し、コーヒーを飲んで洗濯に励み、少しばかり残っていた仕事を片付け、その勢いでこの4半期分の記帳関係にまで手を出してやりました。それでもまだ昼前だったので、ゴミの整理をして掃除機かけて床の水拭きもして。ああ充実した午前だったわいと満足し、ビールタイムに突入したのです。

さて本人は「充実の朝」とかほざいてますが、こうして書き出してみれば特段変わったことはしておらず、大した活動量でもない。世の奥様方は年中この倍くらいの家事雑事仕事を短時間でこなしていらっしゃるでしょう。よって限りなく個人的な感覚ですよ、という言い訳をしつつ、いくばくかの達成感を得られるこんな朝の使い方が好きです。

理由はそりゃ、気持ちがすっきりするから。だけれど、本当の目的は別にある。目的が達成できるとわかっているからこそ、朝から(多少)頑張れるのです。

「何もしない」に、忙しい。

ルイジアナブリューハウス

私が休日にやりたいことは、ご近所のBBQメニューを想像すること。じゃなくて、そんなしょうもないことしか考えなくていいくらいに、何もしないこと。

もちろん、ビールを飲みながら本読んだり映画観たり、今なら4月始まりのドラマをチェックしたりもするんだけど、それとは別の「何もしない」に対して、とても積極的なのです。

何もしたくないから家事雑事を放置するのではなく、何もしない時間を捻出するために朝から用事を済ませる。つまり、私の「何もしない」は、その名に反してひどく欲にまみれた能動的なものと言えるでしょう。もはやこれは「何もしない欲」。

とか言ってますけども、仕事を先延ばしにする癖も相変わらずなので、徹底した行動管理などできちゃいないのですが。

今すぐ時給を上げる方法

何もしないのが好き。何もしないために積極的。「何もしない」をするのに忙しい。

そんな今の自分を思えば、どうしてもあのミニマリスト主婦のことが頭に浮かぶのです。

ささやかすぎる平凡な人生は退屈か

ああいやだいやだ。血は争えないのかしら。歳を取るごとに、彼女の気持ちがわかるようになっている。

そんなこんなで、取引先が全てお休みになるゴールデンウィークが、今からとても楽しみな私です。今年も海外逃亡できないし、積極的に何もしないぞー。

ものを持たずに身軽に生きる





関連記事

nana plaza

作家、本当のJ.T.リロイ 人は本質以上に「誰が言ったか」で評価する。

中身はもちろん大切。けれど時に内容やクオリティなどそれ自体の本質よりも 「誰が言ったか

記事を読む

鞄の中身は絶対に見せられない。

訳あって、友人宅の留守を預かることになりました。 「部屋にあるものなんでもテキトーに使

記事を読む

口を開けば悪口ばかりの友人に辟易する。

人の悪口というものは聞いていてさして気分のよいものではないが、お互い合意の上での愛ある「弄り

記事を読む

つらい過去を忘れる方法。

恥の多い生涯を送ってきました。 いや、生きていれば誰しも恥のひとつやふたつかいて当然と

記事を読む

勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円。

By: Tsahi Levent-Levi[/caption] 「彼こそが真の勝ち組だよね」

記事を読む

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

おひとりさま 孤独を美化して推奨するべからず。

いやほんとごめんなさい。そういうつもりじゃなかったんだってば。 誰からも責められちゃい

記事を読む

開かない扉、脂汗、咄嗟の判断。

カフェなど飲食店のトイレ、男女別になっているところが多いじゃないですか。もしくは「男女兼用」

記事を読む

あなたのその怒りはどこから。

ある夜のこと。打ち合わせを兼ねてちょろっと飲んで、一人になってからもまだもう少し飲みたくて、

記事を読む

酷いストレスで観葉植物が枯れる。

見た目は子ども頭脳は大人の名探偵は、 「真実はひとつ」 というけれど、そうでもな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑