油揚げとねぎのしょうが味噌炒め、蒸しなすのわさび梅和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

油揚げとねぎのしょうが味噌炒め

油揚げをメインにしがちです。

晩酌献立 焼き油揚げ、トマトと三つ葉のサラダ。

タンパク質が欲しいし、もうちょいボリュームを出したい。そんな時は迷わず油揚げ。普段は味噌汁や卵とじなどに多用しますが、炒めものにして堂々のメインディッシュにする手もなくはありません。

常時ストック食材ということもあって、肉でもない、魚でもない、卵でもない、という気分の時にはついつい油揚げに手が伸びます。

油揚げとねぎのしょうが味噌炒め、蒸しなすの梅和えで家飲み

油揚げとねぎのしょうが味噌炒め、蒸しなすの梅和え

  • きのこと卵の黒酢スープ
  • ぬか漬け
  • ゴーヤの塩昆布和え
  • 蒸しなすの梅和え
  • 油揚げとねぎのしょうが味噌炒め

きのこと卵の黒酢スープ

きのこと卵の黒酢スープ

鶏がらスープでしめじを煮てしょうゆ、黒酢で味付けし、水溶き片栗粉でとろみをつけてから溶き卵を流し入れます。卵が固まったらごま油で風味付けしてうつわに盛り、多めに胡椒をふってねぎをちらします。

ぬか漬け

本日のぬか漬けはセロリと大根。なぜか写真撮り忘れ。

ゴーヤの塩昆布和え

ゴーヤの塩昆布和え

こちらは先日の残りもの

蒸しなすのわさび梅和え

蒸しなすのわさび梅和え

出汁、しょうゆ、わさび、叩いた梅干しを合わせたもので細く切って蒸したなすを和えます。

油揚げとねぎのしょうが味噌炒め

油揚げとねぎのしょうが味噌炒め

1cm幅に切った油揚げと白ねぎをフライパンでこんがりと焼きます。あらかじめ合わせておいたしょうがの千切り、味噌、みりん、酒を加え、ざっと炒め合わせたら完成。

本日の失敗は、この手のつまみはそう大量に食べるもんじゃないし、と控え目な分量で作ってしまったこと。日本酒に合いすぎる素朴なアテ、もっとたくさん食べたかったわ。

日本酒にあうおつまみレシピ

ねぎの切れ端を筆頭に余りもの総動員といった趣の晩酌ですが、メインの炒めものの他にもスープがなかなかいい出来でした。普通の卵スープでもないので黒酢スープなどと称しておりますが、イメージとしては酸辣湯ってところでしょうか。酸味には黒酢を、辛味にはラー油、がいいのだけれど今ラー油を常備していないのでごま油と多めの胡椒でそれっぽく。

冷たいものばかりとってしまいがちな暑い時期にこそ、こういう食欲増進系のスープがありがたい。胃にしみます。しかしまたデタラメな献立になってるな。

 




関連記事

秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮、オクラ長いもポン酢献立。

青魚食べたい。 最近店先で丸々とした鰺を見かけるたびにそう思っていたのですが、現在の調理環境は

記事を読む

白菜漬け えのきと豆苗の味噌汁 蕪とツナのサラダ 手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き

手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き、蕪とツナのサラダ献立。

調理していて気がついたのですが、最近粒胡椒の存在を忘れておりました。 摩訶不思議なレア

記事を読む

塩つくねと生ピーマン

塩つくねと生ピーマン、三つ葉とえのきの梅おひたし献立。

焼いてよし、炒めてよし、和えてよし。苦くてニクいピーマン。 本日は、生で食べます。

記事を読む

ヤムウンセン 献立

ヤムウンセン、ピーマン入りカイチアオ献立。

今夜はビールで通しましょう。 そう決めた夜の献立はタイ料理。 最近ビール→日本酒

記事を読む

天然淡路島の漁師のおさかなしゃぶしゃぶで贅沢晩酌。

前回の帰省時に引き続き、今回も贅沢なお取り寄せで家族に恩を売る作戦を実行致しました。

記事を読む

鮭と大葉の和風ポテトサラダ

鮭の和風ポテトサラダ、ピーマンの丸ごと煮献立。

36度ですって。 今週頭は寒いとかなんとか言ってたのに、36度ですって。 こう暑

記事を読む

焼きレンコン

焼きレンコン、ニラの卵とじで一人晩酌。

近所に小さな八百屋さんを発見して早くも愛用しています。 かなり小さな店で大型スーパーと

記事を読む

里芋のねぎ油炒め

里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさは格別です。 高知の酒

記事を読む

元町「瓢たん」で懐かしく新しい味噌ダレ餃子。

神戸は中華料理のレベルが相対的に高いと感じますが、独特の餃子文化もあります。 それは「

記事を読む

大貝のつぼ焼きが神戸名物だと知らない神戸市民は多いはず。

これって方言だったんだとかてっきり全国区だと思ってたわ、みたいなことがこの歳になってもまだあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑