まずはモノを減らせ、は万能ではない。

公開日: : ミニマルライフ

NY ホテルエジソン ツインルーム

「部屋、キレイでしょ」

思わずそう口に出していました。

「うん、まあ」

控えめながらもきっぱりと肯定したのは友人K。私はKの部屋に行ったことはありませんが、ホテルの部屋でスーツケースの荷物を扱う様子を見ていてこれは間違いなかろうと感じたのです。

モノは多くても整った部屋

ミニマリストのクローゼット

ホテルでの過ごし方というのはなかなかにその人の本質というか普段の暮らしぶりやら行動パターンが如実に現れるもので、整理整頓が苦手だけれど旅の間だけはすっきりとスマートに、なんてことはまずありません。もちろん普段より持ち物が少ない分管理がラクにはなっても、本質的に散らかしたい人はモノが多かろうが少なかろうがそれに応じた散らかし方をするものです。

などとわかったような口をきいているのはこれまでに多くの人の旅スタイルを見てきたから。同じ広さの部屋に同じ泊数滞在するという同条件下においても人が違えばこんなにも過ごし方、使い方に差が出るのかと驚愕した経験は一度や二度ではありません。

関連 セブ島のホテル暮らしで実践する持たない生活。

今回の旅で同室だったKが持参したスーツケースは私の倍量は入りそうな100L超の超大型。その中に整然と詰め込まれた荷物を全く散らかすことなく美しく扱うKを見て冒頭の言葉が出たのでした。

「部屋が男っぽいねってよく言われる」

そう言いながらスマホで撮った自室の写真を差し出したK。そこにはカリモクのソファとテーブルを中心に色味を抑えたシックな部屋の様子が映っていました。奥にちらりと見えている本棚は大きさとおそらくジャンル別に美しく分類されている模様。

「買い物好きなのにねえ」
「そうなの、ちまちま買うわりになぜだか部屋は常にこんな感じなの」

今回の旅行でも服やら鞄やら雑貨やらなんだかんだとたくさん買い物をしていた彼女。お土産も大量に購入しており全部入るかなあなどと言いつつも荷物の配置を再構築しつつ全てのアイテムをスーツケースにするすると収めていくのでした。

いやー素晴らしい。そして、羨ましい。

まずは荷物を減らせ、は万能ではない

tainan-hotel10

整理整頓及び空間管理能力に乏しい人間がすっきりと暮らす最も効果的な手段は持ち物を減らすこと。

関連 生活感のない部屋を作る方法とその効果。

でもKのようにモノをたくさん持っていてもすっきりセンス良く部屋を整えられる人もいるのだから、「モノを減らす」 は必ずしも万人に共通の特効薬ではないのだなと改めて感じた次第です。

さらに驚くのはKがその美しい部屋に10年近くも住んでいる事実。私のようにフラフラ引越しを繰り返して辛うじて部屋を整えているのとは根本的に異なり、きちんとした人は環境がどうであれ美しい部屋を作り出せるのだなと唸ってしてしまったのでした。

関連 捨てる引越し、捨てない引越し。

そしておそらくKは本当にモノを大切にする人なんだろうな、とも。

モノを愛する人の部屋は美しい説

読書や映画、スポーツに旅行など趣味が多くいつだって最新の情報を仕入れている労力を惜しまない彼女。

買い物も多いけどそれは闇雲に買っているわけではなく、自分に必要なモノ、似合うモノ、長く愛用できるモノは何かをきちんとわかっていて尚且つそれらの数が多くても管理できる能力があるからこその整った暮らし。そしてその能力は生まれ持った才能かもしれないし、モノが好きだからこそ努力を重ねて経験してきた学びの結晶なのかもしれなくて、好奇心旺盛で多趣味な彼女を見ているとおそらく後者ではないかな、と感じるのです。

たくさんのモノたちと美しく共存するための努力と生き方、それを継続できるモノへの深い愛情。私の勝手な想像に過ぎないけれど、そういう積み重ねができる人ってなんかいいなあと。

関連 モノを溜め込む人とは友達になれない。

人の部屋や暮らし、そこに至るまでの経緯を勝手に妄想してこっそりと前よりも好きになったりしてみるとはまあなんとも気味の悪い私です。

モノがないだけ、個性なき部屋の味気なさ

skirt2

そんなキモい私にKが問う。

「あれ、crispyさんってアパレル販売員経験あったっけ?」
「いや、服はないよ」
「じゃあ部屋、キレイでしょ。だってそのぴっちり揃ったたたみ方」

ちまちまと同じ大きさに畳んだ服をKに指差されて、そういや昔はこんなことしなかったな、と気付く。

関連 洋服の収納がぐちゃぐちゃ、でも問題は先送り。

これはここ数年で私が身につけた数少ない新しいスキルなのだ、と自分の小さな成長を密かに喜ぶ。私だって暮らしを改善すべく多少の努力をし、それがこうして実を結んでいるではないか、なんて。

「うーん、キレイというか、私の場合単にモノが少ないだけだね」
「部屋どんな感じ?男っぽい?」
「いや、ここ病室?って言われたことある」
「病室?」
「病室」

モノを持たずに身軽に暮らす

40余年も生きているのに病室のように無味無臭で個性のない空間しか作れないとはいと哀し、これも放浪癖の弊害か。

管理能力のなさは如何ともしがたい事実としても、生活感は出ずとも自分らしい温かみやセンスに溢れたKのような部屋作りができるのが理想だよなあ。そう考えながら畳んだ服をこれまたちまちまとスーツケースに詰め込んだのでした。

 




関連記事

40代のファッション

着ていない服がたくさんあるという幸せ。

ちょっとふわっとマイルドにしておいたほうが好都合、ではあるよね。「大人のおしゃれDo!&am

記事を読む

物持ちのいい人間でも、長持ちさせられないもの。

メンテナンス後、快調です。 増え続けるばかりで、整理の仕方がわからない。 作業内

記事を読む

持たない暮らし 部屋着はいるのか、いらないのか。

By: Kris Carillo[/caption] 今の暮らしに部屋着はいるのかいらないの

記事を読む

洋服の収納がぐちゃぐちゃ、でも問題は先送り。

By: Floodwall Project[/caption] 私がモノを減らしているのは身

記事を読む

モノがなく、愛もない部屋で。

親密な付き合いにある友人はさほど多くないので、頻繁に人の家に出入りする機会はない。でも、皆無

記事を読む

なくても困らない、キャッチアップできない。

この1年間の活動が、まるっとなかったことになっていました。 スマホの話です。 ス

記事を読む

東京タワー

40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

1LDKなんて絶対反対断固拒否。私の部屋がないじゃないか。 そうひと暴れしてから早数ヶ

記事を読む

最低限の化粧、旅に持っていくメイク用品。

By: francois karm[/caption] 旅の荷物を少なくするには服と化粧品類

記事を読む

必要なもの、いらないものは変わり続ける。

ニューヨーク滞在中、7thアヴェニューを散策していてふと気づく。 あ、そうだ、確かこの

記事を読む

携帯電話、電子レンジ、なくても困らなかった6つのモノと習慣。

内容は人それぞれではありますが、生活必需品って実はそんなに多くはないものです。 転居を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、キャベツのわさび白和え献立。

確か、別のものを買いにいったんです。ごぼうがあったので、柳川

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

→もっと見る

PAGE TOP ↑