妄想で作り上げる、大人の高度なお遊び。

公開日: : 最終更新日:2018/07/06 読書, 食べること

hongkong-foods-41

文字からの情報しか得ていない食べもの。つまり、写真や映像では確認していない料理に対して、ひどく魅力を感じる。今となっては普通のこととして受け入れているこの感覚の原体験は、一体いつ、そして、なんだったっけ。

絵本だから「絵」はあったけれど、写真ではないのでぐりとぐらのカステラは入るか。あと、王さまが大の卵好きってのも記憶に残ってるなあ。

が、いやまて。何よりも鮮烈だったのはやはりバターではなかろうか。

虎が木の周りをぐるぐる回っているうちに、バターになる。虎バターで焼いたパンケーキよりも、その尋常じゃない消費枚数のインパクトよりも、バターの製造過程に強い衝撃を受けたのはなぜだろう。バターってところがまたいいんだよね。厳密にはバターじゃなくてギーだけど、この際細かいことはいいじゃないか。



文士料理入門にニヤつく

cocktail

昔の文士たちが作り、食べていた料理を、古本酒場の主人が再現する「文士料理入門」をパラパラめくって、ふふふ、やっぱりそうだよね、とうれしくなりました。中秋の名月には毎年蛸のぶつ切りに思いを馳せたり、レバーをウスターソースに漬けずにはいられなかったり、茄子のにんにく炒めが気になって仕方ないのは私だけじゃないのね、と。

そうそう、これこれ!とニヤついてしまうのは、結局のところ酒飲みのポイントを突いた料理が並んでいるからだけな気もするけれど、どこかで読んだまだ見ぬあれを体験してみたいなあと妄想する癖のある人間には、愉快な1冊。

いわしの塩焼きじゃがいも添え、和ハーブサラダ献立。

食への愛が高じて詳細なレシピ本を出している「文士」も多いので、それらを元にして忠実に再現できる料理もあるけれど、写真や映像ではなく、文字情報のみから出来上がりを連想し、さらに自分の好みも入れ込みつつ仕上げる作業というのは、単なる料理や調理とは別の面白さがある。

作品の中の料理を再現という趣向は「剣客商売庖丁ごよみ」も同じだけれど、これは作者本人監修企画だから、またちょっと別ジャンルか。あ、「マンガ食堂」も文字からではないけれど、再現系には違いないですね。ブログでも披露されている料理の再現性の高さは相変わらず怖いほど。

 

昔読んだあの本に出てきた料理のレシピが知りたい、というよりも、同じものを読んだ誰かがあの描写をどんな風に感じ、受け取り、形にするのかが、やたらと興味深い。そこがきっと再現系料理本を好む理由なんだろうな。人の頭の中にあるフィルターを覗いている感覚。

覗き、なんていうと、少々悪趣味か。

グルメガイド的な本やサイトは確かに役に立つし、それをなぞっての聖地巡礼もいいけれど、実際に自分の手で再現してみるのはより高度かつ変態的なお遊び。もちろん、狩野さんご夫妻はこれらの料理を自身のお店で振舞っておられるのだから「お遊び」ではないけれど、根本には遊びの要素が多分にあるんじゃなかろうかと推測します。そのほうが、面白いし。

 




関連記事

大根の温サラダ 献立

大根とひき肉の温サラダ、焼きとうもろこし。

7月最初の晩酌。 昨日に引き続き夏らしいビジュアルの晩酌メニュー...と言いたいところ

記事を読む

しっとり蒸し鶏の葱塩ダレ 献立

家飲み献立 2/17 蒸し鶏の葱塩ダレ、青梗菜と生姜のスープ。

さーむーいーよ!! 昨日のぽかぽか陽気からがらりと真冬の厳しさを思い知らされた本日。

記事を読む

油揚げのふきみそチーズ焼き

油揚げの蕗味噌チーズ焼き、豆腐と小松菜のすまし汁。

料理に自信ない人ってなんでもかんでもチーズかけたがりますよね、あれなんなんでしょうね?

記事を読む

焼きれんこん献立

焼きれんこん、白菜のしょうが味噌煮込みで家飲み。

久しぶりの家飲みポストです。 本体は只今南の島で軟禁生活を送っていますが、出発前の晩酌

記事を読む

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、にらのおひたし献立。

無類の葉野菜好きゆえに、どうしても全体的に青っぽくなってしまいがちな我が家の晩酌風景。しかし

記事を読む

tsurumatsu_11

新橋 やきとん鶴松で昼下がりの一人ホルモン。

散歩のとき何か食べたくなって。 と池波も言ったので千代田区散歩の後は新橋まで足を伸ばし

記事を読む

alicia-apartelle-cebu_21

したい暮らしに、出会おう「ぜいたくな暮らし」書きました。

久しぶりにお仕事ネタなど。 住宅情報のライフルホームズが運営する暮らし情報サイトでコラ

記事を読む

ienomi160723_1

もつ鍋もどき鍋で家飲み。

寒い。 2016年の夏は始まったばかりなのに早くも終焉を迎えつつあるようなこの寒さ。

記事を読む

140929d47

ワインで家飲み 9/29 アッシパルマンティエ、パプリカのマリネ。

いやあ、いい天気でしたね。 暦の上ではもう秋。 とはわかっているんですが、青空と

記事を読む

141002d5

魚の献立 10/2 さんまのホイル蒸し、春菊のごま和え。

今日は昼過ぎの雨に思い切りあたってしまいました。 突然の雨に見舞われても、結局捨てる運

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ny_dt_41
50を過ぎてもまだ結婚できないあの人。

先週スタートしたドラマ「まだ結婚できない男」を観ました。

なすとひき肉の塩炒め
なすとひき肉の塩炒め、トマトと豆腐のスープ献立。

わたくし徒歩フェチなものですから、休日とはいえ家から一歩も出な

1909_shioya4
海の見える家で暮らしたい。

神戸・須磨散歩の続きです。 神戸ウエストサイド景勝ハンテ

えのきのたらこ和え、キャベツと卵の炒めもの献立
キャベツと卵の炒めもの、えのきのたらこ和え献立。

続・魚卵。 休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツ

tsukiji150912
増税前に買ったもの、画面見つめすぎ警報。

「モーニングセット 398円〜」の表示を見かけて、増税を実感す

→もっと見る

PAGE TOP ↑