着ていない服がたくさんあるという幸せ。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

170314lg

ちょっとふわっとマイルドにしておいたほうが好都合、ではあるよね。「大人のおしゃれDo!&Don’t ババア上等! 余計なルールの捨て方」だったかでも

「この頃のルーズなシルエットがきている流れは我々世代には助かる」

的なネタがあったような気がするけど、体の線がバシッと見えるようなタイトな服は私もやはり敬遠してしまいます。

シャツやカットソーしかり、デニムしかり、以前はどちらかというとそういう細身のシルエットばかりを好んでいたけれど、最近はねえ。

黒とのつきあいを真剣に考える

同じくしばらく遠ざかっていたのが黒のアイテム。

一時はナチュラル方向へ大きく舵を切ろうと迷走し、無謀なチャレンジを図ったので余計その傾向が強かったのだけど、黒との付き合い方を見直したのは事実です。

関連 コーディネイトにグレーを使いたくなってきた、その理由。

でもやっぱり、まだあるんだよなあ、黒の服。

例えばこれ。

40代のファッション

好きなんだけどイマイチうまく使いこなせなくてクローゼットの肥やしになりがちだったトップス。襟や袖のパーツがかなりでコラディブで可愛らしさもあるんだけれど、黒ということもあり、レース風のデザインはラブリーではなくグランジ臭プンプン。

デニムを合わせてまさに、というスタイルにしてもよし、白のアンクルパンツあたりを持って来ればちゃっかり上品な印象にも化ける、そんな一枚。が、なんとなく後回しになりがちな位置につけていて、主力選手としては活躍しないまま、数年が過ぎておりました。

好きなんだけどね。

ここ数年間続けている手持ちアイテムフル活用キャンペーンの一環で、このトップスとも真剣に向き合ってみたところ、手が出なかった原因は私の体型にあると知る。

関連 着こなせないけど捨てない服とその理由。

体型、というか、形状。首がね、すらりとしていないものだから、こういう襟元が高めのものってちょっと不安になるのですよ。埋もれてしまうのではないかと。

いくら頑張っても今日明日で首を長くすることはできないので、ここは印象操作で乗り切るべし。と、髪をすっきりまとめ、ボタンを少し開け、袖の長いカーディガンで肩を隠し、と普通の対策を施したところ、使えることが判明。

なんだよ、結局これも好きとかいいながら使い方を真剣に考えてなかっただけじゃないか。怠慢だ、怠慢。

着ていない服がたくさんあるという幸せ。

とにかくお買い物が大好きで、買ったっきり紙袋に入ったまま開けてもない洋服がクローゼットにたくさん詰まってるの、アハ!みたいなノリにこの上ない幸せを感じる人であれば着ない服がたくさんあるのは震えるほどの喜びでしょうが、私はそういうタイプではない。いや、大体買い物自体が好きではない。

関連 欲しいものがないわけじゃない、我慢しているわけでもない。

いやいや着てない服があるのが幸せなんて人なんていないでしょと思われるかもしれませんが、結構いるのではないかと。私のまわりでも、タグを切っていない洋服があることを誇らしげに語る人はいるもの。で、心底うれしそうにしているもの。

豊かさを取り違えてそうなっているのなら問題だけれど、ただただ服が好きで、たくさん欲しくて、結果として余剰在庫が出ている状態をきちんと楽しめているのならそれでいいと思う。どんな状態が心地いいかなんて人それぞれだし、自分が稼いだお金を好きなように使う権利が誰にでもあるし、親しい友人はみんな同じ考えです、とかむしろ気持ち悪いし。

関連 モノを溜め込む人とは友達になれない。

最近本当に服を買わなくなってしまったので、そもそもファッションに興味がなくなってきてるんじゃないか説も浮上しておるわけですが、こうしてコーディネイトについて真剣に考えている時点で服なんてなんでもいいのだ人間は中身だろ、ああ?みたいな割り切りもできていないことが伺える。

中途半端ですね。

ミニマリストの持たない暮らし

中途半端なままでこの先も過ごすのか、はたまたおしゃれとか美容あたりからはスッパリ手を引き硬派に生きていくのかはまだわかりません。多分一生どっちつかずでうやむやなまま、の気はする。

 




関連記事

2019年、買ってよかったものベスト3。

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベスト3」を選定しています。

記事を読む

手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち合わせがないデタラメな人間が、

記事を読む

貯まる体質、痩せる習慣。

By: Randen Pederson[/caption] 友人知人から事あるごとに

記事を読む

ミニマリスト主婦は80歳。

みんなのマドンナ、ミニマリスト主婦も2020年に80歳を迎えます。 70代ミニマリスト

記事を読む

ネイルを1本だけ残すなら。

By: Travis Wise[/caption] 日常的にネイルをしなくなって随分と経ちま

記事を読む

今日捨てたもの その数字は最高の選択基準か。

By: Randen Pederson[/caption] コインって貯まるよねえ。 「貯

記事を読む

スウェットパンツで外出できるか。

寒いの嫌い嫌い族なもので、防寒への関心は高いです。 だからこそ、この時期の完全オフの日

記事を読む

2月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Dawn Ellner[/caption] またまた定例ポストを。 現在の住ま

記事を読む

なければないで済んだのに、手放せなくなるものがある。

師走に入り初の平日、6時外出。 これは、いよいよか。開幕日は今日しかない。そう決意し張

記事を読む

今日捨てたもの 12/29 傷んだことに気がつきにくい。

By: Didriks[/caption] 私が現在住んでいるシェアハウスは若い人が多いので

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、キャベツのわさび白和え献立。

確か、別のものを買いにいったんです。ごぼうがあったので、柳川

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

→もっと見る

PAGE TOP ↑