着ていない服がたくさんあるという幸せ。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

170314lg

ちょっとふわっとマイルドにしておいたほうが好都合、ではあるよね。「大人のおしゃれDo!&Don’t ババア上等! 余計なルールの捨て方」だったかでも

「この頃のルーズなシルエットがきている流れは我々世代には助かる」

的なネタがあったような気がするけど、体の線がバシッと見えるようなタイトな服は私もやはり敬遠してしまいます。

シャツやカットソーしかり、デニムしかり、以前はどちらかというとそういう細身のシルエットばかりを好んでいたけれど、最近はねえ。

黒とのつきあいを真剣に考える

同じくしばらく遠ざかっていたのが黒のアイテム。

一時はナチュラル方向へ大きく舵を切ろうと迷走し、無謀なチャレンジを図ったので余計その傾向が強かったのだけど、黒との付き合い方を見直したのは事実です。

関連 コーディネイトにグレーを使いたくなってきた、その理由。

でもやっぱり、まだあるんだよなあ、黒の服。

例えばこれ。

40代のファッション

好きなんだけどイマイチうまく使いこなせなくてクローゼットの肥やしになりがちだったトップス。襟や袖のパーツがかなりでコラディブで可愛らしさもあるんだけれど、黒ということもあり、レース風のデザインはラブリーではなくグランジ臭プンプン。

デニムを合わせてまさに、というスタイルにしてもよし、白のアンクルパンツあたりを持って来ればちゃっかり上品な印象にも化ける、そんな一枚。が、なんとなく後回しになりがちな位置につけていて、主力選手としては活躍しないまま、数年が過ぎておりました。

好きなんだけどね。

ここ数年間続けている手持ちアイテムフル活用キャンペーンの一環で、このトップスとも真剣に向き合ってみたところ、手が出なかった原因は私の体型にあると知る。

関連 着こなせないけど捨てない服とその理由。

体型、というか、形状。首がね、すらりとしていないものだから、こういう襟元が高めのものってちょっと不安になるのですよ。埋もれてしまうのではないかと。

いくら頑張っても今日明日で首を長くすることはできないので、ここは印象操作で乗り切るべし。と、髪をすっきりまとめ、ボタンを少し開け、袖の長いカーディガンで肩を隠し、と普通の対策を施したところ、使えることが判明。

なんだよ、結局これも好きとかいいながら使い方を真剣に考えてなかっただけじゃないか。怠慢だ、怠慢。

着ていない服がたくさんあるという幸せ。

とにかくお買い物が大好きで、買ったっきり紙袋に入ったまま開けてもない洋服がクローゼットにたくさん詰まってるの、アハ!みたいなノリにこの上ない幸せを感じる人であれば着ない服がたくさんあるのは震えるほどの喜びでしょうが、私はそういうタイプではない。いや、大体買い物自体が好きではない。

関連 欲しいものがないわけじゃない、我慢しているわけでもない。

いやいや着てない服があるのが幸せなんて人なんていないでしょと思われるかもしれませんが、結構いるのではないかと。私のまわりでも、タグを切っていない洋服があることを誇らしげに語る人はいるもの。で、心底うれしそうにしているもの。

豊かさを取り違えてそうなっているのなら問題だけれど、ただただ服が好きで、たくさん欲しくて、結果として余剰在庫が出ている状態をきちんと楽しめているのならそれでいいと思う。どんな状態が心地いいかなんて人それぞれだし、自分が稼いだお金を好きなように使う権利が誰にでもあるし、親しい友人はみんな同じ考えです、とかむしろ気持ち悪いし。

関連 モノを溜め込む人とは友達になれない。

最近本当に服を買わなくなってしまったので、そもそもファッションに興味がなくなってきてるんじゃないか説も浮上しておるわけですが、こうしてコーディネイトについて真剣に考えている時点で服なんてなんでもいいのだ人間は中身だろ、ああ?みたいな割り切りもできていないことが伺える。

中途半端ですね。

ミニマリストの持たない暮らし

中途半端なままでこの先も過ごすのか、はたまたおしゃれとか美容あたりからはスッパリ手を引き硬派に生きていくのかはまだわかりません。多分一生どっちつかずでうやむやなまま、の気はする。

 




関連記事

なくなったらつまらないものそれは。

突如発生した妙な出来事について、丸1日考えてみても全然理解できずにいます。 昨日夕方

記事を読む

40歳は立派に初老。

両親の傘寿祝いをしていません。ミニマリスト主婦は80歳一般常識に疎いもので正式(?)にはい

記事を読む

いつでも欲しい情報にアクセスできる恐ろしさ。

By: Matthew Pearce[/caption] 手のひらで扱える薄くて軽いものを使

記事を読む

少ない服でもおしゃれがしたい旅の準備・冬。

By: Kylir Horton[/caption] 12月に入ったねえと言いつつものんびり

記事を読む

シンプルライフの成れの果て。

普段は朝と夜の1日2食体制を基本としていますが、誰かと一緒にとか、打ち合わせを兼ねて、なんて

記事を読む

今日捨てたもの 11/6 いただきもの、思い出の品を捨てること。

冷蔵庫や洗濯機、ベッドといった大型のものは全てなくなった我が家。 今では自分で持ち運べ

記事を読む

MacBook Air 11インチのバッテリー持ちが悪い。

購入して早4ヶ月となるMacBook Air。 関連 MacBook Air 11インチを購入

記事を読む

新しいものが、早々となくなっていく感覚。

何も調べていない状態なもので素っ頓狂なことを書きそうですが、itunesがなくなるって、何を

記事を読む

tramando コーデ

洋服が減ったらバランスがガラリと変わっていた。

By: ParisSharing[/caption] 寒いじゃないか。 ということでロ

記事を読む

70代ミニマリスト主婦のファッション。

みんなのアイドル、70代ミニマリスト主婦。約8ヶ月ぶりの登場です。 70代ミニマリスト

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑