今日捨てたもの 最後まで責任を取る覚悟はあるか。

公開日: : 最終更新日:2017/04/25 ミニマルライフ, 捨てる

どうにも物持ちがいいので痛んでしまってもまだ使えるからいいか、といつまでも持ち続けてしまうところがあります。

これはエコとか勿体無い精神とかではなく、単に私がズボラだから。

ものすごく興味のあるものや思い入れの深いものならいざしらず、特に意識の向いていないものに関しては傷みや劣化が目に入らないのです。

一緒に暮らす家族や毎日顔を合わせる同僚がいれば厳しいチェックも入るでしょうが、現在の状況ではやや意識を高く持つ必要があります。

何度も同じことを書いてますが、定着するまで繰り返すのは習慣化の基本ですからね。

今日捨てたもの

今日捨てたもの

  • サングラスのケース

現在も使っているサングラスのケース。
ケースは他にもいくつか所持しているのですが、ソフトケースはこれひとつだったので旅行の時などに重宝しておりました。

が、もうダメですな。ボロボロ状態です。

商品付属のケースですからね、7年も使えばこんなものでしょう。サングラス本体もかなり年季が入ってきましたが、もう少し頑張ってもらうことにします。

同じくボロボロ状態になるまで使って処分したボディバッグとは違って、このソフトケースは特に思い入れはありません。

参考 今日捨てたもの 4/18 思い出の品も使い切る。

ファッションアイテムに関しては「持っているもの全てがお気に入り」なのが理想かもしれませんが、このケースのように特にお気に入りではなくとも便利に使えていたものもあるわけで。

何を選び、何を捨てるかの判断って難しいですね。

しかしながら、今回のように明らかな「寿命」が来てしまえば迷うことなく捨てられます。使い切ったものを手放すことに罪悪感は湧かないし、むしろさわやかな別れです。よっ、お疲れさん!という感じ。笑顔でさよならです。

新しいモノを迎え入れる覚悟

ところで現在私があまり買い物をしないのは、モノを増やしたくないからというのが大きな理由ではあるのですが、新しいものを迎え入れる覚悟が決まってないからでもあるような。

犬や猫などペットを飼うとなると本当に一生面倒を見る覚悟はあるのか、途中で責任放棄したりしないか、など相当考えてから決断する必要があるけれど、モノはそこまで考えずに気軽に購入するのが普通。
けれど、自分にとっての必要最低限の持ち物で身軽に生きると考えると、そしてやたらめったらモノを捨てたくはないとなると、新しいモノを迎え入れるのに相当な覚悟を要するのです。

まあ今の私は少々慎重になりすぎかもしれませんが。

モノを持たずに身軽に暮らす

捨てても捨ててもモノが増えてしまう、またはどうしてもモノが捨てられない、という場合は洋服やバッグを購入する際にきちんと使い切る責任を持てるのか、と考えてみるといいかもしれません。
ペットのように一生面倒を見る覚悟とまではいかないまでも、モノだって洋服だって自分の部屋や生活を彩る要素のひとつだもんね。

 

身軽に暮らす ~もの・家・仕事、40代からの整理術 (COMODOライフブック)
石川 理恵
技術評論社
売り上げランキング: 87,933



関連記事

親の視点から考える 「気持よくできる 実家の片付け」

先日書店をうろついていて、たまたま高齢者向け雑誌のコーナーに目が止まりました。 やはり

記事を読む

寒がりの冬ファッション 防寒対策スエットは却下。

By: Miguel Virkkunen Carvalho[/caption] 冬に向けての

記事を読む

捨てたら見えた偏愛傾向、それでもやっぱり欲しいもの。

By: Gabriel Saldana[/caption] 身内の引越しをネタにしたことがあ

記事を読む

5年ぶりの物件探し。

先日、約5年ぶりにマンションの内見に行きました。 特に急ぎで引越しを検討しているわけ

記事を読む

デニムワイドパンツのコーディネイトで考えたシンプルファッションの行方。

By: Emily May[/caption] 手持ちのアイテムを活かすぞキャンペーン、しつ

記事を読む

貧乏入門 あるいは幸福になるお金の使い方。

By: alamosbasement[/caption] 先日このブログを始めてから1年が経過し

記事を読む

服がない、おしゃれに無縁の1ヶ月。セブ日記 6

服がない。正確には、手元にない。 ここに到着して1週間と少し。すでにコーディネートはロ

記事を読む

要領が悪い人の料理。

要領が悪い人、それは私です。 どれくらいの悪さかというと、効率を重視して動ける人、もしくは

記事を読む

スーツケースの重量と関西国際空港第一ターミナルの電源カフェ。

関空から出発するのは3年ぶりくらいでしょうか。 今回は同時期に関西方面にも用があったの

記事を読む

40代のスキンケア、冬。旅に持参したアイテムはたった2つ。

昨年の夏にスキンケアに関する記事を書きました。 参考 40代のスキンケア。基礎化粧品を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ぬか漬け
夏のお約束、今年もはじめました。

いきなり夏になりましたね。寒いより暑い方が断然好きなので、何

やりたいことをやる中年。

長年あたため続けてきた大イベントを、今月ようやく開催できまし

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

→もっと見る

PAGE TOP ↑