体型が変わらない落とし穴。

公開日: : 最終更新日:2017/05/02 ファッション, ミニマルライフ, 捨てる

すっかりサイズの合わなくなってしまった洋服を

「いつか着られるようになるはず」

といつまでも持ち続けるのは洋服が増え続ける原因のひとつである、とよく聞きます。着られるようになるまでは新しい服を買い足さなきゃいけないし、サイズが戻ったとしても当時のデザインの洋服をまた活用できるかどうかは別問題、というのがその理由。

確かにそうだよなあと思うものの、その逆パターンもあります。

サイズが変わらないゆえにいつまでも持ち続けてしまう、という落とし穴がそれ。

今日捨てたもの

150831lg

  • デニム

20年近く前(!)に購入したMANUAL LABOURのTALKING POCKET。お気に入りの割にはあまり活用できていない期間もあったのですが、ここ1年はかなり頻繁に登場させることができました。

活用できていない期間がある、と言っても20年選手。さすがに痛みが激しく、捨て時期はとっくに過ぎていると思われるのですが、気に入っていたのでなかなか手放せずにいたのです。

が、かなり贔屓目に見ても限界を超えた破れかぶれ。それ、ダメージ加工じゃなくて単に痛んでるだけですよね、といった風体になってしまったので月末でキリのよい本日でお別れすることにしました。名残惜しくふとサイトをチェックしたみたら、同じデザインのものが今でも販売されていることもわかったしね。また新しいのを買うこともできるとなれば、手放すのも怖くない。

いやあ、思いがけず長い付き合いとなりました。最後に思う存分使えてよかった。
おつかれさまでした。

サイズ維持は洋服を長く使うコツ、ではあるけれど

冷静に考えてみると20年とは相当な長期間ですが、デニムってそもそも結構長持ち。トレンド感の強いデザインものだとさすがに厳しいですが、定番のタイプだとサイズが変わらない限り10年くらいはいけそうな気がします。

ここ最近でこそベスト体重よりも少々減っていますが、基本的にあまり大きなサイズ変動がないタイプ。だからこそやたらと物持ちが良くなってしまうのは気に入ったものを長く使えて経済的ではありますが、いい面ばかりでもないわけで。

参考 5年以上前に買った服がよれよれになっていない理由。

思い入れの強いものほど長く使いたくなるものですが、いくら大切に使っても洋服は必ず痛む。だけど、ある日突然破れたり汚したりといった場合を除けば、日々の蓄積による劣化はなかなか自分では判断しにくいものです。

自分ではまだ大丈夫、と思っていても、実はかなりボロボロ、なんてことも起こりうる。

もちろんかなり痛んでいると自覚しつつもどうしてもこれが着たい!という意思があってのことならいいけれど、大体は気がつかないままに使い続けてしまっていることが殆どでしょう。家族やよっぽど近しい仲でない限り

「えらくボロボロの服着てるね!」

なんて指摘は誰もしてくれないですからね。

「気分」でも判断できる捨てる時期

By: aotaro

大切にする、と捨て時を誤る、は紙一重。お気に入りのアイテムほどその判断基準は鈍くなってしまいがちです。
捨てるも持つも全てはタイミングなのですが、やっぱり何らかの判断基準は持っていた方が安心。

私の場合は

「恥ずかしくて外に出られないような格好はしない」

というルールから外れたら、捨てるタイミングと設定しましょうか。

参考 ミニマリストの部屋着(夏編)

私のような根っからのズボラ人間は一人暮らしだからといって

「自分しか見てないんだからこれでいいや」

という考え方をしていたら、どんどん自分に甘くなってしまうので頗る危険ですからね。

その他には(気に入ってたのに、高かったのに)着ていてもなんとなく気分がよくない、とか、(傷み過ぎていて)もはや着ているのが後ろめたい、なんていうのも判断基準になりそう。

しかしなんというか、こんな風に傷み過ぎてもまだ持ち続けたい、と思えるモノに出会えたのはとてもラッキーなことだと思います。

 




関連記事

徒歩5分 町内移動の単身者引越し、見積り価格20万円也。

例の騒動も相まって、この春の引越しに関するニュースを頻繁に目にする今日この頃。 「時期

記事を読む

女の朝支度 起きて15分で家を出られるか。

朝、起床してから家を出るまでどれくらいの時間がかかるか。 朝の時間の過ごし方は人それぞ

記事を読む

貧乏入門 あるいは幸福になるお金の使い方。

By: alamosbasement[/caption] 先日このブログを始めてから1年が経過し

記事を読む

髪を切ったら服が似合わなくなる問題。

By: DQmountaingirl[/caption] 40代くらいになると女性がみなこぞ

記事を読む

ブログを毎日書く理由と目的、メリットは?

By: Bart Everson[/caption] ここのところ毎日時間を取ってオンライン

記事を読む

マキシワンピコーデ

思考停止ワンパターンワンピースはおしゃれじゃない・夏。

ちょろっと歩くだけでも汗だくになる季節がやってまいりました。 わたくし、あまり汗をかか

記事を読む

捨てなくてよかった昔の記録。

By: MIKI Yoshihito[/caption] モノを大切にし過ぎるあまりズルズル

記事を読む

増え続ける洋服をなんとかしたい!クローゼットの上手な整え方5ステップ。

現在発売中の雑誌「天然生活」10月号に興味深い特集があったので読んでみました。 私が気

記事を読む

理想の暮らしは、定住したほうが手に入りやすい。

By: Gabriel Saldana[/caption] 先日こんな記事を書いたところです

記事を読む

退屈な毎日、暇つぶしをしている暇はあるか。

年明けに開かずの段ボールを整理したと書きました。 関連 引っ越しから10年以上そのまま放置して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

ミニマルライフや、おしゃれよりも。

奥さん、8月です。ひどい、ひどいじゃないですか。暖かくなった

ナチュラル志向とは無関係に、サプリを摂らない。

「4年ぶり・アンカウンタブ登板」の皮膚科受診から、2週間が経

→もっと見る

PAGE TOP ↑