シンプルファッションにプラスするおすすめアイテム。

公開日: : 最終更新日:2017/04/09 ファッション, ミニマルライフ, 旅人への道

yarnzs

好きなものに関してはしつこい私。

ずっとこのブログで推し続けているブランドのセールがきていたので思わず書き記す。

関連 便利すぎるカシミヤストール。

そう、いつものYARNZです。私もまだちらっとしか見てませんが、普段なかなかお目にかかれないアイテムが揃ってます。旅情をそそるスーツケース柄とか可愛いなあ。



大人のストールコーディネイト

DSC_1019

以前も雑なコーディネイト企画で散々書きましたが。

関連 定番コットンカーディガンを着回す。

今見ても写真ヒドイな。まあそれはそれとして。

ちょっと他にはないPOPなプリントで色使いが鮮やかだけれど、決して下品にはならないのが嬉しいストール。色を選べばオフィスカジュアルにもいい感じではないでしょうか。

素材はカシミヤやリネンなどさまざまなので厚みや肌触り、使いたい季節によって選ぶという感じでしょうか。まあでもこういうものってどうしても色柄メインで選んじゃうんですけどね。

ストール

こんな風にくるくる丸めてもシワになりにくく軽いので旅行に連れて行くにはもってこい。私も今回の旅はもちろん、毎度持参しています。

関連 最小限の旅の洋服。ストレッチスカートを着回す。

シンプルなトップスでもさっとまとうだけでパッと華やかにしてくれるから旅の荷物を減らして着回すにもなかなか便利なのですよ。

ミニマリストの持たない暮らし

などとしつこく偏愛しているYARNZはニューヨークのブランド。
実は今回ニューヨークへ行ったのでYARNZのネタもあります。それはまた改めて、というわけでご興味のある方はギルトでチェックを。

※追記 書きました。
関連 必要なもの、いらないものは変わり続ける。

 




関連記事

By: Sharat Ganapati

ファミリーセールに招待状ナシで参加する方法。

By: Sharat Ganapati[/caption] その昔は好きなブランドのファミリ

記事を読む

By: kate hiscock

今日捨てたもの 8/18 常に目に入らないところには。

By: kate hiscock[/caption] びっくりしました。 今後捨てるの

記事を読む

By: Vincent Anderlucci

今日捨てたもの 冬に向けての衣替え。

By: Vincent Anderlucci[/caption] 明日からいよいよ12月で冬

記事を読む

doma2

お気に入りのレザーブルゾンを着ない、その理由。

12月に入って最終防寒手段のダウンジャケットを解禁しました。 が、先日の寒さについてニ

記事を読む

RICHO caplio GX100

旅の荷物軽量化計画、コンパクトカメラの行方。

先日修理に出していたコンパクトデジカメが戻ってきました。 関連 手放すか否か。今、運命

記事を読む

started

イラストをUPすると服になる。ブランド立ち上げサイト「STARTed」

「アイデア」っていうと何かとてつもなく斬新なものとか、今まで誰も見たこともないものを思いつく

記事を読む

shinjuku8

しなかった、できなかったことで得たもの。

たとえ襟足を刈り上げたとしても、3ヶ月も経過すれば結べる長さになる。つまり、失敗しても時が必

記事を読む

By: Donnie Ray Jones

40代のニベアはありか、ナシか。

By: Justus Blümer[/caption] スキンケアを冬バージョンに変えて3ヶ

記事を読む

list

リストは心を導く道具。ドミニック・ローホー「ゆたかな人生が始まるシンプルリスト」

夕方の雷、凄かったですねえ。 そういや夏の夕方の雷雨を部屋から眺めるの好きだったなあ、

記事を読む

qv3

最小限の旅の持ち物。それでも持っててよかったモノたち。

By: Andrei Dimofte[/caption] 荷物は少なく、足取り軽く。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

かぶの梅サラダ トマトソース焼きそば
トマトソース焼きそば、かぶの梅サラダ献立。

当初はキャベツと豚肉のオーソドックスな焼きそばを食べるつもりで

suma1608_21
怒りに震える秋の朝。

朝5時から怒りに震える秋。 怒りという感情は厄介なもので

焼きかぶのトマト和え
焼きかぶトマト和え、キャベツとしょうがのスープ献立。

毎度のことながら、食材使い切り週間の献立は珍妙さが増しますね。

note16
死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパタ

わかめと卵の炒めもの
卵とわかめの炒めもの、かぶのゆかり和え献立。

地味おかずをこよなく愛する私ですが、わかめ炒めの地味さはまた格

→もっと見る

PAGE TOP ↑