にじますのぬか漬けタルタルソース添え、蒸しなす献立

2021/09/28 | 家飯

古漬けをタルタルソースに使う。これ、結構好きなリメイク手法なのです。 といっても、前回食べたのはもう2年も前のこと。山形の酒 出羽桜 咲 発泡日本酒で晩酌 紅鮭ソテーぬか漬けタルタルソ

続きを見る

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

2021/09/26 | ファッション

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです。毎年恒例の「 今年買ったもの」企画、2021年版は成立するのだろうかなどと、どうでもいいことが気になる秋。特に、服はほとんど買っ

続きを見る

地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

2021/09/25 | 家飯

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃがいも、なす、ピーマンと、名前通り新鮮な野菜を3種使って作ります。 肉はおろか卵や豆腐も入らない野菜だけのメイン料理となると

続きを見る

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

2021/09/23 | 健康と美容

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出さずにはおられない、よい中秋の名月でしたね。中秋の名月といえば、お月見団子ではなく、タコぶつ。そうです、井伏鱒二です。タコのぶつ切

続きを見る

にじますのちゃんちゃん焼き献立。

2021/09/22 | 家飯 ,

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考えました。にじますホイル焼き、小松菜のもずく酢和え献立。しばし考えた末に、野菜と一緒に味噌味で炒めるちゃんちゃん焼きに。本来は鮭を

続きを見る

友人があちら側で人生を変えた話。

2021/09/20 | 生き方と考え方

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川を渡ったかのようですが、違います。別ジャンルに行っていた、という意味です。 彼女は確か、私より1つか2つ上だったでしょうか。

続きを見る

ピーマンの卵とじ、トマトやっこ献立。

2021/09/18 | 家飯

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひとり分症候群」の落とし穴。 今日は別の意味で量を間違ってしまいました。 自分で自分を信じてあげられなかった。こんな時代だ

続きを見る

私を蝕む恐ろしい無意識の力。

2021/09/16 | 健康と美容

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」を持っているものです。 もちろん私も自覚している様々なクセがあり、治すための努力をした経験もあります。足を組む癖をなおしたい

続きを見る

蒸しなす冷しゃぶ、トマトとわかめのナムルで晩酌。

2021/09/14 | 家飯

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲むには、ギリギリの時期ですかね。 「冷」といってもキンキンに冷やすわけではないので、季節問わず食べてもよさそうなものですが、や

続きを見る

女は年を取ると透明人間になる。

2021/09/12 | 生き方と考え方

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過ぎたら誰も注目してくれなくなる。 そんな元スーパーモデルの主張からなる記事を目にしました。 私は自分がすごくセクシーだ

続きを見る

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑