セロリ卵炒め、豚肉とごぼうの味噌汁献立。

公開日: : 最終更新日:2018/10/18 家飯, 食べること

セロリ卵炒め献立

油って、あんまり使いたくないじゃないですか。

がっつり油っぽくて濃い味の中華料理とか、美味しいんだけど、悲しいかなこの歳になると胃もたれが気になる。それ以前に油を大量摂取することへの罪悪感のようなものがあるしで、自分で料理するときにはなんとなく控えめな量にしてしまう。

でも、少なくすりゃあいいってもんでもないですね。

それなりの量の油を使わないと美味しくできない料理ってのは、確かに存在するのです。

セロリ卵炒め、豚肉とごぼうの味噌汁で晩酌

セロリ卵炒め献立

  • 豚肉とごぼうの味噌汁
  • ぬか漬け
  • たぬき豆腐
  • セロリ卵炒め

豚肉とごぼうの味噌汁

豚肉とごぼうの味噌汁

細かく刻んだ豚こま肉を鍋で炒め、色が変わったらささがきごぼうを投入。ざっと炒めあわせたら水を注ぎ、あくを取りながら煮ます。味噌を溶き入れてうつわに盛り、たっぷりのさらしねぎをのせ黒七味を振ります。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはかぶ、かぶの葉、にんじん。

たぬき豆腐

たぬき豆腐

うつわにわかめと豆腐を盛り、めんつゆを張ってあげ玉とさらしねぎをのせます。

セロリ卵炒め

セロリ卵炒め

解きほぐした卵に薄切りにしたセロリ、塩、胡椒を入れて混ぜます。フライパンに油を引いて熱し、卵液を投入。ふんわり混ぜから両面に軽く焼き色がつくまで焼いたら完成。

味噌汁には豚の脂、豆腐には揚げ玉、そしてメインは炒めものと、ちょっと脂っぽい献立だったかな。いや、それよりたんぱく質が多すぎたか。飲むにはなんの問題もないけれど。

日本酒にあうおつまみレシピ

毎度お馴染み卵炒めですが、これはある程度の量の油が欲しい料理かと。ある程度って、大さじ1くらいだけれど、あまりにもケチると出来上がりがよろしくない。油もひとつの調味料として使うべしですな、と感じる一品であります。

さて、いつも「油」と書いているのは太白ごま油です。普通の褐色のアレじゃなくて、ごまの味とか香りがついてない白いごま油。以前はサラダ油を使っていたこともありましたが、最近は香りが必要ない料理には太白ごま油を使うようになりました。

調味料があまり揃っていないのに油は太白ごま油、焙煎のごま油、オリーブオイルと3種類使ってるのってなんかヘンだけど、油も味付けに使うと考えればまあこうなるかな、と。

油もしょうゆや塩と同列に味付け役の調味料として考える。確かそんなことがごま油の本に書いてあった気がする。

 




関連記事

豚とかぼちゃのにんにく焼き

愛用品の新しいパートナー。

最近かぼちゃあんまり食べてなかったような...?調べてみると、前回登場したのはなんと201

記事を読む

もつ鍋もどき鍋で家飲み。

寒い。 2016年の夏は始まったばかりなのに早くも終焉を迎えつつあるようなこの寒さ。

記事を読む

大根とぶりあら炊き

大根とぶりのあら炊き、おつまみ奴献立。

魚のあらに目がありません。 あ、目って魚の目じゃなくて、私の目ね。ことのほか好きってこ

記事を読む

ニラ納豆、焼き人参献立

焼きにんじん、酒粕入り具沢山味噌汁献立。

先週久しぶりの粕汁を連打したところではありますが、またまた酒粕です。 関連 ぶりの粕汁

記事を読む

家飲み献立 9/15 砂肝塩焼き、にら月見、ザーサイ奴など。

今日は連休最終日ですか。 みなさんお出かけしました?私はどこへも行きませんでしたが、そろそ

記事を読む

にんじんしりしり献立

にんじんしりしり、豆苗の煮浸し献立。

麗しき粕汁週間。 粕汁さえあれば満足に飲めることが確実なので、毎度副菜が頼りなげになり

記事を読む

セロリ卵炒め

セロリ卵炒め、梅オクラ納豆献立。

毎度おなじみ卵炒め。 野菜ひとつと卵ひとつで立派なおかずになるので軽めかつメインも張れ

記事を読む

奈良の酒 春鹿 超辛口

奈良の酒 春鹿 純米超辛口で晩酌 豚肉の味噌漬け焼き献立。

順調です。 愛知県が埋まった後はすいすい進んで行きそうな日本酒ツアーです。 関連

記事を読む

蒸し鶏のねぎソース

蒸し鶏のねぎソース、豆腐とごぼうの煮もの献立。

おなじみ、蒸し鶏です。あたたかくなってくると、この手の冷菜メインの晩酌もアリですね。いつも

記事を読む

1人暮らしの料理 8/13 お盆に郷愁を誘う味。

街は今夜もお盆らしくひっそりとしています。 帰省しない私のお盆は、冷蔵庫の霜取りなどでそれなりに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑