セロリ卵炒め、豚肉とごぼうの味噌汁献立。

公開日: : 最終更新日:2018/10/18 家飯, 食べること

セロリ卵炒め献立

油って、あんまり使いたくないじゃないですか。

がっつり油っぽくて濃い味の中華料理とか、美味しいんだけど、悲しいかなこの歳になると胃もたれが気になる。それ以前に油を大量摂取することへの罪悪感のようなものがあるしで、自分で料理するときにはなんとなく控えめな量にしてしまう。

でも、少なくすりゃあいいってもんでもないですね。

それなりの量の油を使わないと美味しくできない料理ってのは、確かに存在するのです。

セロリ卵炒め、豚肉とごぼうの味噌汁で晩酌

セロリ卵炒め献立

  • 豚肉とごぼうの味噌汁
  • ぬか漬け
  • たぬき豆腐
  • セロリ卵炒め

豚肉とごぼうの味噌汁

豚肉とごぼうの味噌汁

細かく刻んだ豚こま肉を鍋で炒め、色が変わったらささがきごぼうを投入。ざっと炒めあわせたら水を注ぎ、あくを取りながら煮ます。味噌を溶き入れてうつわに盛り、たっぷりのさらしねぎをのせ黒七味を振ります。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはかぶ、かぶの葉、にんじん。

たぬき豆腐

たぬき豆腐

うつわにわかめと豆腐を盛り、めんつゆを張ってあげ玉とさらしねぎをのせます。

セロリ卵炒め

セロリ卵炒め

解きほぐした卵に薄切りにしたセロリ、塩、胡椒を入れて混ぜます。フライパンに油を引いて熱し、卵液を投入。ふんわり混ぜから両面に軽く焼き色がつくまで焼いたら完成。

味噌汁には豚の脂、豆腐には揚げ玉、そしてメインは炒めものと、ちょっと脂っぽい献立だったかな。いや、それよりたんぱく質が多すぎたか。飲むにはなんの問題もないけれど。

日本酒にあうおつまみレシピ

毎度お馴染み卵炒めですが、これはある程度の量の油が欲しい料理かと。ある程度って、大さじ1くらいだけれど、あまりにもケチると出来上がりがよろしくない。油もひとつの調味料として使うべしですな、と感じる一品であります。

さて、いつも「油」と書いているのは太白ごま油です。普通の褐色のアレじゃなくて、ごまの味とか香りがついてない白いごま油。以前はサラダ油を使っていたこともありましたが、最近は香りが必要ない料理には太白ごま油を使うようになりました。

調味料があまり揃っていないのに油は太白ごま油、焙煎のごま油、オリーブオイルと3種類使ってるのってなんかヘンだけど、油も味付けに使うと考えればまあこうなるかな、と。

油もしょうゆや塩と同列に味付け役の調味料として考える。確かそんなことがごま油の本に書いてあった気がする。

 




関連記事

白菜とひらたけの味噌汁、目玉焼き丼献立

「普通に美味しい」味噌汁とごはんの夕食。

慣れないニキビの対処に困り果てる。 鼻ニキビの憂鬱、赤鼻の恐怖。 ニキビ経験値が

記事を読む

せせりポン酢

せせりポン酢、わかめのナムル献立。

せせりポン酢。 この字面、音の響きにはとても馴染みがあるけれど、実際食べた記憶がないの

記事を読む

福寿・神戸カップ

兵庫の酒 福寿 神戸カップで晩酌 豚肉と豆苗のおろし和え、白菜のしょうがスープ。

2016年の日本酒ツアーは兵庫県からスタートです。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

豆腐とニラの塩炒め献立

豆腐とにらの塩炒め、しらたきとわかめのサラダ献立。

にらを炒めて食べたいなあと考えながら八百屋に行ったら、にらが安売りされていました。 食

記事を読む

白菜とツナのうま煮

白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。 「筑前煮」とか「ビーフコロッ

記事を読む

ピーマンの卵炒め

ピーマンの卵炒め、つるむらさきのおひたし献立。

ピーマンって妙な形状の野菜だから、どこからどう手出しするか結構迷いますね。 丸ごと食べ

記事を読む

秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮、里芋の味噌汁献立。

好物の秋刀魚ではありますが、自分の中に一応買い価格目安ラインを設けています。 が、今年

記事を読む

鯖缶と玉ねぎのサラダ レシピ

塩豚と大根のスープ煮、鯖缶と玉ねぎのサラダ。

ここ数日柑橘熱が高まって食後にぽんかんやらいよかんやらを食べています。 が。 外

記事を読む

家飲み献立 11/16 野菜だけのスープとボイルドレバーで赤ワイン。

今日もいい天気でしたが、朝夕は本格的に寒いですね。 今朝は久しぶりに5時前という早い時間に

記事を読む

三つ葉と昆布の卵焼き

三つ葉と昆布の卵焼き、アボカド海苔和えで晩酌。

炒めもの、酒蒸しに引き続き、本日も切り昆布シリーズ。 少しだけ余っていた切り昆布は、卵

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑