今日捨てたもの 5/29 トリオ解散。

公開日: : 最終更新日:2017/04/25 ミニマルライフ, 捨てる

今でこそ収納のない部屋でも問題ない程度に持ち物が少なくなりましたが、元々物持ちがよくて、古くなったり壊れたりしているものでもなかなか手放せないタイプです。

ゆえに家族や友人から古い洋服や持ち物をいつまでも使っていることについて

「ねえ、それもうそろそろ捨てたら?」

などと笑われて恥ずかしい思いをしたこともしばしば。

モノを大切にする、と言えば聞こえはいいのですが、私の場合は単なるズボラ。古くなってしまっていることに気付かずにやり過ごしてしまうことが多いのです。

今日捨てたもの

140910d2

  • 小皿

いつもご覧いただいている方は恐らくかなりおなじみであろうこの小皿。
少しづつ柄の違う同型のものを3つ所持していたのですが、そのうちのひとつが私の不注意により欠けてしまいました。

欠けてしまいました、って、昨日今日の話じゃないんですが。
相当前なんですが。

でもせっかく3つ揃ってるし、小さいながらも使い勝手がいいし…と自分自身に妙な言い訳をしつつ今まで持ち続けて来たのです。

使い道は主に紅茶を飲む時のティーバッグ置き。
真っ二つに割れたわけではないので使えるといえば使える。でも人様に欠けた小皿をお見せするのは気が引けるので欠けた皿に料理を盛るのは控えていました。

もしもこれがすごく気に入っている皿だったら、欠けても割れても接ぐなりなんなりして使い続ければいいのですが、さほど思い入れもなく、そして見る度にああ、欠けてるよ、欠けてるよね、でも使ってるよね、と確認するありさまで自分の気持ちは明らかによくない。

欠けた器を使うのは風水的にどうだとか運気が下がるだとか、そういう迷信やルールなんて実はどうでもいいのですが、それを使うことで自分の気分がよくないのであればもう手放したほうがいいよね、という結論に本日突然相成りました。

欠けた瞬間になぜそうならなかったのか不思議ではあるけれど、まあそれにも何か意味があるのでしょう。三つ子ちゃんでそれなりに活躍してくれていたのに、私の不注意で捨てることになってしまってごめんなさい。

モノを持たずに身軽に暮らす

物持ちがいいのも時に考え物ですね。そして「さほど思い入れのない」モノがまだまだ部屋にあるような気もする。

この先の人生では自分が明確な意思を持って選んだものを管理できる範囲の分量で持つと決めているので、器が欲しいといいつつもなかなか新規導入に踏ん切りがつかない臆病者ですが、まあモノを増やさないためにはそれくらいで丁度いいのかもしれません。

 




関連記事

プライムデー、セールで張り切って買ったもの。

夏物狙いでセールに挑んだけど、何も買えませんでした。という無意味な報告をしたあのセールではな

記事を読む

1枚でオールシーズン使える布団を探して。

By: Brandon Atkinson[/caption] 肌トラブル原因排除のためすぐに

記事を読む

持たない生活、寒がりのくせに手薄な防寒。

超小型のセラミックファンヒーターを注文しました。というのも、先日友人と話していて 「おまえは寒

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

この歳で指輪のひとつも持っていないなんてどうかしてる。

今朝、宝石の入ってない宝石箱、いや、アクセサリーケース、もとい、小物入れ?からブレスレットを

記事を読む

あなたが今すぐモノを減らすべき5つの理由?

捨てたものと買ったものを毎月記録し続けています。 関連 捨てたものリストと買ったもの

記事を読む

履かない靴

履けない履かない靴のその後。

ずっと履いていなかったパンプス。 他に処分する服と一緒にファストファッションOKの買取サイ

記事を読む

荷造りが面倒で旅行に行きたくない。

そもそもの所有物が少ないので以前よりマシになったとはいえ、相変わらず旅の準備は苦手です。

記事を読む

一生お金に困らない自信とその方法。

どうなのよ、仕事のほうは。母に問われて、ぼちぼちですねと適当に答える。 ちなみに母は私

記事を読む

宝物をいくつ持っているか。

By: Dave Fayram[/caption] 雨の日にはなんだか部屋の中が狭く思えてま

記事を読む

パスケースに入れるものと入りがちなもの。

By: Chris Potter[/caption] 去年の夏、財布に関してこんな記事を書

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑