5年ぶりの物件探し。

公開日: : 最終更新日:2021/10/31 ミニマルライフ

先日、約5年ぶりにマンションの内見に行きました。

特に急ぎで引越しを検討しているわけではありません。帰宅途中に近所の不動産屋のウィンドウに掲出されていた賃貸物件がたまたま目に留まり、帰宅後検索して問い合わせたのです。

つまり、該当物件はご近所。今の居住エリア内。

ちょっとこの物件見てみたいな、程度の気軽さで出向いたのですが、これが思ったよりよかったのですよ。

5年ぶりの物件探し。

今の住まいから徒歩2分ほどの位置にあるマンションは、1〜3階が飲食店と事務所になっており、4階以上が居住フロア。最上階にはオーナーご家族がお住まいとのことでした。

築年数はかなり重ねているものの、数年前にフルリノベーションされていて、水周りも室内もキレイ。和室を無理やり洋室に変更した物件ならではのヘンテコな作りもやけにそそります。

正直、さほど丁寧な仕事はされておらず、いまどきおしゃれリノベーション感は皆無。それでも間取りや広さ、採光面の多さなどの魅力は大きかったのです。

ほとんど冷やかしに近い(ごめんなさい)内見だったのに、こりゃひょっとしたらひょっとするな…。

営業担当さんの出過ぎず急かさずのアテンドも好印象で、ちょっと真剣に考えてしまったのでした。

引越しする理由がない

帰宅して改めて考えてみると、今引越しする理由は特にありません。

これまで何かと転居の多い人生を送ってきました。しかしそのどれもが転勤や移住、居住エリアえの不満など、確固たる理由があっての引越し。なんとなく住み替えたいナとか、もうちょっと広い部屋に移りたいヨといったポップな理由での転居はありませんでした。

持たない暮らし、引越し作業は20分。

しかも今回見た部屋は、すっかり住みなれた街の住みなれたエリアで、私の大好物である引越しした後の「お楽しみ」時間もまるで期待できないのです。

同じものばかり、こんなにたくさんいらないのに。

となるとこれは贅沢引越しだろうか。ただでさえ不安定な仕事が例のアレのおかげでさらにグラグラになっている今、固定費を上げるなど馬鹿げた決断ではなかろうか。

電卓を叩きながら部屋のレイアウトをうっすらと妄想し始めて、私は今の街を割と気に入ってるんだな、と改めて思ったのでした。

いつかは離れる場所だとしても

できればいろんな街に住んでみたい。どうせ引っ越すなら見知らぬ街を選んで、見知った街にしていくプロセスを楽しみたい。ずっとそう考えていたのに、まさか目と鼻の先の物件に越そうか真剣に考えるとは。

友人知人からのウケは悪く、住みたい街ランキングの類とも無縁の場所だけど、そうかそうか、まあまあ性に合ってはいるのだね。ずっとさまよい続けていたのだから、それはそれで、よかったね。きっといつかは離れる日がくる場所だとしても。

地元で生きる力強さと終の住処を考える。


今回はどう考えても贅沢引越しでしかないので、動く決断はできそうにありません。でも、久々の内見にワクワクしてしまったのは事実、これからしばらくは情報収拾してしまいそうな自分が怖い。決めるときは、理屈抜きで決めちゃうところがあるからなあ。落ち着け私。

大人のたのしい、一人生活




関連記事

シンプルライフの成れの果て。

普段は朝と夜の1日2食体制を基本としていますが、誰かと一緒にとか、打ち合わせを兼ねて、なんて

記事を読む

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった。それからあれよあれよとおかし

記事を読む

新生活にパンツを100枚。

昔勤めていた頃、転勤ではじめての一人暮らしをすることになった後輩(26歳・男性)が 「

記事を読む

お金の「見えない不安」を取り除くには。

感情の見える化にはまんまと失敗しましたが、家計の見える化は、なぜか継続しています。 人生初の「

記事を読む

成田空港第3ターミナル

預け荷物20kgの目安と成田空港の電源カフェ。

いい天気! が、朝早くに出たのでさすがに寒く、薄手のパーカーだけで出かけるのはちょっと無理

記事を読む

9月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの

9月のまとめです。 9月8月に比べるとはさほどあれこれ多くを捨てたわけではありません。

記事を読む

究極のミニマリストがあまりにもしんどくて哀しい。

自由を追求したら、家は必要なくなっていた。 このフレーズを額面通りに受け取ればとてもポジティブ

記事を読む

帰省で考えた、親の家の断捨離問題。

以前も何度か書いたことがある実家の片付け問題。 参考 難しい実家断捨離問題。本質は別の

記事を読む

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

By: brittgow[/caption] 先日こんなことを書いておいてなんですが。

記事を読む

使い勝手全振りトート 女の価値は鞄でわかる。

先日の衣替えの際に、もういい加減いいかなと思ったものがもうひとつ。 春への衣替え、ペラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

便利に慣れきった現代人の懐かしい痛み。

あ?ああ...あ"あ"あ"ー! と、漫画のような叫び声

スパゲティグラタン
デタラメさの愛おしさ。

ほとんどが和食の献立で固定化している今日この頃ですが、寒くな

絶対に一緒に仕事をしたくないタイプ。

久々にパンチの効いた出会いがありました。 と言っても色

ねぎ入り卵焼き献立
いくつになっても失敗はする。

カメラの不調で一時中断していた晩酌記録を再開してから、早1年

→もっと見る

PAGE TOP ↑