今日捨てたもの 最後まで責任を取る覚悟はあるか。

公開日: : 最終更新日:2017/04/25 ミニマルライフ, 捨てる

どうにも物持ちがいいので痛んでしまってもまだ使えるからいいか、といつまでも持ち続けてしまうところがあります。

これはエコとか勿体無い精神とかではなく、単に私がズボラだから。

ものすごく興味のあるものや思い入れの深いものならいざしらず、特に意識の向いていないものに関しては傷みや劣化が目に入らないのです。

一緒に暮らす家族や毎日顔を合わせる同僚がいれば厳しいチェックも入るでしょうが、現在の状況ではやや意識を高く持つ必要があります。

何度も同じことを書いてますが、定着するまで繰り返すのは習慣化の基本ですからね。




今日捨てたもの

今日捨てたもの

  • サングラスのケース

現在も使っているサングラスのケース。
ケースは他にもいくつか所持しているのですが、ソフトケースはこれひとつだったので旅行の時などに重宝しておりました。

が、もうダメですな。ボロボロ状態です。

商品付属のケースですからね、7年も使えばこんなものでしょう。サングラス本体もかなり年季が入ってきましたが、もう少し頑張ってもらうことにします。

同じくボロボロ状態になるまで使って処分したボディバッグとは違って、このソフトケースは特に思い入れはありません。

参考 今日捨てたもの 4/18 思い出の品も使い切る。

ファッションアイテムに関しては「持っているもの全てがお気に入り」なのが理想かもしれませんが、このケースのように特にお気に入りではなくとも便利に使えていたものもあるわけで。

何を選び、何を捨てるかの判断って難しいですね。

しかしながら、今回のように明らかな「寿命」が来てしまえば迷うことなく捨てられます。使い切ったものを手放すことに罪悪感は湧かないし、むしろさわやかな別れです。よっ、お疲れさん!という感じ。笑顔でさよならです。

新しいモノを迎え入れる覚悟

ところで現在私があまり買い物をしないのは、モノを増やしたくないからというのが大きな理由ではあるのですが、新しいものを迎え入れる覚悟が決まってないからでもあるような。

犬や猫などペットを飼うとなると本当に一生面倒を見る覚悟はあるのか、途中で責任放棄したりしないか、など相当考えてから決断する必要があるけれど、モノはそこまで考えずに気軽に購入するのが普通。
けれど、自分にとっての必要最低限の持ち物で身軽に生きると考えると、そしてやたらめったらモノを捨てたくはないとなると、新しいモノを迎え入れるのに相当な覚悟を要するのです。

まあ今の私は少々慎重になりすぎかもしれませんが。

モノを持たずに身軽に暮らす

捨てても捨ててもモノが増えてしまう、またはどうしてもモノが捨てられない、という場合は洋服やバッグを購入する際にきちんと使い切る責任を持てるのか、と考えてみるといいかもしれません。
ペットのように一生面倒を見る覚悟とまではいかないまでも、モノだって洋服だって自分の部屋や生活を彩る要素のひとつだもんね。

 

身軽に暮らす ~もの・家・仕事、40代からの整理術 (COMODOライフブック)
石川 理恵
技術評論社
売り上げランキング: 87,933





関連記事

By: Alejandro  Pinto

突然の誘いに対応できないご近所ファッション問題。

By: Alejandro Pinto[/caption] 近所のカフェで仕事をしていると友

記事を読む

By: Jorge Franganillo

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

By: Jorge Franganillo[/caption] 最近何を着ても似合わなくなっ

記事を読む

comparing

ミニマリストのクローゼット公開、という記事が使えない理由。

モノを減らしたいと考えている人にとって、片付けに関する書籍、断謝離を実践している人やミニマリ

記事を読む

ひとりぜいたく晩酌帖

ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が出来上がりました。 関連

記事を読む

water

日本のフリーランサーに「非効率を極める」のススメ、が、辛すぎる。

フリーランサーとしては、耳の痛い話ですね…。 >>参考 日本のフリーラン

記事を読む

lifeisfruity

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

By: Maegan Tintari

デニムワイドパンツのコーディネイトで考えたシンプルファッションの行方。

By: Emily May[/caption] 手持ちのアイテムを活かすぞキャンペーン、しつ

記事を読む

amenity.min

読んでも何も変わらない。「スタンフォードの自分を変える教室」。

部屋を整理していると、いろんなモノが発掘されます。 誰にでも 「続けるつもりで買

記事を読む

0824lg2

今日捨てたもの 8/24 使ったことのないハンドタオル。

今月は1ヶ月間毎日何かを手放す運動を実施中。 1ヶ月は長いかな~と思っていたのですが、

記事を読む

mashiko-2015

老後の暮らし、それのどこがそんなに不安なんですか。

帰り道に立ち寄った書店で自営業者に向けた老後のお金に関する本を見かけてふと手に取る。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑