妄想で作り上げる、大人の高度なお遊び。

公開日: : 最終更新日:2018/07/06 読書, 食べること

hongkong-foods-41

文字からの情報しか得ていない食べもの。つまり、写真や映像では確認していない料理に対して、ひどく魅力を感じる。今となっては普通のこととして受け入れているこの感覚の原体験は、一体いつ、そして、なんだったっけ。

絵本だから「絵」はあったけれど、写真ではないのでぐりとぐらのカステラは入るか。あと、王さまが大の卵好きってのも記憶に残ってるなあ。

が、いやまて。何よりも鮮烈だったのはやはりバターではなかろうか。

虎が木の周りをぐるぐる回っているうちに、バターになる。虎バターで焼いたパンケーキよりも、その尋常じゃない消費枚数のインパクトよりも、バターの製造過程に強い衝撃を受けたのはなぜだろう。バターってところがまたいいんだよね。厳密にはバターじゃなくてギーだけど、この際細かいことはいいじゃないか。

文士料理入門にニヤつく

cocktail

昔の文士たちが作り、食べていた料理を、古本酒場の主人が再現する「文士料理入門」をパラパラめくって、ふふふ、やっぱりそうだよね、とうれしくなりました。中秋の名月には毎年蛸のぶつ切りに思いを馳せたり、レバーをウスターソースに漬けずにはいられなかったり、茄子のにんにく炒めが気になって仕方ないのは私だけじゃないのね、と。

そうそう、これこれ!とニヤついてしまうのは、結局のところ酒飲みのポイントを突いた料理が並んでいるからだけな気もするけれど、どこかで読んだまだ見ぬあれを体験してみたいなあと妄想する癖のある人間には、愉快な1冊。

いわしの塩焼きじゃがいも添え、和ハーブサラダ献立。

食への愛が高じて詳細なレシピ本を出している「文士」も多いので、それらを元にして忠実に再現できる料理もあるけれど、写真や映像ではなく、文字情報のみから出来上がりを連想し、さらに自分の好みも入れ込みつつ仕上げる作業というのは、単なる料理や調理とは別の面白さがある。

作品の中の料理を再現という趣向は「剣客商売庖丁ごよみ」も同じだけれど、これは作者本人監修企画だから、またちょっと別ジャンルか。あ、「マンガ食堂」も文字からではないけれど、再現系には違いないですね。ブログでも披露されている料理の再現性の高さは相変わらず怖いほど。

 

昔読んだあの本に出てきた料理のレシピが知りたい、というよりも、同じものを読んだ誰かがあの描写をどんな風に感じ、受け取り、形にするのかが、やたらと興味深い。そこがきっと再現系料理本を好む理由なんだろうな。人の頭の中にあるフィルターを覗いている感覚。

覗き、なんていうと、少々悪趣味か。

グルメガイド的な本やサイトは確かに役に立つし、それをなぞっての聖地巡礼もいいけれど、実際に自分の手で再現してみるのはより高度かつ変態的なお遊び。もちろん、狩野さんご夫妻はこれらの料理を自身のお店で振舞っておられるのだから「お遊び」ではないけれど、根本には遊びの要素が多分にあるんじゃなかろうかと推測します。そのほうが、面白いし。

 




関連記事

秋刀魚のしょうが蒸し

秋刀魚のしょうが蒸し、キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え献立。

さんま、サンマ、秋刀魚の季節になりました。 今年は豊漁という耳寄りなニュースがあった途

記事を読む

福岡の酒 神力

福井の酒 富成喜 神力米 かすみ生原酒で晩酌 冷しゃぶわかめおろし和え献立。

本日は福井の酒で晩酌です。 勝手に日本酒全国ツアー なぜ福井かと言うと、近頃お気

記事を読む

白菜としめじの味噌汁 ぬか漬け 小松菜の塩昆布和え ごはん

休肝日ごはん 白菜としめじの味噌汁、小松菜の塩昆布和え献立。

週の始めは休肝日。マイレバーの今後の活躍を願って導入した週休二日制も、すっかり定着しました。

記事を読む

ミニマリストの人に飽きてしまった。

第一営業部部長とかコンサルティングチームリーダーとか、所属する会社から付与される歴としたそれ

記事を読む

さつまいもと豚肉の生姜煮

晩酌献立 さつまいもと豚肉の生姜煮、きくらげと葱の和え物。

前日から妙にさつまいもが食べたくなり、今夜は絶対さつまいもださつまいもだと念仏のように唱えな

記事を読む

たこじゃが

たこじゃが、おくら奴で家飲み。

またじゃがいもです。 たことじゃがいもの組み合わせは地味なようで日本酒に合ういいつまみ

記事を読む

こんにゃく麺

休肝日のメニュー 鶏出汁こんにゃく麺。

基本的に1年365日欠かさず酒を呑んでいます。 酒は好きだけど酒豪ではないので、1日の

記事を読む

家飲み献立 豚と小松菜で常夜鍋。

なんだかあっという間に11月も終わりですね。 明日から12月。 ということは、本

記事を読む

なべしぎ

なすとピーマンのしょうが味噌炒め、おつまみ奴で晩酌。

先日迷って却下した方のメニューをうっすらとスライド。 関連 肉豆腐、なすと三つ葉のサラ

記事を読む

アンチョビブロッコリー献立

アンチョビブロッコリー、具沢山納豆献立。

ブロッコリーにアンチョビの組み合わせは白ワインの鉄板つまみですね。 が、今日は日本酒で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑