シンプルファッションにプラスするおすすめアイテム。

公開日: : 最終更新日:2017/04/09 ファッション, ミニマルライフ, 旅人への道




yarnzs

好きなものに関してはしつこい私。

ずっとこのブログで推し続けているブランドのセールがきていたので思わず書き記す。

関連 便利すぎるカシミヤストール。

そう、いつものYARNZです。私もまだちらっとしか見てませんが、普段なかなかお目にかかれないアイテムが揃ってます。旅情をそそるスーツケース柄とか可愛いなあ。

大人のストールコーディネイト

DSC_1019

以前も雑なコーディネイト企画で散々書きましたが。

関連 定番コットンカーディガンを着回す。

今見ても写真ヒドイな。まあそれはそれとして。

ちょっと他にはないPOPなプリントで色使いが鮮やかだけれど、決して下品にはならないのが嬉しいストール。色を選べばオフィスカジュアルにもいい感じではないでしょうか。

素材はカシミヤやリネンなどさまざまなので厚みや肌触り、使いたい季節によって選ぶという感じでしょうか。まあでもこういうものってどうしても色柄メインで選んじゃうんですけどね。

ストール

こんな風にくるくる丸めてもシワになりにくく軽いので旅行に連れて行くにはもってこい。私も今回の旅はもちろん、毎度持参しています。

関連 最小限の旅の洋服。ストレッチスカートを着回す。

シンプルなトップスでもさっとまとうだけでパッと華やかにしてくれるから旅の荷物を減らして着回すにもなかなか便利なのですよ。

ミニマリストの持たない暮らし

などとしつこく偏愛しているYARNZはニューヨークのブランド。
実は今回ニューヨークへ行ったのでYARNZのネタもあります。それはまた改めて、というわけでご興味のある方はギルトでチェックを。

※追記 書きました。
関連 必要なもの、いらないものは変わり続ける。

 




関連記事

パクチーが食べられない人間がベトナムを旅できるのか。

一人旅でベトナムに来ています。 本当に危ない、ベトナム・ホーチミン一人旅。 一人

記事を読む

モアルボアルで使えるアイテム。モアルボアル滞在記録 その4。

4回目となったモアルボアル滞在記、今回でラストです。 参考 モアルボアルへの行き方。モ

記事を読む

一人旅の正しいお作法。

By: The U.S. National Archives[/caption] どうにも派

記事を読む

晴雨兼用折りたたみ傘はいるのかいらないのか。

By: Y'amal[/caption] 先日壊れた傘を処分しました。 関連 5月1ヶ

記事を読む

自由きままに生きることの不自由さ。

By: Lauren McKinnon[/caption] 自由とは、辞書によれば 「

記事を読む

髪を切ったら服が似合わなくなる問題。

By: DQmountaingirl[/caption] 40代くらいになると女性がみなこぞ

記事を読む

40代のヒール

ヒールが辛い、大人のヒールの選び方。

By: THOR[/caption] 華奢なヒールや重たい鞄をなんとなく遠ざけるお年頃。

記事を読む

マイ流行語大賞 2018。

先日、今年の新語・流行語大賞ノミネート語の発表がありました。 新語・流行語大賞ノミネー

記事を読む

激しい朝活、AM6:00が限界説。

いきなりやってきた酷暑に体内時計が反乱を起こしたのかなんなのか、起床時間がどんどん前のめりに

記事を読む

パソコンを眺めて1日が終わる。

恐ろしいのであまり考えたくはないのですが、就寝時間を除いた18時間のうち、相当な割合を画面凝

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

→もっと見る

PAGE TOP ↑