シンプルファッションにプラスするおすすめアイテム。

公開日: : 最終更新日:2017/04/09 ファッション, ミニマルライフ, 旅人への道

yarnzs

好きなものに関してはしつこい私。

ずっとこのブログで推し続けているブランドのセールがきていたので思わず書き記す。

関連 便利すぎるカシミヤストール。

そう、いつものYARNZです。私もまだちらっとしか見てませんが、普段なかなかお目にかかれないアイテムが揃ってます。旅情をそそるスーツケース柄とか可愛いなあ。

大人のストールコーディネイト

DSC_1019

以前も雑なコーディネイト企画で散々書きましたが。

関連 定番コットンカーディガンを着回す。

今見ても写真ヒドイな。まあそれはそれとして。

ちょっと他にはないPOPなプリントで色使いが鮮やかだけれど、決して下品にはならないのが嬉しいストール。色を選べばオフィスカジュアルにもいい感じではないでしょうか。

素材はカシミヤやリネンなどさまざまなので厚みや肌触り、使いたい季節によって選ぶという感じでしょうか。まあでもこういうものってどうしても色柄メインで選んじゃうんですけどね。

ストール

こんな風にくるくる丸めてもシワになりにくく軽いので旅行に連れて行くにはもってこい。私も今回の旅はもちろん、毎度持参しています。

関連 最小限の旅の洋服。ストレッチスカートを着回す。

シンプルなトップスでもさっとまとうだけでパッと華やかにしてくれるから旅の荷物を減らして着回すにもなかなか便利なのですよ。

ミニマリストの持たない暮らし

などとしつこく偏愛しているYARNZはニューヨークのブランド。
実は今回ニューヨークへ行ったのでYARNZのネタもあります。それはまた改めて、というわけでご興味のある方はギルトでチェックを。

※追記 書きました。
関連 必要なもの、いらないものは変わり続ける。

 




関連記事

持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

By: Robert Benner[/caption] 台風が猛威を振るっています。

記事を読む

私服を制服化したい気持ちがわからなくもない。

私服を制服化するという考え方。ものを減らすとか断捨離とか少ない服でおしゃれにとか、その辺りの

記事を読む

冬のボーナス、自分へのご褒美。ランキングって意味あるの?

年末商戦。 この時期になるとやたらと「自分へのご褒美に」というコピーがあちこちで躍るように

記事を読む

大人の神戸散歩 開園60周年の須磨海浜水族園が楽しい。

神戸市須磨区にある須磨海浜水族園に行ってきました。 前回行ったのはいつだったか全く思い

記事を読む

荷物の少ない旅、移動のお供に最適なツール。

移動中は睡眠時間に充てることも多いのですが、今回はいいタイミングで移動や乗り継ぎの暇つぶしに

記事を読む

秋ファッション、おばさんも出したいところは出せばいい。

週末、出かけようとして突然の気温低下に悩む。 なんだなんだ、急に寒くなっちゃって、寂し

記事を読む

こなれた着こなし、ユニクロ着てて恥ずかしくない?

こなれた着こなしとかこなれ感なる、それは一体どういうスタイルのことを指しているのでしょうかと

記事を読む

海外一人旅 社交性のない人が英語を使う機会は多くない。

先日英語学習についてのご質問をいただきましたが、その後もちまちまと継続しています。 継

記事を読む

RICHO caplio GX100

旅の荷物軽量化計画、コンパクトカメラの行方。

先日修理に出していたコンパクトデジカメが戻ってきました。 関連 手放すか否か。今、運命

記事を読む

祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

朝晩はまだ多少冷えるものの、もう凍えるようなそれではなく、日中は上着なしでも歩ける陽気。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑