トマトソース焼きそば、かぶの梅サラダ献立。

当初はキャベツと豚肉のオーソドックスな焼きそばを食べるつもりでしたが、ひとつだけ残っていたミディトマトも仲間に入れました。 そうです、「トマトソース」焼きそば、じゃなくて「トマト入りソー

続きを見る

怒りに震える秋の朝。

2019/09/20 | 生き方と考え方

朝5時から怒りに震える秋。 怒りという感情は厄介なものである、という前提が自分の中にあるからか、はたまた持って生まれた性質なのか、できる限り怒りとは関わらないように過ごしています。

続きを見る

焼きかぶトマト和え、キャベツとしょうがのスープ献立。

毎度のことながら、食材使い切り週間の献立は珍妙さが増しますね。 焼きかぶのトマト和え、というネーミングからしてなんだかよくわからない。つまり、かぶとトマトを使いたかったのです。 普

続きを見る

死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパターンは多々あります。 「My Life Without Me」だと認識して観ればそうだな、と思うけど、邦題になると途端に印象

続きを見る

卵とわかめの炒めもの、かぶのゆかり和え献立。

地味おかずをこよなく愛する私ですが、わかめ炒めの地味さはまた格別です。 わかめ炒め、なめこおろし献立。 味噌汁や酢のもの、和えものあたりで使われることの多いわかめですが、炒めものに

続きを見る

70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

2019/09/16 | ミニマルライフ

みんな大好き、70代ミニマリスト主婦のお話です。 70代ミニマリスト主婦のキッチン。 前回の登場は今年の正月帰省だったので、約8ヶ月ぶりですね。 まもなく大台を迎える我が両親

続きを見る

好きだから、共有したい。

実は劇場版を観てしまいました。 おばさんホイホイは真実だった。 もちろん自発的にではなく、押し切られる形にての付き添い鑑賞であります。 作品についての感想どうこうは一旦おいて

続きを見る

切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立。 えびとかぼちゃのタルタルサラダ、キャベツときのこのわさび和え献立。 これまた1年以上ぶりの登場となる切り昆布。久し

続きを見る

なんかなんかなんか。

2019/09/13 | 生き方と考え方

人生三大嫌で嫌でたまらない行為のひとつといえば「記録された自分の声を聞くこと」ですね。 嫌だから避ける、というわけにはいかない場面は多々あり、一応大人なのでしぶしぶ受け入れはしますが、嫌

続きを見る

旅の荷物の軽量化、どう考えても邪魔なもの。

旅、と言ってもほんの数日間なので、今回の荷物はかなり少なくまとまりました。 さて、どの鞄を持っていくか。候補に上がったのは例の軽くて大きい鞄と、使い勝手のいいご近所トート。 普段使

続きを見る

ny_dt_41
50を過ぎてもまだ結婚できないあの人。

先週スタートしたドラマ「まだ結婚できない男」を観ました。

なすとひき肉の塩炒め
なすとひき肉の塩炒め、トマトと豆腐のスープ献立。

わたくし徒歩フェチなものですから、休日とはいえ家から一歩も出な

1909_shioya4
海の見える家で暮らしたい。

神戸・須磨散歩の続きです。 神戸ウエストサイド景勝ハンテ

えのきのたらこ和え、キャベツと卵の炒めもの献立
キャベツと卵の炒めもの、えのきのたらこ和え献立。

続・魚卵。 休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツ

tsukiji150912
増税前に買ったもの、画面見つめすぎ警報。

「モーニングセット 398円〜」の表示を見かけて、増税を実感す

→もっと見る

PAGE TOP ↑